PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 川崎競馬場、世界最大のビジョン設置

News

川崎競馬場、世界最大のビジョン設置

2009-05-19 掲載

川崎競馬場(川崎市川崎区)は、現行のキングビジョンと旧大型映像装置を一体化し、横72m、高さ16m、総表示面積1152㎡となる世界最大の新ビジョンを導入、6月の競馬開催初日(6月15日)から本格運用を開始させる。

総表示面積1152㎡は、これまで世界一だった東京競馬場のビジョン(横66m、高さ11m、面積744㎡)の約1.5倍にもなり、同競馬場はメンテナンスなど最終調整を行うと同時に、ギネスブックへの申請手続きの準備も始めているそうだ。

川崎競馬場では、2003年から当時世界最大級である富士通フロンテック製大型映像「キングビジョン」(横44m、高さ16m)のビジョンを使用しており、今年2月からこの拡幅工事に踏み切った。

ダイオードLEDで、画素ピッチは62.5mm。新ビジョンでは、レース中に異なるアングルからハイビジョン映像を映し出せるほか、地方競馬場としては初めて他場レースの生中継が可能になるという。また、川崎競馬場では今回のリニューアルに併せてハイビジョンカメラなども導入した。


[ Category : ]
[ DATE : 2009-05-19 ]
[ TAG : ]

関連する記事

アストロデザイン、「Private Show 2019」東京会場のデモ展示、技術セミナーの詳細を発表

アストロデザイン株式会社は、2019年6月13日(木)~14日(金)に開催する「プライベートショー2019」の東京会場のデモ展示および技術セミナーの詳細を発表した。会場はアストロデ... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:短編SFシリーズ「Zero」の場合

Blackmagic Designの発表によると、イギリス人脚本/監督デュオである「The Brothers Lynch」による、新作短編SFシリーズ「Zero」の撮影にURSA ... 続きを読む

オープンエイトのAI自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN」がamanaimagesおよびPIXTAと連携。素材提供サービスが利用可能に

株式会社オープンエイトは、同社が提供するAI自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」が、株式会社アマナイメージズおよびピクスタ株式会社が運営する写真・イラス... 続きを読む

[CineGear2019]Tiffen、Cine Gear 2019でステディカムの新製品「M-2」を展示

Tiffenは、2019年5月30から6月2日まで米国のロサンゼルスで開催されるCine Gear 2019にて、モジュール式カメラスタビライザー「Steadicam M-2」の展... 続きを読む

Blackmagic Design製品事例:High School Nationの場合

Blackmagic Designの発表によると、High School Nationがアメリカ全土の高校に提供するプログラムにおけるメインカメラとして、Blackmagic De... 続きを読む

トップ > ニュース > 川崎競馬場、世界最大のビジョン設置