PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. StreamTV、2K4K裸眼3D用トランスコーダーを放送事業市場へ展開
News

StreamTV、2K4K裸眼3D用トランスコーダーを放送事業市場へ展開

#4K #Stereoscopic 3D(3D映像) #StreamTV

2013-01-04 掲載

米StreamTV Networksでは、来週に米ラスベガスで開催される世界最大級の家電祭典CES2013にて、レンチキュラーではなく独自の光学システムを採用した、裸眼でマルチ3Dビューを実現する60インチ型の2160×4096 LEDディスプレイ「Ultra-D 2160p」を披露する。これは昨年秋にスペインで開催されたIFA2012にて参考出展したもの。

2K4K裸眼3Dディスプレイに再生するソースは、ネイティブ4Kである必要はない。480p程度の解像度のソースであれば、1080pから最大2160pまでの高解像度に変換する。独自Ultra-D 2160p技術では、ピクセルを引き伸ばしたりするのではなく、3次元領域において、独自アルゴリズムを用いて補完ピクセルを生成するのだという。

Ultra-D 2160p技術は、Ultra-Dディスプレイにバンドルされている独自トランスコーダーボックス「SeeCubeオートコンバーター」に搭載されており、2Dコンテンツだけではなく、3Dコンテンツでも裸眼立体に変換することができる。ブルーレイ、DVD、PCゲームやケーブルテレビ・衛星放送の番組、ゲーム機やAppleTVからの出力コンテンツなど、あらゆるコンテンツをリアルタイムに裸眼立体に変換するという。また3Dエフェクトの調整も可能で、リアルタイムで3Dレンダリング効果の加減ができるとしている。同社はこのSeeCubeオートコンバーターを独立させて、放送サービス事業者や関連機器メーカへ提供する意向だ。

同社ではUltra-Dパネルのブランドとして、4.7インチのスマートフォンから10.1インチのタブレット、そして30.5インチのディスプレイ実装のPCから60インチクラスのテレビセットまで展開しようとしている。これら裸眼3Dスクリーンへ、SeeCubeサーバよりウルトラD2160p技術でオリジナルより高品質に変換された映像を配信するシステムを提案している。

昨年夏には、中国ハイセンスと提携しており、ハイセンスから近々、StreamTV技術を採用した裸眼3Dテレビがリリースされる予定としている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-01-04 ]
[ TAG : ]

関連する記事

モルフォのアップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」が映画「チア男子!!」の動画配信向け4K映像の制作に採用

アップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」の例 株式会社モルフォは、5月10日に公開された映画「チア男子!!」に関し、今後計画されている動画配信サービス向け... 続きを読む

GoPro、「HERO7」シリーズ3機種を発表

写真左から「HERO7 White」、「HERO7 Black」、「HERO7 Silver」 GoProは、2018年9月20日に「HERO7」シリーズとして、「HERO7... 続きを読む

ケイ・オプティコム、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、eo光テレビにてBS右旋4K放送の提供を開始

株式会社ケイ・オプティコムは、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、2018年12月1日より「eo光テレビ」においてBS右旋4K放送の提供を開始する。 現在、ハイビジョン(2... 続きを読む

三友、KANDAOの180°3D映像と360°全球映像が撮影可能な小型4K VRカメラ「QooCam」を発売

三友株式会社は、同社が取り扱うKANDAO社製の180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」を2018年8月中旬に発売する。希望小売価格は税別49,800円。 ... 続きを読む

JAPANNEXT、IPS-AHVAパネルを採用した4K対応27型ディスプレイ「JN-IPS27FLUHD」を発売

株式会社JAPANNEXTは、IPS系パネルを採用した4K対応27型ディスプレイ「JN-IPS27FLUHD」を2018年7月31日に発売する。希望小売価格は税込46,470円。 ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. StreamTV、2K4K裸眼3D用トランスコーダーを放送事業市場へ展開