PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > アルジー、CS放送送出用16チャンネル・送出自動化システムに国内初・Marina導入

News

アルジー、CS放送送出用16チャンネル・送出自動化システムに国内初・Marina導入

2014-06-19 掲載

放送送出サービスを行う株式会社アルジーは、既存の番組自動送出システム(APC)の拡張に新しく英ペブルビーチ・システムズのMarina(マリーナ)を採用した。今週20日までシンガポールで開催されているBroadcast Asiaに合わせてペブルビーチが発表したもの。

Marinaは300チャンネルほど各国の放送局で採用されているが、国内は今回が初めての納入事例だという。ペブルビーチはアーカイブ側とのメディア管理からインジェスト・送出システム、自動化システム、オールインワン送出ソリューションまでを扱う放送システム開発会社。

アルジーでは、CS番組送出用に16チャンネル分の完全冗長構成で構成されている。ファイルベースの環境の中、ミランダのLGKロゴ挿入システム、XOR送出サーバやハリスのルーターの制御をおこない、コンテンツファイルのインジェスト、記録のスケジューリングを実行する。

今回導入されたMarinaシステムのユーザーインターフェイス(UI)は日本語化されており、プレイリストの操作性の良さ、64bit OS環境であることが、運用の利便性につながった。Marinaシステムの日本語UIの開発からシステムインテグレーションは、株式会社コンドーブロードキャストが担当。現在は段階的に入れ替えを行っており、スイッチオーバーは8月を予定している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-06-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

シグマ、「BroadcastAsia 2018」出展概要を発表

SIGMA 14mm T2 FF専用アダプター「Clamp-On Ring 162mm COR-11」 株式会社シグマは、2018年6月26日~6月28日までの3日間、シンガ... 続きを読む

FOXTEL、OTT&マルチスクリーンTV配信サービス拡張にエレメンタルのビデオ処理技術を搭載

オーストラリアで最大規模の有料TV会社FOXTELでは、昨年より「FOXTEL GO」というOTTサービスを開始している。加入者は追加料金無しで、専用のiOSアプリを通してiPho... 続きを読む

トップ > ニュース > アルジー、CS放送送出用16チャンネル・送出自動化システムに国内初・Marina導入