PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、新開発メモリーストレージシステム "SRMASTER"製品群を発表
News

ソニー、新開発メモリーストレージシステム “SRMASTER”製品群を発表

2011-04-11 掲載

ソニーは、HDCAM-SRをベースに新たにファイル対応した”SRMASTER(エスアールマスター)”フォーマットの新制作機器群を発表した。記録メディアには新開発の高速メモリーメディア “SRMemory”を採用した。本製品群は米ラスベガスで11日より開催される国際放送機器展NAB2011にて出展される。(ブース番号:C11001)

SRMemory

“SRMASTER”のコーデックには、HDCAM-SRと同じ圧縮方式であるMPEG4 SStP(Simple Studio Profile)を採用。記録メデイアの”SRMemory”は、ファイルラッパーにMXF、MPEG4 SStPを採用した”SRMASTER”に対応したメモリーメディア。SR-Lite (220Mbps)、SR-SQ (440Mbps)、SR-HQ (880Mbps)の各モードでの記録が可能なほか、非圧縮記録にも対応する。

転送レートは最大5Gbpsで、高速転送やマルチチャンネル記録にも対応する。保存容量は最大1TB。堅牢なエラーコレクションとサルベージ機能、パスワードによるセキュリティロックメカニズムなどを搭載し、映画やドラマ、CMなど高付加価値コンテンツ制作に安心して使用できるとしている。”SRMemory”の発売時期は2011年度第2四半期を予定、価格は未定。


SR-M9000PL

“SRMASTER”カムコーダー「SR-M9000PL / M9000」は”SRMASTER”に対応、SR-Lite (220Mbps)、 SR-SQ (440Mbps)、SR-HQ (880Mbps)の各モードでの記録が可能なカムコーダー。RGB 444 12bitや非圧縮記録にも対応し、”SRMemory”記録により高速で効率的なファイルベースワークフローを実現できるとしている。「SR-M9000PL」はスーパー35mm相当単板CCD搭載した「SRW-9000PL」のカメラ機能を踏襲、「SR-M9000」は2/3インチ3CCD搭載 HDCAM-SRカムコーダー「SRW-9000」のカメラ機能を踏襲したモデルだという。発売時期は2011年度第4四半期を予定、価格は未定。


SR-R1000

“SRMASTER”ストレージユニット「SR-R1000」は、4系統のSDIインターフェースを装備し、”SRMemory”による高速ランダムアクセスとリムーバブルメディアが可能なストレージユニット。マルチチャンネルのスタジオ収録や撮って出し、スローリプレイに活躍するという。各系統のSDIは3G-SDIデュアルリンクまで対応、1080 60pやRGBフォーマットでの3D×4chや、4K×2chの同時記録再生など様々なフォーマットでの運用に対応するほか、4系統のRS-422Aを装備しておりABCロールのリニア編集を本機1台で行うことが可能だ。また、各系統のSDIはHD-SDIデュアルリンクに対応、キーソース、キーフィルのT/Cを同期させた録再を4chまで同時に行うことができる。

本体には”SRMemory”ドライブを4スロット装備しており、さらにオプションの内蔵メモリー(2012年対応予定)を加えて、最大で12TBの記録容量を実現、4Uの筺体で約100時間(SR-Lite)の収録が可能になる。発売時期は2011年度第2四半期を予定しており、希望小売価格はSR-R1000本体が税込4,830,000円。専用オプションのHD入力ボード「SRK-R201」とHD出力ボード「SRK-R202」がそれぞれ税込2,079,000円を予定している。


110411_SR-R1.jpg

“SRMASTER”ポータブルレコーダー「SR-R1」(HD記録)はHD-SDI/3G-SDIデュアルリンク入出力を装備。さまざまなカメラと組み合わせての収録に対応し、RGB / S-Log / 60fps / 3D記録など多様な映像制作が可能。SR-Lite、SR-SQ記録を標準サポートし、将来発売を予定しているHQ記録オプションとの組み合わせにより、SR-HQ及び非圧縮記録にも対応。HDCAMカムコーダーとのドッキング運用に対応するほか、PMW-F3との連携ではSelectFPS(17~60fps)に対応、また SxS(オフライン)及びSRMemory(オンライン)にタイムコード同期した同時記録が可能だ。発売時期は2011年度第3四半期を予定、希望小売価格は税込1,732,500円。

「SR-R4」 (RAW記録)は、8K CMOSイメージセンサー搭載CineAltaカメラ「F65」専用のドッカブルレコーダー。16bit RAWデータ収録で、最大120コマ/秒までのSelectFPSに対応する。なお、デジタルシネマカメラ「F35/F23」対応のドッカブルレコーダー「SR-R3」も商品化を計画しているという。「SR-R4」の発売時期は2011年度第3四半期を予定、価格は未定。


SRPC-5

“SRMASTER”データトランスファーユニット「SRPC-5」は、”SRMemory”に収録した素材のビューイング、ノンリニア編集機やサーバーへの高速インジェストが行える、1Uサイズのデータトランスファーユニット。HD-SDI出力を装備、”SRMemory”収録素材のマスターモニターによる画質確認が可能。SRW-5800/2(HKSR-5804装着)との組み合わせにより、”SRMemory”からHDCAM-SRテープへの最大2倍速でのクローン作成が可能。発売時期は2011年度第3四半期を予定、価格は未定。


[ Category : ]
[ DATE : 2011-04-11 ]
[ TAG : ]

関連記事

Avid、Media Composer v2021.6提供開始。「次/前のイベントへ移動」の挙動設定やビンステータスバーに合計のデュレーション表示に対応

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。 ... 続きを読む

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ソニー、新開発メモリーストレージシステム "SRMASTER"製品群を発表