PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 東芝、史上初、55インチCell搭載の高画質液晶テレビを発表、12月発売へ
News

東芝、史上初、55インチCell搭載の高画質液晶テレビを発表、12月発売へ

2009-10-07 掲載

株式会社東芝(東京都港区)は、今週千葉・幕張メッセで開催されているCEATEC2009を機に、世界に先駆けマルチコアCPU「Cell Broadband Engine(Cell)」搭載の「CELLプラットフォーム」を採用した、デジタルハイビジョン液晶テレビ「CELLレグザ55X1」を発表した。

Cellの演算処理能力は、従来のレグザに比べ143倍のパワーを持つ。これにより従来機種に比べ高精細化した超解像処理のほか、複数の映像を並列に処理をすることができるため、過去約26時間分の地デジ番組を最大8チャンネル分同時連続録画できる「タイムシフトマシン」など、これまで実現できなかったさまざまな機能を搭載している。

CELLプラットフォームでは、映像の中のテクスチャー部を緻密な映像に復元する従来の再構成型超解像技術に加え、色自身やエッジ部に対する自己合同性を用いた超解像処理、低解像度のインターネット映像特有の圧縮ノイズの補正や輪郭部のノイズを低減する処理を施すパワーを有する。

今回発表されたのは55型の同社最大パネルサイズになる。この液晶パネルには高輝度LEDバックライトを搭載した「メガLEDパネル」で、従来比2.5倍、業界最高のピーク輝度(ハイライト部の輝度)が1,250cd/m2というスペックで、眩しいほどの白が表現できる。また、LEDバックライトの制御画面を従来の96分割から512分割へと拡大している。

内蔵ハードディスクは3TBで、2TB分が「タイムシフトマシン」に割り当てられており、26時間前までの放送済み番組をいつでもさかのぼって視聴できる。「タイムシフトマシン」用、通常録画用、視聴専用など、目的別に計14個のデジタルチューナーと地上アナログチューナーも搭載している。

東芝では、今年のCES2009など、過去にも何度かCell搭載の試作品を参考出展していた。今回の55型モデルは12月に正式発売するという。オープン価格であるが店頭には100万円程度で販売される見込み。同社では来年米国発売に向けて、国内1000台販売を目指す。


[ Category : ]
[ DATE : 2009-10-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[CEATEC2015]NHK、CEATEC JAPAN 2015の出展概要を発表。HDR対応の8Kディスプレイを国内初展示

HDR対応8K液晶ディスプレイの外観 NHKは、2015年10月7日(水)~10日(土)に幕張メッセにて開催されるIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATEC JAP... 続きを読む

東芝からヘッド分離タイプの世界最小4Kビデオカメラ登場

東芝の業務用のヘッド分離型超小型カメラシステムIKシリーズから4K対応モデル「IK-4KH」が発売される。3板式CMOSセンサーを搭載したビデオカメラとしては世界最小(同社調べ)。... 続きを読む

東芝、ハイブリッドキャスト対応の4K REGZAを6月下旬に発売

東芝は5月28日に、ハイブリッドキャスト対応のウルトラHD (UHD)TV「REGZA Z8X」シリーズを発表した。モデルは84V型「84Z8X」と65V型「65Z8X」、58V型... 続きを読む

東芝、4K/3Dテレビを海外で今夏に発売、クラウドサービス強化

東芝がCES2013で掲げた、2013年のテレビ戦略「クラウドサービス+4K大画面」が、58/65/84型でリリースする。このニュースは英国発のもので、ホームエンターテイメントの新... 続きを読む

[CEATEC2010]『CEATEC JAPAN 2010』明日、開幕

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ:会長 川村 隆/株式会社日立製作所 代表執行役会長)、社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA:会長 下村節宏/三菱電機株式... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 東芝、史上初、55インチCell搭載の高画質液晶テレビを発表、12月発売へ