PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測

News

4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測

2014-01-20 掲載

今月初めに開催されたCESでは70以上も新しい4K UHDテレビが登場しており、UHDパネルにおける市場拡大の見通しは明らかだ。米リサーチ会社のHISテクノロジーでは、広告や情報提供を展開するデジタルサイネージ市場においても著しく発展すると見込んでいる。昨年、米ラスベガスのマッカラン国際空港に初めて4Kデジタルサイネージが公共の場に登場した。これはLG電子製の84型4K UHDディスプレイだ。そのあとにデルタ航空が搭乗ラウンジに4K UHDディスプレイを採用、デジタルウォールペーパーとしてアップスケールしたコンテンツを再生している。

140120_data_4K.jpg

HISでは、今年のデジタルサイネージにおけるUHDパネルの出荷台数を約14万5千台と見込んでいる。これは昨年比590%というとてつもない数字になり、昨年の期待以下だったスロースタートを覆すかのようだ。そして4年後にはその数字が65万台以上になるという。尚、LCD TV向けのUHDパネルの全体出荷台数としては今年(2014年)が1000万台、2018年では4000万台との予測を出した。

4K UHDデジタルサイネージを実現する技術として、米ジェスチャーテック・システムズでは、4Kタッチパネルをマルチアレイに組める技術を開発した。また4Kコンテンツをデジタルサイネージ向けに再生するプレイヤーには、米ナノテック・エンターテインメントのNuvola NP-1をはじめ、台湾NexcomのNDiS M533 OPSやQNAPのiS-2840デジタルサイネージ・プレイヤーが登場している。4K UHDパネルの価格は、中国テレビメーカー勢が挙って低価格で打ち出してきている。

4K UHD TVおよび4Kコンテンツを浸透させるための技術を含めて、4Kコンテンツの再利用的にもコンシューマー市場はサイネージ事業に多いに影響してくる。またUHDパネルの単価が下がる傾向も見えていることから、デジタルサイネージのようにコストに敏感な業界でも、今後の市場の成長と展開が期待される。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-01-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NTTぷらら、「ひかりTV」の4K-IP放送をパナソニックの4Kテレビ向けに提供開始

株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」の4K映像による放送サービス(以下:4K-IP放送)をパナソニック株式会社のひかりTVチューナー機能対応の4Kビエラ向けに提供... 続きを読む

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

トップ > ニュース > 4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測