PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ヤマハの“Ready for the future”4K映像対応AVレシーバー「RX-V377」が出荷開始
News

ヤマハの“Ready for the future”4K映像対応AVレシーバー「RX-V377」が出荷開始

#4K #YAMAHA

2014-03-24 掲載

ヤマハの従来モデル「RX-V375」の後継機にあたる新AVレシーバー「RX-V377」の出荷が始まった。

同社より2月末に発表されたRX-V377は、サラウンドスピーカーをフロント側に配置する新開発の5.1chバーチャルサラウンド機能「Virtual CINEMA FRONT」を搭載したホームシアター向けのAVアンプ。定格出力100W/5chのディスクリート構成と、バーブラウン192kHz/24bitのD/Aコンバーターによる音質重視の設計となっている。

140324_Yamaha-RX-V377_02.jpg

RX-V377は、4K Ultra HD映像の伝送(パススルー)に対応した4入力/1出力のHDMI端子を搭載。更に3D映像伝送やオーディオリターンチャンネル(ARC)、主要メーカー製テレビ/レコーダーとのリンク機能などにも対応し、HDMIケーブル1本でテレビとの接続も簡単にできる。

デコーダーはドルビーTrueHD/DTS HD Master Audioに対応。ヤマハ独自の音場補正機能「YPAO(Yamaha Parametric Acoustic Optimisation)」および音場創生技術「シネマDSP」も搭載している。メイン(フロント)チャンネルにコンパクトスピーカーを使用する場合や、サブウーファーのない構成でも有効な新機能「Extra Bass」を搭載。

140324_Yamaha-RX-V377_01.jpg

更に、バーチャルサラウンドを実現する技術「Discreet virtual processing」を搭載したバーチャルサラウンド機能「Virtual CINEMA FRONT」に対応。バーチャルサラウンドを実現する際はL/Rサラウンドスピーカーを前方に設置するという、新しいスタイルだ。5.1chの場合でも、フロントスピーカーの隣にサラウンドスピーカーを設置してスクリーン側に全スピーカーを並べて配置する形となる。視聴位置の後方にスピーカーを設置することが難しいような狭いスペースでも、臨場感豊かなサラウンド再生を実現できるとしている。

140324_Yamaha-RX-V377_back.jpg

HDMI入出力以外にも、音声入力としてアナログ×4系統(ステレオRCA×3、ステレオミニ×1)、デジタル×3系統(光デジタル×1、同軸デジタル×2)、USB×1系統を、また映像入力としてコンポーネント×2系統、コンポジット×3系統を備える。

オプションのBluetoothワイヤレスオーディオレシーバーYBA-11を使えば、モバイルデバイスやPCからオーディオストリーミングもできる。

サイズは幅435×高さ151×奥行き315mmで、重さは7.4kg。価格は税抜44,000円。

(山下香欧)


[ Category : , ]
[ DATE : 2014-03-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

モルフォのアップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」が映画「チア男子!!」の動画配信向け4K映像の制作に採用

アップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」の例 株式会社モルフォは、5月10日に公開された映画「チア男子!!」に関し、今後計画されている動画配信サービス向け... 続きを読む

GoPro、「HERO7」シリーズ3機種を発表

写真左から「HERO7 White」、「HERO7 Black」、「HERO7 Silver」 GoProは、2018年9月20日に「HERO7」シリーズとして、「HERO7... 続きを読む

ケイ・オプティコム、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、eo光テレビにてBS右旋4K放送の提供を開始

株式会社ケイ・オプティコムは、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、2018年12月1日より「eo光テレビ」においてBS右旋4K放送の提供を開始する。 現在、ハイビジョン(2... 続きを読む

三友、KANDAOの180°3D映像と360°全球映像が撮影可能な小型4K VRカメラ「QooCam」を発売

三友株式会社は、同社が取り扱うKANDAO社製の180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」を2018年8月中旬に発売する。希望小売価格は税別49,800円。 ... 続きを読む

JAPANNEXT、IPS-AHVAパネルを採用した4K対応27型ディスプレイ「JN-IPS27FLUHD」を発売

株式会社JAPANNEXTは、IPS系パネルを採用した4K対応27型ディスプレイ「JN-IPS27FLUHD」を2018年7月31日に発売する。希望小売価格は税込46,470円。 ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ヤマハの“Ready for the future”4K映像対応AVレシーバー「RX-V377」が出荷開始