PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > W杯、FIFA TVの4Kプロダクション

News

W杯、FIFA TVの4Kプロダクション

2014-07-09 掲載

©Sony Corporation All Rights Reserved.

世界が注目する一大スポーツイベント「2014 FIFA World Cup Brazil」にて、各国ともさまざまなテクニックを用いて実況中継が施されている。特に4Kに関しては、FIFA自身も支援しており、放送機材提供者として提携しているソニー社と一緒に、来週13日の決勝まで3試合の中継を4Kで実施している。BBCやTV Globoを含め11の放送局でも、このFIFA+ソニーが捉える4Kフィードを使って各国へ向けて放送を行っている。

現場では、FIFA放送運営を統括するHBSのもと、ライブプロダクションのオペレーションを英Telegenic社がサポートする。4K対応中継車は、国内放送権を持つGlobosatから出動している。中継車のビデオコントロールエリア(インスタント・リプレイ)には、20チャンネル対応のMVS-7000XスイッチャーやPWS-4400 XAVCサーバ、EVSサーバ、PVM-X300 4Kモニターや4KリアルタイムグラフィックにViz Trioが搭載され、オーディオコントロールエリアには、Lawo mc²56ミキサーが搭載されている。

140709_Globosat_4k_OB_van2.jpg

4K収録が行われるマラカナン・スタジアムには、12台のF55カメラ(レンズはフジノン製)が設置された。また今回はスローモーションリプレイに、F65のハイスピード(120fps)対応が試験的に使われている。また8台のHDカメラからのソースもアップコンバートして、主に4Kカメラでの捉えが難しいクローズアップなどで利用している。

昨年から経験値を積み重ねている4Kプロダクションにおいて、未だ調整が厳しいのは、現場でのカメラワークだという。シネマレンズのため、スピードあるスポーツ競技でのピントの合ったクローズアップ撮影は非常にテクニックを要する。

現地時間7月4日に開催された準々決勝の欧州対決にて、2回目の4K中継が行われた。ブラジルでは、TV Globoが市内でのパブリックビューイングを実施しており、またGlobosatはSporTVチャンネルで4K中継を放送している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-07-09 ]
[ TAG : ]

関連する記事

NTTぷらら、「ひかりTV」の4K-IP放送をパナソニックの4Kテレビ向けに提供開始

株式会社NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」の4K映像による放送サービス(以下:4K-IP放送)をパナソニック株式会社のひかりTVチューナー機能対応の4Kビエラ向けに提供... 続きを読む

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

トップ > ニュース > W杯、FIFA TVの4Kプロダクション