PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 富士フイルムのデジタル映像撮影現場向け色管理システムがLUNA SEAライブで活用される

News

富士フイルムのデジタル映像撮影現場向け色管理システムがLUNA SEAライブで活用される

2012-07-05 掲載

富士フイルムは、同社のデジタル映像撮影現場向け色管理システム「Image Processing System IS-100」を活用した映像製作がLUNA SEAのライブで行われたと発表した。

収録は6月14日(木)に幕張メッセのイベントホールにて行われた。SONY F65、F3、9000PLおよびARRI Alexaの計4種類のデジタルシネマカメラを最大14台使用して撮影され、現場でのプレビュー、色調整、ポストプロダクション向けの変換テーブル出力にIS-100が使用された。同社では、製作期間の短縮、カメラ間の色再現の差の低減、広ダイナミックレンジを生かした画像処理など製作過程全般に渡りIS-100が活用されたとしている。

ライブの模様は7月8日(日)20:00~21:45にWOWOWライブ「LUNA SEA TV Special “The End of the Dream”」にて放送される。なお、この映像は米国映画芸術アカデミーが規格化を行ったIIF-ACESにより製作された、国内初の放送用映像であるとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2012-07-05 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルム、NAB2019出展概要を発表。4K・8K映像に対応した放送用レンズやラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズなどを展示

※写真は昨年の様子 富士フイルムは、2019年4月8日から11日(米国時間)に米国ラスベガスで開催されるNAB2019に出展する(セントラルホール/C7225)。 同社... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルム、シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」シリーズを発表

第一弾として発売する標準ズームレンズ「FUJINON Premista28-100mmT2.9」 富士フイルムは、シネマカメラ用レンズとして、ラージフォーマットセンサーに対応... 続きを読む

[CP+2019]富士フイルム、小型軽量ボディのミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」を発売

富士フイルムは、独自の色再現技術を実現した「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T30」を2019年3月下旬より発売する。希望小売価格は... 続きを読む

トップ > ニュース > 富士フイルムのデジタル映像撮影現場向け色管理システムがLUNA SEAライブで活用される