PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. パナソニック、将来的にAVC-ULTRA対応可能なメモリーカード・カメラレコーダー「AG-HPX600」を発売
News

パナソニック、将来的にAVC-ULTRA対応可能なメモリーカード・カメラレコーダー「AG-HPX600」を発売

#Panasonic #P2HD #AG-HPX600

2012-08-08 掲載

パナソニック株式会社は、「P2HD」シリーズの新製品として、メモリーカード・カメラレコーダー「AG-HPX600」を2012年9月より発売する。希望小売価格は税込み1,522,500円(写真の外付けマイクロホン、ビューファインダー、レンズ、バッテリーパックは別売)。

AG-HPX600は、同社が提供するプロフェッショナル映像コーデックの新体系「AVC-ULTRA」への拡張性を備えた初のカメラレコーダー。2/3型ショルダータイプで多彩なレンズ利用可能だ。搭載している新開発2/3型MOSセンサーによってF12(59.94Hz時)の高感度とS/N比59dB(標準)の低ノイズを実現したほか、高速スキャンによりスキュー歪もきわめて少なく抑えているという。また、高性能DSPにより様々な画質補正機能や演出の意図に応じた画質設定が可能としている。

感度イメージ

本体重量は約2.8kg、本体消費電力は18W。同社によると肩載せ型のカメラとしては業界一の最軽量・低消費電力を実現しているという。記録コーデックはAVC-Intra100/50、DVCPRO HD、DVCPRO50、DVCPRO、DVに標準対応し、将来的には有償オプション利用で「AVC-ULTRA」にも対応する。なおAG-HPX600は基本機能を絞ることで本体価格を低コストに抑えており、IPネットワーク接続やVFR記録など制作用途に応じて必要な機能だけを選んでインストールできるオプション追加システムを採用(有償アップグレード)している。最新テクノロジー「AVC-ULTRA コーデック」と「microP2 カード」にも将来的に対応可能だ。

記録コーデックと対応信号

別売オプションのビデオエンコーダーボード「AJ-YDX600G」(2012年9月発売、希望小売価格:税込210,000円)利用時は高解像度プロキシ映像ファイルの作成に対応。高解像度・高音質のファイルフォーマット(QuickTime/H.264)をサポートしたプロキシファイルをP2カードおよびSD/SDHCメモリーカードに記録できる。アップグレードソフトウェアキー「AG-SFU601G」(2012年9月発売、希望小売価格:税込157,500円)利用時はAG-HPX600にネットワーク接続機能を追加できる。

また、別売オプションのワイヤレスモジュール「AJ-WM30」接続時には無線LAN、もしくは本体のLAN端子(Ethernet)が使用可能となり、PC/Mac、タブレット端末、スマートフォンで、プロキシ映像のプレビュー再生およびライブストリーミング伝送、メタデータの表示と入力が行える。なおPC/Macではさらにプロキシファイルを保存し、ネットワークでのファイル共有、動画アップロードなどクラウド・ワークフローも実現可能という。制作パッケージアップグレードソフトウェアキー「AG-SFU602G」(2012年9月発売、希望小売価格:税込105,000円)利用時は、VFRオプションを追加可能となり、720pモード時1fps~60fps、1080pモード時1fps~30fpsの可変フレームレート設定も利用できる。

ユーザーインターフェイスには新たに独自の新ユーザーインターフェイス”SmartUI”を採用しており、液晶表示と複数のスイッチで構成される新設計のユーザーインターフェイス。シーンファイル設定、オーディオレベル設定、オーディオ入出力選択、タイムコード設定、MON/HDMI出力映像の設定など多機能がわかりやすく、少ない手順で設定できるように配慮されているという。

VFイメージ

カラーHDビューファインダーも新登場する。ベーシックモデルの「AG‑CVF10G」(2012年9月発売、希望小売価格:税込262,500円)とハイエンドモデル「AG-CVF15G」(2012年内発売予定、価格未定)は3.45型約92万画素16:9カラーLCDを搭載。VF鏡筒オープンでLCDモニターとしても運用が可能だ。AG-CVF10Gは1か所、AG-CVF15Gは2か所でVF鏡筒の開閉が行える。なお従来の2型モノクロHDビューファインダー「AJ-HVF21G」(別売)もAG-HPX600で使用できる。VF画面では各種状態表示のほか、波形/ベクトルスコープの子画面簡易表示が行える。

その他、エクステンションコントロールユニット「AG-EC4G」またはリモートコントロールユニット「AJ-RC10G」によるカメラリモートや、カメラアダプター「AG-CA300G」とベースステーション「AG-BS300を用いてVEスタイルの収録も低コストで運用可能としている(いずれも別売)。

なおAG-HPX600は、8月22日(水)から25日(土)まで北京の中国国際展覧センター(CIEC)で開催される北京国際放送機器展「BIRTV2012」と、9月7日(金)から11日(火)までオランダ・アムステルダムRAIセンターで開催される欧州国際放送機器展「IBC2012」の同社ブースにて出展予定だ。



[ Category : ]
[ DATE : 2012-08-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

パナソニック、自由なソフトウェア開発が可能なLUMIX制御用SDKを公開

パナソニック株式会社は、自由なソフトウェア開発が可能なLUMIXのSDK(Software Development Kit)を公開した。対象モデルはDC-BGH1/S1/S1R/S... 続きを読む

パナソニック、最大12台のLUMIX BGH1を制御可能なソフトウェア「LUMIX Tether for Multicam」を発表

パナソニック株式会社は、最大12台までのマルチカメラリモート操作が行えるカメラ制御ソフトウェア「LUMIX Tether for Multicam」を発表した。同ソフトウェアの対象... 続きを読む

パナソニック、C4K60p 10bit内部記録対応の新コンセプトボックススタイルデジタルカメラ「LUMIX DC-BGH1」発売

パナソニック株式会社は、LUMIXとして初めてボックススタイルを採用したミラーレス一眼「LUMIX DC-BGH1」(以下:BGH1)を2020年11月19日に発売する。希望小売価... 続きを読む

パナソニック、「スマートプロダクション」をコンセプトとした動画コンテンツシリーズ「The Live Integrated Video Experience (L.I.V.E.)」を配信開始

パナソニック株式会社は、放送・メディアエンターテインメント業界を対象とした「The Live Integrated Video Experience(L.I.V.E.)」の配信を開... 続きを読む

パナソニック、「LUMIX Webcam Software Beta」提供開始。LUMIX Sシリーズ/GシリーズがWebカメラに

パナソニック株式会社は、LUMIX Sシリーズ/Gシリーズなどをパソコン上でWebカメラのように動作させるユーティリティーソフトウェア「LUMIX Webcam Software ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. パナソニック、将来的にAVC-ULTRA対応可能なメモリーカード・カメラレコーダー「AG-HPX600」を発売