PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [IBC2010]Grass Valley、ステレオスコピック信号に対応したデジタルビデオコンバーターシリーズ4種を発表
News

[IBC2010]Grass Valley、ステレオスコピック信号に対応したデジタルビデオコンバーターシリーズ4種を発表

#Grass Valley #IBC #IBC2010

2010-09-13 掲載

Grass ValleyはIBC2010において、シンクジェネレーター「ADVC Gシリーズ」に新しく4種モデルを追加することを発表した(ホール1、ブース番号D11)。ラインアップされたモデルには、フレームシンクや3Dステレオスコピック信号に対応できるモデルや、3Gb/s SDI実装で、1080p解像度に対応するモデルが揃っている。

「ADVC G1」は、SDIマルチコンバーターおよびフレームシンク対応のアップスケーラーで、3G/HD/SD-SDIへ変換、およびHDMI、DVI、コンポーネント、コンポジット、S-Video、AES/EBUへソースをアップスケールする。オーディオはアナログからHD/SD-SDI(3G/1.5G対応)、エンベッドへ変換できる。

「ADVC G2」は、SDIとHDMIからアナログ、またSDIマルチコンバーターおよびフレームシンク対応のダウンスケーラーで、HDMIやHD/SD-SDI経由のソースをモニタリングする際に活用したり、HDMIからHD/SD-SDI(3G/1.5G対応)へのコンバーターおよびダウンスケーラーとして使用できる。

「ADVC G3」は、2系統のSDIからHDMI1.4変換する機能を実装し、3Dステレオスコピック信号のモニタリングやマルチプレックスに対応、HD/SD-SDIからHDMIへの変換や、左右眼用のソース入力に使える。 最新のHDMI 1.4aに対応し、サイド・バイ・サイド、トップ-ダウン、フレームパッキングを手動で選択することができる。

「ADVC G4」は、リファレンス付きのシンクジェネレータ-で、9系統の出力を実装している。 9系統は、SDを3系統、残りをHDというように、3系統をグループとして使うことができる。

これら4種モデルとも外姿は1/3RUサイズで、ラック実装するためのオプションキットも用意されている。新モデルは2010年12月より発売開始の予定。価格は、G4は米600ドルほどで、G1からG3までは米1000ドル以内で設定される予定。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-09-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[再現InterBEE2020:動画]グラスバレー「Rio 4.5.8アップデート」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。グラスバレー社から「Rio 4.5.8アップデート」をご紹介い... 続きを読む

[再現InterBEE2020:グラスバレー]「T2 4K Ver3.3」をリリース。Avid DNxHRのネイティブ再生および変換などに対応

60seconds Shoots T2 4K用の新ファームウェアVersion 3.3がリリース 「T2 4K」は、単独で動作する4K DCI/4K UHD... 続きを読む

[再現InterBEE2020:グラスバレー]「Rio 4.5.8アップデート」でACESのカラーマネージメントに対応

60seconds Shoots より幅広いワークフローに柔軟に適用する「Rio 4.5.8」 ハイエンドポストプロダクション向けに開発されたビデオ編集/カ... 続きを読む

[再現InterBEE2020:グラスバレー]約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」が登場

60seconds Shoots 次世代映像制作に向けた「EDIUS X」の機能とは グラスバレーは、ノンリニアビデオ編集ソフトウェア「EDIUS X」をリリースし... 続きを読む

[再現InterBEE2020:動画]グラスバレー「EDIUS X」

Inter BEE 2020がリアル開催だった場合、展示されたであろう新製品・ソフトウェアを60秒で紹介するコーナー。グラスバレー社から「EDIUS X」をご紹介いただきました! ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [IBC2010]Grass Valley、ステレオスコピック信号に対応したデジタルビデオコンバーターシリーズ4種を発表