PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ウィーン国立オペラ座、世界初の4K/HEVCライブストリーミング放送とパブリックビューイング

News

ウィーン国立オペラ座、世界初の4K/HEVCライブストリーミング放送とパブリックビューイング

2014-05-07 掲載

世界屈指の歌劇場であるウィーン国立歌劇場(ウィーン国立オペラ座)が世界初となる4K/HEVCライブストリーミング放送を実施する。

2014年5月7日19時(日本時間では8日朝)に開幕される、世界的名声のプラシド・ドミンゴ氏が主演するジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「ナブッコ」を、サムスン社製UHDスマートTV向けに4K/HEVC over MPEG-DASHでライブストリーミングする。また同時にオペラ座内に設置された65インチ型サムスン社製のUHD TVでもパブリックビューイングを実施する。

サムスンのUHD TVに搭載された“ウィーン国立歌劇場”のサムスン・スマートTVアプリでは、各国のプライムタイムでストリーミング放送を視聴できるほか、タイムシフト機能も使えるようになっている。現場に設置したソニーPMW-F55 CineAlta 4Kカメラでのライブソースを、米エレメンタル・テクノロジーズのライブエンコーダーで4K/HEVC over MPEG-DASHストリームとHDサービス向けにライブエンコードする。Ooyala(ウーヤラ)でサムスン・コネクトTVアプリケーションとPCベースのアプリケーションを管理する仕組み。

140507_Elemental_Vienna_Opera_UHD_TV_Graphic_v1.jpg

ウィーン国立オペラ座では、毎日演目を変えて上演されており、60のオペラとバレエが約300日間にわたって上演し、公演日数は世界で最多。

最近では、オペラ座の特設スクリーンにてライブ中継を行ったり、マルチスクリーンで視聴できるようなサービスも取り入れている。ライブストリーミング放送に関しては、各国のタイムゾーンに合わせて時差送信もされており、2014/2015年シーズンはほぼ全ての上演をストリーミング配信する予定。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

GoPro、「HERO7」シリーズ3機種を発表

写真左から「HERO7 White」、「HERO7 Black」、「HERO7 Silver」 GoProは、2018年9月20日に「HERO7」シリーズとして、「HERO7... 続きを読む

ケイ・オプティコム、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、eo光テレビにてBS右旋4K放送の提供を開始

株式会社ケイ・オプティコムは、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、2018年12月1日より「eo光テレビ」においてBS右旋4K放送の提供を開始する。 現在、ハイビジョン(2... 続きを読む

三友、KANDAOの180°3D映像と360°全球映像が撮影可能な小型4K VRカメラ「QooCam」を発売

三友株式会社は、同社が取り扱うKANDAO社製の180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」を2018年8月中旬に発売する。希望小売価格は税別49,800円。 ... 続きを読む

JAPANNEXT、IPS-AHVAパネルを採用した4K対応27型ディスプレイ「JN-IPS27FLUHD」を発売

株式会社JAPANNEXTは、IPS系パネルを採用した4K対応27型ディスプレイ「JN-IPS27FLUHD」を2018年7月31日に発売する。希望小売価格は税込46,470円。 ... 続きを読む

JAPANNEXT、IPS-AHVAパネルを採用した4K/HDR対応の32型ディスプレイ「JN-IPS3200UHDR」を発売

株式会社JAPANNEXTは、4K/HDR対応の32型ディスプレイ「JN-IPS3200UHDR」を2018年7月27日に発売する。希望小売価格は税込44,980円。 JN-... 続きを読む

トップ > ニュース > ウィーン国立オペラ座、世界初の4K/HEVCライブストリーミング放送とパブリックビューイング