PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. NBC Olympicsが2014ソチ冬季オリンピックの制作にAvidを活用
News

NBC Olympicsが2014ソチ冬季オリンピックの制作にAvidを活用

#Avid #NBC #オリンピック

2014-02-14 掲載

米Avidの発表によると、2月7日から2月23日にわたりロシアのソチで開催されている2014ソチ冬季オリンピックにおいて、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsが、オリンピック放送の制作ワークフローと効率的に運用を行うためのソリューションとして、Avidのコンテンツ制作、メディア管理、ストレージ・ソリューションが使用されているという。

オリンピック放送におけるNBCオリンピック部門とAvidのパートナーシップは、過去6回のオリンピックに続き7度目で、この取組みの中核は、Avid Interplayメディア・アセット・マネジメント(MAM)システムだという。

Interplay MAMに加えて、ソチのNBCオリンピック・国際放送センター(IBC)は、384TBのAvid ISIS 7000共有ストレージ・システムを接続したAvid Media ComposerおよびSymphony編集システムを装備しており、それぞれのオリンピック競技会場は、IBCへの中継機能を備え、64TBのISIS 5000、AirSpeed 5000、Interplay制作システムが装備されている。

Avid代表取締役兼最高経営責任者のルイス・フェルナンデスJr.氏は次のようにコメントしている。

ヘルナンデスJr.氏:特に、オリンピックのように複雑で難しい制作において、放送局は、制作から視聴までワークフロー全体を繋ぎ、自動化することへの絶え間ないプレッシャーに直面しています。

Avidは、NBCオリンピック部門が複雑なエンド・トゥ・エンドのワークフローを効率的に加速し、無駄なく編成できるよう支援します。これこそ、Avid Everywhereビジョンの真髄です。

Digital Workflow社の副社長ダリル・ジェファーソン氏は次のようにコメントしている。

ジェファーソン氏:再びAvidと一緒に仕事ができることを大変嬉しく思います。Avid Interplay MAMを使うことで、私たちはオリンピックの魅力を余すところ無く、かつてないほど多くの人々、多くの場所、多くの視聴デバイスへ自信を持って届けることができます。


[ Category : ]
[ DATE : 2014-02-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Avid、Windows日本語環境におけるTitler+の不具合を修正したMedia Composer v2020.8提供開始

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2020.8をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトにてダウンロード可能(M... 続きを読む

Avid、Media Composerビギナー向けオンラインセミナーを開催

Avidは、「Media Composerオンラインセミナー~ビギナー編~」を2020年8月28日に開催する。 同セミナーでは、Media Composerを使い始めたばかり... 続きを読む

Avid、.MOVや.MP4 の可変メフレームレートメディアをサポートしたMedia Composer v2020.6提供開始

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2020.6 をリリースした。最新バージョンは、MyAvidマスターアカウント、Av... 続きを読む

Avid、バグ修正と改善をしたMedia Composer v2020.5提供開始

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2020.5 をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトにてダウンロード可能。... 続きを読む

[NAB2020]Avid、「Avid Virtual NABウェビナー2020 JAPAN」開催

アビッド テクノロジー株式会社は、最新情報を紹介する「Avid Virtual NABウェビナー2020 JAPAN」を2020年5月26日(11:00-12:30/15:00-1... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. NBC Olympicsが2014ソチ冬季オリンピックの制作にAvidを活用