PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 米da Vinci、英ポスプロに新モデルのデジタルマスタリング・システムを納入、007シリーズ最新作のDIワークフローの一環に
News

米da Vinci、英ポスプロに新モデルのデジタルマスタリング・システムを納入、007シリーズ最新作のDIワークフローの一環に

2008-11-28 掲載

scent Mediaの傘下で英国にあるフィルムプロダクションAscent 142は、da Vinci製のデジタルマスタリング・システムを2式導入した新DIスイートで、007シリーズの最新作品「Quantum of Solace」のカラーグレーディング(カラーコレクション)を主にフィルムフィニシングを行った。 最新ボンド作品は既に11月中旬より米国で公開されている。同作品はAscent 142がDIワークフローを採用した初のプロジェクトであったという。 導入したシステムは、da Vinciが今春に発表した最新モデルのR-350で、カラリストのStephen Nakamura氏が編集を手掛けた。 Ascent 142は近年、One Post、St. Anne’s Post、StreamとWardour Streetのメディア管理サービス部門が合併した、6万スクエア規模の敷地に施設を構えたトップサイズ規模のプロダクションハウスになった。敷地内には2か所のDIシアターも有する。 Ascent 142が今回試みたDIワークフローでは、ARRISCANフィルムスキャナーでコンテンツをスキャンし、BrightDriveメディアシステムに転送して、R-350で編集を行った。R-350は、最新のImpresarioコントロールパネルで操作している。 da Vinci社によると、この春からリリースして、Infinia(スペイン)をはじめ6社のプロダクションに採用されたという。 新Rシリーズには、独自のC.O.R.E.™(CUDA™ Optimized Resolve Engine)が搭載されており、今まで以上にGPUパワーを引き出しスムーズな編集が行えるという。 

[ Category : ]
[ DATE : 2008-11-28 ]
[ TAG : ]

関連する記事

IMAX、主要デジタルカメラブランドと「Filmed In IMAX」プログラムを開始

IMAX Corporationは、IMAXエクスペリエンスに対する映画製作者の高まる需要への対応を目的とした新パートナーシップ「Filmed In IMAX」プログラムを発表した... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:コリア・アニメーション・ハイスクール放送スタジオの場合

Blackmagic Designの発表によると、コリア・アニメーション・ハイスクールが、複数のURSA Broadcast、ATEM 4 M/E Broadcast Studio... 続きを読む

「第23回文化庁メディア芸術祭」が開催

2020年9月19日~9月27日まで「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が開催される。会場は日本科学未来館(東京・お台場)で、入場料は無料。主催は第23回文化庁メディア芸術祭... 続きを読む

ブラックマジックデザイン、第2回教育関係者向けオンライン無償セミナー「オンライン教育に変革をもたらすATEM Mini」を開催

ブラックマジックデザインは、2020年9月26日~27日の2日間にわたり、全国の教育関係者を対象に、最新の「オンライン教育」事情について、具体的な活用事例および活用術を紹介するオン... 続きを読む

ヴァイテックイメージング、Syrpのモーションコントロールデバイス「Genie One」を発売

ヴァイテックイメージング株式会社は、同社が取り扱うSyrp社の「Genie One」を2020年10月1日に発売する。希望小売価格は税別78,000円。 Genie On... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 米da Vinci、英ポスプロに新モデルのデジタルマスタリング・システムを納入、007シリーズ最新作のDIワークフローの一環に