ソニーピーシーエル株式会社(東京都品川区、以下:ソニーPCL)は、ソニー株式会社が開発した映像用階調補完技術”Super Bit Mapping for Video(SBMV)”を採用したブルーレイディスク(以下、BD)エンコード環境を構築し、同技術を利用したBD制作サービスを開始した。同技術は5月27日に発売を予定しているBD版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 EVANGELION:1.11」(発売元:キングレコード株式会社)にて初採用されている。

“Super Bit Mapping for Video”とは、人間の視覚特性を利用した演算処理により、10ビットから8ビットへの変換処理においても滑らかなグラデーション表現を可能にする、ソニー独自の映像用階調補完技術。同社製ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤーの高画質回路「CREAS(クリアス)」で採用されている。

BDソフトでは映像信号を8ビットで記録しているため、10ビットで制作されたオリジナルコンテンツはBDソフト用にエンコードする時に8ビットに変換する処理が行われるが、映像に広いグラデーション領域がある場面などでは、エンコード処理後の映像に階調の変化点が等高線のようになって見えるカラーバンディングが発生することが、従来のBDエンコード環境における課題とされていた。

“SBMV”によるエンコード映像

従来方式によるエンコード映像

“SBMV”によるエンコード映像

従来方式によるエンコード映像

ソニーPCLでは、”Super Bit Mapping for Video”を採用したBDエンコード環境を構築し、エンコード処理の前に補完処理を行うことで、オリジナルコンテンツのグラデーション感を保ちながらカラーバンディングを軽減することが可能となり、より多くの機器で高品位な映像再生を楽しむことができるようになるとしている。