PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. JBL PROFESSIONALのパワード・スタジオモニター「LSR305」と「LSR308」が発売に
News

JBL PROFESSIONALのパワード・スタジオモニター「LSR305」と「LSR308」が発売に

#ヒビノ #スピーカー #JBL

2014-01-21 掲載

ヒビノ株式会社は、同社が取り扱うJBL PROFESSIONALのパワード・スタジオモニター「LSR305」と「LSR308」の2モデルを2014年1月24日より発売するとアナウンスした。メーカー希望小売価格は、LSR305が税込み30,450円、LSR308が税込み51,450円。

LSR305とLSR308は、大型スタジオモニター“M2”のために新たに開発した、イメージコントロールウェーブガイドを搭載しているという。また、スピーカー・コンポーネントを搭載しており、38mm径ボイスコイルの低域ドライバーは、パワー・コンプレッション(実効感度の低下)が少なく、大音量を連続して再生しても音質の変化を最小限に抑える。低域ポートは、開口の両側にフレアを持つJBL独自の“スリップストリーム”設計。ネオジム磁石を使用した高域ドライバーはダンピング特性を最適化し、過渡特性と歪率を改善しているという。

さらに、設置する部屋の形状や容積が異なっても正確なモニター性能を発揮するため、独自のLSR(Linear Spatial Reference)設計を採用している。

LSR305は130mm径の低域ドライバーを、LSR308は200mm径の低域ドライバーを搭載している。どちらも4次リンクウィッツ・ライリーのアクティブクロスオーバーと高効率のクラスDパワーアンプを組み合わせたバイアンプ構成。

高域(4.4kHz)と低域(115Hz)のそれぞれにレベルを±2dB変更するTRIMスイッチを搭載し、設置環境や音源に応じて周波数特性を微調整できる。全体の音量レベルコントロールは21段のクリック付きで、設定の再現が容易だ。電子バランスの入力は感度を+4dBuと-10dBVで切り替えでき、XLRと標準フォーンジャック(3P)の入力端子を利用できる。各ドライバーには防磁対策を施し、磁界の漏れによる周囲の機材への影響を抑えているという。


[ Category : , ]
[ DATE : 2014-01-21 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2017]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:ChromaVision用HDR対応LEDコントローラーやGEFEN社のIP対応ルーティングスイッチャーなど、多岐にわたる製品を展示

ヒビノはホール1にヒビノインターサウンドプロオーディオ部門とヒビノプロオーディオセールスDiv.のブースを、ホール2にはヒビノライティング映像制作/放送関連機材部門およびヒビノアー... 続きを読む

ヒビノ、車載型LEDディスプレイ・システム「RIGGING MOVER MINI」のレンタルを開始

ヒビノ株式会社は、車載型LEDディスプレイ・システム「RIGGING MOVER MINI(リギングムーバーミニ)」を2台導入し、2017年8月21日よりレンタルを開始した。 ... 続きを読む

JBL PROFESSIONALのPRX800W Powered Seriesが発売に

ヒビノ株式会社は、同社が取り扱うJBL PROFESSIONALのパワード・スピーカー「PRX800W Powered Series」として、フルレンジ4モデルとサブウーファー2モ... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

dbxのケーブルテスター「CT2」が発売に

ヒビノ株式会社は、同社が取り扱うdbxのケーブルテスター「CT2」を2016年10月28日より発売開始した。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税抜4,800円。2年間の長期保証... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. JBL PROFESSIONALのパワード・スタジオモニター「LSR305」と「LSR308」が発売に