PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 米Cinnafilm、オールインワン・フォーマット変換プラットフォーム 「Cinnafilm HD1」を出荷開始
News

米Cinnafilm、オールインワン・フォーマット変換プラットフォーム 「Cinnafilm HD1」を出荷開始

2008-08-05 掲載

米Cinnafilm Inc(Cinnafilm社)は、8月より、マルチフォーマット変換プラットフォームの「Cinnafilm HD1(HD1)」の出荷を始めている。HD1は、フィルムシュミレーションや、自由にフレームレートを変換することを得意とするプラットフォームで、今春のNABで一般公開された。 システムに搭載された、パラレル・グラフィックプロセシングのパワーにより、レンダーファームの力を借りなくても、シングルワークステーション下で双方向のフォーマット変換や現像シミュレーションをリアルタイムで実現することができる。あらゆるデジタルフォーマットのビデオソースフッテージを即座にリアルなフィルム・ルックスの画像に変換することができる、という。 HD1のフォーマット変換プラットフォームは、現在同社が特許申請している並列処理エンジンで行われ、搭載している3Dグラフィック・ハードウェアのパワーで通常のCPUよりも30倍から100倍速までの処理速度を上げることができた、という。 HD1はSDから10ビット4:4:4非圧縮まで対応し、アップ/ダウン解像度変換、フレーム変換もプログレッシブやインターレースでも問わず無制限で行うことができる。そして独自のInfiniFrameでは、双方向の処理間で、ピクセル毎にモーションベクトル補正をすることでフレーム劣化を防ぐことができる。この仕様はスーパースローモーション(100倍減速まで)へも対応することができる。 そのほかの特徴的な機能では、シンプルなタイムライン形式のユーザ・インターフェースやカラー調整を始め、Los Alamos National Laboratories (LANL)と共同技術開発されたKodak Visionシリーズのプリセットが組み込まれている。LANLと現在共同開発されているモーショントラッキングとスーパー解像度への対応は来年2009年の春の予定。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-08-05 ]
[ TAG : ]

関連する記事

「第33回 東京国際映画祭」が開催

2020年10月31日~11月9日の期間中、「第33回 東京国際映画祭」が開催する。会場は六本木ヒルズ、EXシアター六本木、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場、東京国際フォ... 続きを読む

パナソニック システムソリューションズ ジャパン、ロケーションフリーな制作環境を実現する番組制作システムを開発

パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、放送局向けにロケーションフリーなコンテンツ制作を実現する番組制作システムの開発を発表した。受注開始は2021年4月予定。希望小売... 続きを読む

NHK技研、新たな日本語音声合成システムを開発

日本語音声合成システムの概要図 NHK放送技術研究所は、AI(人工知能)を活用して、より流暢で自然な発声を実現する新たな音声合成技術を開発した。 これまで日本語の音声合... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:ホラー映画「バトル・インフェルノ」の場合

Blackmagic Design発表によると、ライアン・グスマン氏、カイル・ガルナー氏、アリックス・アンジェリス氏らが出演する「The Cleansing Hour」のプロダクシ... 続きを読む

第5回関西放送機器展、開催中止を発表

関西放送機器展事務局は、大阪南港ATCホールで開催予定であった第5回関西放送機器展の中止を発表した。 第5回関西放送機器展は、2020年7月1日、7月2日開催予定を延期し、2... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 米Cinnafilm、オールインワン・フォーマット変換プラットフォーム 「Cinnafilm HD1」を出荷開始