PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 米Cinnafilm、オールインワン・フォーマット変換プラットフォーム 「Cinnafilm HD1」を出荷開始
News

米Cinnafilm、オールインワン・フォーマット変換プラットフォーム 「Cinnafilm HD1」を出荷開始

2008-08-05 掲載

米Cinnafilm Inc(Cinnafilm社)は、8月より、マルチフォーマット変換プラットフォームの「Cinnafilm HD1(HD1)」の出荷を始めている。HD1は、フィルムシュミレーションや、自由にフレームレートを変換することを得意とするプラットフォームで、今春のNABで一般公開された。 システムに搭載された、パラレル・グラフィックプロセシングのパワーにより、レンダーファームの力を借りなくても、シングルワークステーション下で双方向のフォーマット変換や現像シミュレーションをリアルタイムで実現することができる。あらゆるデジタルフォーマットのビデオソースフッテージを即座にリアルなフィルム・ルックスの画像に変換することができる、という。 HD1のフォーマット変換プラットフォームは、現在同社が特許申請している並列処理エンジンで行われ、搭載している3Dグラフィック・ハードウェアのパワーで通常のCPUよりも30倍から100倍速までの処理速度を上げることができた、という。 HD1はSDから10ビット4:4:4非圧縮まで対応し、アップ/ダウン解像度変換、フレーム変換もプログレッシブやインターレースでも問わず無制限で行うことができる。そして独自のInfiniFrameでは、双方向の処理間で、ピクセル毎にモーションベクトル補正をすることでフレーム劣化を防ぐことができる。この仕様はスーパースローモーション(100倍減速まで)へも対応することができる。 そのほかの特徴的な機能では、シンプルなタイムライン形式のユーザ・インターフェースやカラー調整を始め、Los Alamos National Laboratories (LANL)と共同技術開発されたKodak Visionシリーズのプリセットが組み込まれている。LANLと現在共同開発されているモーショントラッキングとスーパー解像度への対応は来年2009年の春の予定。

[ Category : ]
[ DATE : 2008-08-05 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:クリス・コンリー氏短編映画「Quarantime」の場合

Blackmagic Designの発表によると、NFLのフットボールチーム、ジャクソンビル・ジャガーズのワイドレシーバーであるクリス・コンリー氏は、隔離期間中に、Blackmag... 続きを読む

Atomos、S1Hの5.9K ProRes RAW記録対応のNINJA Vアップデートを正式リリース

Atomosは、パナソニックのS1HからHDMI接続でのRAW信号をProRes RAWに記録できる無料のAtomOSファームウェアアップデートを正式リリースした。以前、ベータ版フ... 続きを読む

ZOOM、最大4人分の収録可能なポッドキャスト用マルチトラックレコーダー「PodTrak P4」を発売

株式会社ズームは、4つのマイク入力と4つのヘッドフォン出力を搭載し、最大4人分のポッドキャスト収録が行えるマルチトラックレコーダー「PodTrak P4」を2020年8月中旬に発売... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 16.3ベータ2やBlackmagic RAW 2.0ベータ2のアップデートを公開

ブラックマジックデザインは、DaVinci Resolve 16.3ベータ2およびDaVinci Resolve Studio 16.3ベータ2、Blackmagic RAW 2.... 続きを読む

Blackmagic Design事例製品:フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsの場合

Blackmagic Designの発表によると、フィルムの修復やポストプロダクションを専門とするDigital Sprocketsが、1940、50年代から1980年代に制作され... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 米Cinnafilm、オールインワン・フォーマット変換プラットフォーム 「Cinnafilm HD1」を出荷開始