PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 米Apple、高速カメラシャッター機能アプリ「SnappyCam」開発のSnappyLabsを買収

News

米Apple、高速カメラシャッター機能アプリ「SnappyCam」開発のSnappyLabsを買収

2014-01-06 掲載

米Appleが、スマートフォンなどのモバイル端末向けカメラアプリケーションを開発しているSnappyLabsを買収したことが米国報道により明らかになった。

SnappyLabsはオーストラリアで「SnappyCam」というiOS用のカメラアプリケーションを開発していた新興企業。

この買収についてTechCrunchが最初にニュースとして取り上げ、続いてRe/Code、USA Todayなどが確認した。Appleによる買収の目的や金額は明らかになっていない。

SnappyLabsは、メルボルン大学で電気工学の博士号を取得したJohn Papandriopoulos氏が1人で運営していた。SnappyCamは1ドルで販売されていたアプリではあるが、端末の最大解像度で毎秒20~30枚の写真が撮影できることで高い評判を得ており、事実、世界9カ国で有料アプリの1位になった実績を持っている。画像のアスペクト比を変更する機能や、タイムラプス、最大6倍の高速ロスレス・ズーム機能なども備えている。

Appleは今後、SnappyLabsの技術をiPhoneやiPad、そして年内リリースと噂されているウェアラブルデバイスのカメラ機能に活用していくことは想像つくが、詳細的な声明は出されていない。Appleは昨年において、非公開ながら11社の企業を買収しており、2010年での4社、ジョブズ氏がCEOであった最後の年2011年での2社から比べて、技術収得を外に委ねている感がある。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-01-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アップル、他社製ワークフロー機能拡張の導入や、新機能を追加したFinal Cut Pro Xの最新のアップデートを発表

比較ビューアを使えば、Final Cut Proのタイムラインでクリップのカラーグレーディングを行いながら基準画像を参照することができる アップルは、Final Cut ... 続きを読む

アップル、最大6コアのプロセッサ、最大32GBのメモリを新たに搭載したMacBook Proをアップデート

アップルは、第8世代のIntel CoreプロセッサにアップデートしたMacBook Proを発表した。15インチモデルは6コアで従来よりも最大70%高速になり、クアッドコア(4コ... 続きを読む

Apple、6組のアーティストがiMac Proで制作した作品を公開

Appleは、6組のアーティストが同社の「iMac Pro」を使用して制作した作品をAppleのWebサイトで公開した。 Appleは、iMac Proのパワーを実証するため... 続きを読む

DJI、Zenmuse X7のApple ProRes RAW対応を発表

DJIは、同社の空撮用Super 35mmデジタルシネマカメラ「Zenmuse X7」がファームウェアアップデートにより、Apple ProRes RAWに対応することを発表した。... 続きを読む

米アップル、ProRes RAWの搭載とクローズドキャプション機能を強化したFinal Cut Pro Xをアップデート

米アップルは現地時間の4月5日、Final Cut Pro Xの最新のアップデート「Final Cut Pro 10.4.1」を発表した。4月9日より既存ユーザーは無償でアップデー... 続きを読む

トップ > ニュース > 米Apple、高速カメラシャッター機能アプリ「SnappyCam」開発のSnappyLabsを買収