PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 朋栄、4Kで1000fps撮影が可能なハイスピードカメラ「FT-ONE」を発表
News

朋栄、4Kで1000fps撮影が可能なハイスピードカメラ「FT-ONE」を発表

#4K #FOR-A #FT-ONE

2012-05-25 掲載

株式会社朋栄は、4Kフル解像度で秒間最大1000コマまでのスーパースロー撮影が可能なハイスピードカメラ「FT-ONE」の暫定仕様を発表した。発売時期や価格は未定。6月1日(金)、2日(土)に米ハリウッドにて開催される展示会「Cine Gear Expo」にて初公開を予定している。

FT-ONEは、同社が新開発した4Kフル解像度/ 高感度CMOSセンサー「FT1-CMOS」を搭載し、4K(4096×2160ピクセル)フル解像度にて最大1000fpsのスーパースロー撮影に対応。CMOSセンサー特有のローリングシャッター現象を防ぐ高速グローバルシャッターも採用するという。撮影した映像はRAWデータとして内部メモリに記録され、4Kフル解像度の1000fpsにて最大8.5秒の記録が可能だ。

メモリ内に記録されたデータは、内蔵オプションとして提供されるSSDカートリッジにデータ移管が可能で、SSDカートリッジは1台で最大75秒相当のデータを蓄積できるとしている。カートリッジは本体内に2台まで実装でき、合計150秒相当のデータ蓄積が可能。ホットスワップにも対応しており、撮影中にSSDカートリッジを入れ替えながら使用することもできるとしている。

4K解像度での同時録画/再生機能を搭載し、1系統で4Kフルサイズ映像を1080p HD-SDI信号として4分割出力しながら、もう1系統では4Kフルサイズ映像をHD-SDIサイズにダウンコンバートした映像を出力するという利用方法も可能。ダウンコンバートは2分配出力され、メニュー画面の表示も可能なため、ビューファインダーやプレビュー用モニタの接続用に利用できるとしている。同時録画/ 再生機能を利用する場合、再生はSSDカートリッジ内のデータに限定される。

FT-ONEの筐体にはカメラ/記録/再生ユニットのすべてが収納され、バッテリー駆動にも対応。従来のビデオカメラと同様の取り扱いや、既存の撮影フローの中への追加も容易に行えるとしている。レンズマウントはPLマウント、外形寸法は幅235mm、高さ294mm、奥行き384mm。質量は標準装備で7kgを予定している。


[ Category : ]
[ DATE : 2012-05-25 ]
[ TAG : ]

関連する記事

モルフォのアップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」が映画「チア男子!!」の動画配信向け4K映像の制作に採用

アップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」の例 株式会社モルフォは、5月10日に公開された映画「チア男子!!」に関し、今後計画されている動画配信サービス向け... 続きを読む

GoPro、「HERO7」シリーズ3機種を発表

写真左から「HERO7 White」、「HERO7 Black」、「HERO7 Silver」 GoProは、2018年9月20日に「HERO7」シリーズとして、「HERO7... 続きを読む

ケイ・オプティコム、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、eo光テレビにてBS右旋4K放送の提供を開始

株式会社ケイ・オプティコムは、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、2018年12月1日より「eo光テレビ」においてBS右旋4K放送の提供を開始する。 現在、ハイビジョン(2... 続きを読む

三友、KANDAOの180°3D映像と360°全球映像が撮影可能な小型4K VRカメラ「QooCam」を発売

三友株式会社は、同社が取り扱うKANDAO社製の180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」を2018年8月中旬に発売する。希望小売価格は税別49,800円。 ... 続きを読む

JAPANNEXT、IPS-AHVAパネルを採用した4K対応27型ディスプレイ「JN-IPS27FLUHD」を発売

株式会社JAPANNEXTは、IPS系パネルを採用した4K対応27型ディスプレイ「JN-IPS27FLUHD」を2018年7月31日に発売する。希望小売価格は税込46,470円。 ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 朋栄、4Kで1000fps撮影が可能なハイスピードカメラ「FT-ONE」を発表