PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 移動体向け衛星デジタル放送サービス「モバHO!」3月末に終了へ
News

移動体向け衛星デジタル放送サービス「モバHO!」3月末に終了へ

2008-07-29 掲載

モバイル放送株式会社は7月29日、移動体向け衛星デジタル放送サービス「モバイル放送」(モバHO!)の事業を来年3月末に終了すると発表した。無料で視聴できるワンセグ放送の開始等もあり十分な会員数獲得にいたらず、事業の継続が困難、と判断したためだという。 モバHO!は、2004年にスタートした移動体向けの有料デジタル放送サービスで、音声番組(40チャンネル)や映像番組(8チャンネル)、データ放送を提供していた。既存のCS・BS放送と異なり、Sバンド(2.6GHZ帯)を使用 することで、受信アンテナの小型化が可能となり、自動車を中心とした移動体を対象に、交通情報、気象情報、音楽、ニュースやスポーツ等の番組を屋外で受信できるのが最大の特徴であった。 Sバンド帯は、降雨による減衰を受けないため、これまで電波が届かなかったところにも的確に防災情報を伝えることができる。とりわけ緊急を必要とする災害情報の伝達には大きな効果を上げるものと考えられ、事実、災害地で大いに活躍した実績がある。最近では6月に起こった岩手・宮城内陸地震の災害地において、受信機の関係機関への無償貸与を行っていた。 サービス開始から3年で200万会員獲得を目指していたが、現在の会員数は約10万たらず。同社の資本金は368億6795万円。2006年3月期は売上高6億円に対し営業赤字が112億円に上り、筆頭株主の東芝が昨年の3月に再建を目指して連結子会社化を実行した。同社には、東芝のほかシャープ、松下電器産業、トヨタ自動車、NTTデータ、USENなど88社が出資している。 韓国では、TUメディア(SKテレコムの子会社)が同じ放送衛星を使った放送サービスを行っているため、モバHO!事業終了後も、放送衛星の運用は継続していく、という。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-07-29 ]
[ TAG : ]

関連記事

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:Jazzaの新YouTubeチャンネル「Tabletop Time」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ジョサイア・"ジャザ"・ブルックスの新しいYouTubeチャンネル「Tabletop Time」が、Black... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 移動体向け衛星デジタル放送サービス「モバHO!」3月末に終了へ