PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測

News

4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測

2014-01-20 掲載

今月初めに開催されたCESでは70以上も新しい4K UHDテレビが登場しており、UHDパネルにおける市場拡大の見通しは明らかだ。米リサーチ会社のHISテクノロジーでは、広告や情報提供を展開するデジタルサイネージ市場においても著しく発展すると見込んでいる。昨年、米ラスベガスのマッカラン国際空港に初めて4Kデジタルサイネージが公共の場に登場した。これはLG電子製の84型4K UHDディスプレイだ。そのあとにデルタ航空が搭乗ラウンジに4K UHDディスプレイを採用、デジタルウォールペーパーとしてアップスケールしたコンテンツを再生している。

140120_data_4K.jpg

HISでは、今年のデジタルサイネージにおけるUHDパネルの出荷台数を約14万5千台と見込んでいる。これは昨年比590%というとてつもない数字になり、昨年の期待以下だったスロースタートを覆すかのようだ。そして4年後にはその数字が65万台以上になるという。尚、LCD TV向けのUHDパネルの全体出荷台数としては今年(2014年)が1000万台、2018年では4000万台との予測を出した。

4K UHDデジタルサイネージを実現する技術として、米ジェスチャーテック・システムズでは、4Kタッチパネルをマルチアレイに組める技術を開発した。また4Kコンテンツをデジタルサイネージ向けに再生するプレイヤーには、米ナノテック・エンターテインメントのNuvola NP-1をはじめ、台湾NexcomのNDiS M533 OPSやQNAPのiS-2840デジタルサイネージ・プレイヤーが登場している。4K UHDパネルの価格は、中国テレビメーカー勢が挙って低価格で打ち出してきている。

4K UHD TVおよび4Kコンテンツを浸透させるための技術を含めて、4Kコンテンツの再利用的にもコンシューマー市場はサイネージ事業に多いに影響してくる。またUHDパネルの単価が下がる傾向も見えていることから、デジタルサイネージのようにコストに敏感な業界でも、今後の市場の成長と展開が期待される。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-01-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

モルフォのアップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」が映画「チア男子!!」の動画配信向け4K映像の制作に採用

アップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」の例 株式会社モルフォは、5月10日に公開された映画「チア男子!!」に関し、今後計画されている動画配信サービス向け... 続きを読む

マウスコンピューター、iiyamaブランドの業務用大型ワイド液晶ディスプレイ3機種を発売。24時間連続使用可能、5系統の映像入力に対応

株式会社マウスコンピューターは、液晶ディスプレイブランドiiyama(呼称:イイヤマ)の屋内向けデジタルサイネージ(電子看板)シリーズとして、業務用ワイド液晶ディスプレイ「ProL... 続きを読む

GoPro、「HERO7」シリーズ3機種を発表

写真左から「HERO7 White」、「HERO7 Black」、「HERO7 Silver」 GoProは、2018年9月20日に「HERO7」シリーズとして、「HERO7... 続きを読む

ケイ・オプティコム、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、eo光テレビにてBS右旋4K放送の提供を開始

株式会社ケイ・オプティコムは、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、2018年12月1日より「eo光テレビ」においてBS右旋4K放送の提供を開始する。 現在、ハイビジョン(2... 続きを読む

三友、KANDAOの180°3D映像と360°全球映像が撮影可能な小型4K VRカメラ「QooCam」を発売

三友株式会社は、同社が取り扱うKANDAO社製の180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」を2018年8月中旬に発売する。希望小売価格は税別49,800円。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > 4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測