PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > GoPro用のコンパクトな飛行撮影クアッドコプターが話題に

News

GoPro用のコンパクトな飛行撮影クアッドコプターが話題に

2013-01-08 掲載

香港Dajiang Innovations Technology(DJI)が12月に発売開始したGoProカメラ用のクアッドコプター型ラジコンDJI Phantomが話題を呼んでいる。軽量化されたGoPro HERO3とのコンビネーションで、一層の軽量撮影コプターシステムが実現する。

DJI Phantomは、翼から翼まで40センチ程度のコンパクトでアイキャッチな外観で重量はカメラ装着時で1kg未満。飛行角度は45度まで。ビルトインされたIOC(インテリジェント方向制御プラットフォーム”Naza-M”により、前方方向がフリーな自動操縦飛行ができる上、マルチ方向以外にもGPSでもモードを切り替えて制御できる。Naza-Mはフェールセーフ機能があり、メインとトランスミッタ間の通信が切断された場合、コントローラからの制御コマンドはすべてセンター位置に戻るように設定されており、またGPS信号が可能であれば、飛行しているDJI Phantomは自動的に離陸地点へ安全に戻るようになっているという。コントローラとの通信距離は300メートルまで。アーム下には夜行飛行中の方向を確認するのにも便利な、赤緑のLEDインジゲーターが装備されている。

130108_DJI_Phantom02.jpg

DJI Phantomのエンジニア設定は、ユーザーがGoProカメラを実装するだけで直ぐに使用できるよう出荷時に組み込まれており、後は届いたパッケージを開梱してシステムを組み立てるだけ。組み立て方から操縦方法まで、DJIサイトのビデオチュートリアルで丁寧に紹介している。

価格は米680ドルというリーズナブルな価格。DJIの正規代理店サイトよりオンラインで購入できる。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-01-08 ]
[ TAG : ]

関連する記事

GoPro、360°コンテンツを5.2Kで撮影可能な「Fusion」を発表

GoProは、防水仕様の5.2K全天球カメラ「Fusion」を発表した。米国での販売価格は699.99ドル。日本国内での発売時期・価格は未定。 Fusionは、360°コンテ... 続きを読む

GoPro、4K60p、1080p240対応の「HERO6 Black」を発売

GoProは、4K60p、1080p240のビデオスタビライゼーション「HERO6 Black」を2017年9月25日に発売開始した。希望小売価格は税込59,000円。 ... 続きを読む

GoPro、Fusion「オーバーキャプチャ」の魅力をアプローチする

GoProが4月のNABで明らかにした、全方位360°が撮れるアクションカメラFusionのトライアルがこの夏から始まった。 ベータサイト(パイロットプログラム)の申込者は2... 続きを読む

集え、GoProユーザー「GoPro Camp 2017」が開催

2017年9月2日(土)~3日(日)の2日間、 長野県・白馬八方尾根スキー場咲花ゲレンデにてGoProユーザーのための「GoPro Camp 2017」が開催される。 同キャ... 続きを読む

GoPro Appに動画を自動で編集可能な機能「QuikStories」が登場!

GoProは、フッテージをGoPro HERO5からスマートフォンに取り込み、自動でビデオを作成する機能「QuikStories(旧名Capture)」をGoPro Appに追... 続きを読む

トップ > ニュース > GoPro用のコンパクトな飛行撮影クアッドコプターが話題に