PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Netflixの4K VODサービス、2作目が6月に登場

News

Netflixの4K VODサービス、2作目が6月に登場

2014-05-09 掲載

Netflixがオリジナル番組“ハウス・オブ・カード”の4Kリマスターを終え、セカンドシーズンから4K/HEVCストリーミングを開始している。ストリームは16Mbps。ハウス・オブ・カードは、制作開始から4Kカメラで収録しており、今後はマスターを4Kで仕上げていくという。

この新しい4K VODサービスに対応する受信機(テレビ)は、CESでも発表したサムスン製UH8550/9000で、今後はソニー、LG、Vizio社から対応アプリと再生コーデックを搭載した4Kテレビが登場してくる予定。Netflixでは、最高品質の視聴体験を得るための帯域幅として、家庭内で最低20Mbpsの確保を進めているが、Netflixがサービスを展開している米国、英国では一般家庭のブロードバンド幅は、いいところ平均で7-8Mbpsだ。サムスン製のHEVCデコード搭載の4KTVと高速ネットワークを持った環境のサービス加入者はまだ希少な存在だ。現在、この4Kストリーミングサービスは対応環境を持っている加入者であれば、追加費用なしで観ることができる。

4Kコンテンツのライブラリーにはハウス・オブ・カードのほかに、ネイチャー番組やハイエンドなタイムラプス技術のパイオニアとも呼ばれている撮影監督ルイシュワルツバーグ氏のビジュアルアート作品などが揃う。今後も4Kリマスター版の映画ジャンルを増やしていくほかに、直近ではAMCでちょうどシーズン5が終わった“ブレイキング・バッド”を、ファーストシーズンから全て4Kクオリティで配信することを明らかにしている。放送開始は2014年6月を予定している。

ブレイキング・バッドはソニーからライセンスを受けて通常のVODサービスで提供しており、今回の4Kサービス向けにはNetflix側でリマスターを施しているという。オーディオは5.1chに対応させている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

米Apple、オリジナルコンテンツ制作に10億ドルを投資。Amazon、Netflixと競合戦略を強化

米Appleは、今後12ヶ月でオリジナルコンテンツ制作に約10億ドルを投資する計画があるという。AmazonやNetflixといったオリジナル番組を提供するビデオ配信サービスを意識... 続きを読む

NTTぷらら、「ひかりTV」の4K-IP放送をパナソニックの4Kテレビ向けに提供開始

株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」の4K映像による放送サービス(以下:4K-IP放送)をパナソニック株式会社のひかりTVチューナー機能対応の4Kビエラ向けに提供... 続きを読む

ディズニーがNetflixから去る日

ウォルト・ディズニー・カンパニー(以下:ディズニー)が現地時間8月8日に、BAMTechの株式75%分を購入し、ディズニーとESPNストリーミングサービスの両方を開始する予定である... 続きを読む

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

トップ > ニュース > Netflixの4K VODサービス、2作目が6月に登場