PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. オートデスク、3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを4月14日より提供開始
News

オートデスク、3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを4月14日より提供開始

#Autodesk

2014-03-19 掲載

オートデスク株式会社は、「Autodesk Maya 2015」および「Autodesk 3ds Max 2015」などの3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンと、これらをパッケージにした「Autodesk Entertainment Creation Suite 2015」を2014年4月14日より出荷開始する。

製品の主な特長や提供価格、内容構成は下記の通り。

(価格はいずれも税抜希望小売価格)
■Autodesk Entertainment Creation Suite 2015のラインアップ

Autodesk Entertainment Creation Suite Standard 2015内容構成
永久ライセンス:805,000円
レンタルプラン:3カ月126,000円

  • Autodesk Maya 2015
    またはAutodesk 3ds Max 2015
  • Autodesk MotionBuilder 2015
  • Autodesk Mudbox 2015

Autodesk Entertainment Creation Suite Ultimate 2015内容構成
永久ライセンス:950,000円(新価格)
レンタルプラン:3カ月148,000円

  • Autodesk Maya 2015
  • Autodesk 3ds Max 2015
  • Autodesk Softimage 2015
  • Autodesk MotionBuilder 2015
  • Autodesk Mudbox 2015
■各ソフトウェアの主な新機能
140319_bifrost.jpgBifrostプロシージャルエフェクトプラットフォームの画面

Autodesk Maya 2015
永久ライセンス:510,000円
レンタルプラン:1カ月32,000円より

  • 液体効果をシミュレーションするプロシージャエンジン「Bifrost」を搭載、フォトリアルなレンダリングも可能
  • ヘア、ファー、羽をスタイリングするXGenプリミティブジェネレータを搭載し、nHairツールセットによるシミュレーションが可能
  • クアッド描画ツールやマルチカットツール、ベベル機能などを改良することにより、モデリング機能を大幅に向上
  • Pixar社のOpenSubdivを利用してサブディビジョン結果を正確にレンダリング可能
  • ShaderFXリアルタイムハードウェアシェーダエディタにより、高度なビューポートシェーダ(HLSL、GLSL、CgFX)の構築が可能
  • 多面体ボクセルバインディング手法を搭載し、短時間で高精度な結果を生成可能

140319_Max201504.jpgシーンエクスプローラとレイヤーエクスプローラの画面

Autodesk 3ds Max 2015
永久ライセンス:510,000円
レンタルプラン:1カ月32,000円より

  • 超高解像度メッシュの扱いを軽量化し、テクスチャベイキングを高速化するなど、ビューポート機能を向上させ、膨大なデータセットでも高速かつ快適に作業可能
  • ActiveShadeプレビューレンダリングで新たにmental rayをサポートし、機能を拡張
  • 実際に存在するものをキャプチャした大量のデータセットをポイントクラウドデータとして読み込んで表示、レンダリングが可能。当社の製造業/建設業向けソフトウェアと組み合わせて幅広いワークフローに利用可能
  • 様々なシーン管理モードを追加してシーンエクスプローラに一元化。効率的なレイヤ管理が可能
  • ポピュレート群衆作成機能に座るモーションを追加
  • Pythonスクリプト言語をサポートし、MAXScriptおよび3dsMaxのコマンドラインから実行可能

140319_softimage_alembic-3.jpgAlembic 1.5キャッシュフォーマットでの読み込み・書き出しの画面

Autodesk Softimage 2015」(Suite同梱のみ)

  • Alembic 1.5キャッシュフォーマットに対応
  • ICEシーンの読み込みやビューポートでの大量データ選択速度を改善し、パフォーマンスを向上
  • mental ray 3.12をサポートしてプログレッシブレンダリングに対応
  • 入力のオートコンプリートやタブキーによるノードアクセスを可能にして使い勝手を向上

140319_MotionBuilder2015_Kinect_Plugin-3.jpgKinectを使用した簡易モーションキャプチャの画面

Autodesk MotionBuilder 2015
585,000円

  • マイクロソフト社Kinectのプラグインを搭載、簡易モーションキャプチャと音声認識による制御が可能
  • カメラプロパティへのキーフレーム設定が可能
  • 117種類にもおよぶモーションクリップのライブラリをサポート
  • Flexible Mocap機能でスケルトンの角度調節が可能

140319_Mudbox2015_SC.jpgスカルプト、ペイントレイヤのグループ機能の画面

Autodesk Mudbox 2015
110,000円

  • 既存のメッシュから左右対称のメッシュ作成が可能
  • カリパスツールにより、モデルまたはカーブ上の2点間の距離計測が可能
  • スカルプトレイヤ、ペイントレイヤにおいてレイヤグループ機能が実行可能

Autodesk Maya LT 2015
永久ライセンス:110,000円
レンタルプラン:1カ月7,000円より

  • Send to Unity機能で3Dアセットをポリゴン制限なしにUnityプロジェクトのアセットフォルダに直接書き出し可能
  • ポリゴン制限を25,000から65,000に増加
  • 当社クラウドサービスとの連携を向上、異なるツール間のデータ共有が効率的に
  • Pixar社のOpenSubdivを利用してサブディビジョン結果を正確にレンダリング
  • 新しいUV編集ツールを採用、モデリング作業の効率を向上
  • Mayaのスクリプト言語「Maya Embedded Language(MEL)」スクリプトをサポート、反復的かつ複雑なタスクを簡素化し、チームメンバーとの効率的なワークフロー共有が実現

また、2014年4月17日〜18日に各ソフトウェアの新バージョンを紹介するイベントを秋葉原UDXシアターおよびライブストリーミング中継にて開催する。詳細は以下の通り。

■The day of Maya
日時:4月17日(木)13:30–17:30
内容:Mayaの新バージョンデモ
    株式会社ポリゴン・ピクチュアズ「Mayaによる『シドニアの騎士』制作事例紹介」

■The day of 3ds Max
日時:4月18日(金)13:30–17:30
内容:3ds Maxの新バージョンデモ
    株式会社フロム・ソフトウェア「3ds Maxによる『Dark Souls ll』制作事例紹介」

イベントへの参加は無料だが、事前の申し込みが必要。詳細は下記のイベント公式ページにて確認してほしい。
http://area.autodesk.jp/event/


[ Category : ]
[ DATE : 2014-03-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ビジュアル・グラフィックス、AUTODESK FLAME 2019オンラインセミナーを開催

ビジュアル・グラフィックス株式会社は、2018年6月14日(木)にAUTODESK FLAME 2019のリリースイベントとしてオンラインセミナーを開催する。開催時間は14:00~... 続きを読む

オートデスク、トークイベント「Redshift Live」を開催

オートデスクは、2018年6月7日(土)に「Redshift 日本版」の企画によるトークイベント「Redshift Live」を東京・永田町グリッドで開催する。同イベントは抽選によ... 続きを読む

オートデスク、“創造の未来”をテーマにしたギャラリーイベント「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」を開催

オートデスク株式会社は、デザインや設計、エンジニアリングのストーリーを集めたギャラリーイベント「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」を2015年10月23日... 続きを読む

[NAB2015]オートデスク、3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを4月16日より提供開始

Autodesk 3ds Max。MAXクリエーショングラフ機能の画面 オートデスク株式会社は、「Autodesk Maya 2016」および「Autodesk 3ds Ma... 続きを読む

オートデスク、3Dアニメーション/モデリング向けソフトウェア「Autodesk Maya LT」の新バージョンを3月27日より提供開始

オートデスク株式会社は、モバイルゲーム開発用3Dアニメーション/モデリング向けソフトウェアの新バージョンとして「Autodesk Maya LT 2016」を3月27日より発売する... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. オートデスク、3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを4月14日より提供開始