PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、放送業務用マルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」を発表

News

ソニー、放送業務用マルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」を発表

2011-04-12 掲載

ソニーは、中規模~大規模システム向けマルチフォーマットスイッチャープロセッサー「MVS-7000X」を発売する。発売時期は2011年度第2四半期で、4M/Eのシステム参考価格は税別4,300万円。

MVS-7000Xプロセッサーは従来の1.5Gbpsに加えて3Gbpsでの運用に対応。入出力数やM/E数を減らすこと無くシングルリンクでの3D制作や1080/60P運用を行える。筺体は8RUで、MVE-9000の技術を継承するDMEを4ch内蔵できる。また、MVS-8000Gのアーキテクチャーを拡張し、1080/60iフォーマットでは一枚のM/E基板を分割することで将来的には最大6M/Eまで使用できるとしている。

6M/E運用時にもオプションの「マルチプログラム2」(MP2)機能を使用し、ひとつのM/E列で異なる画像構成のプログラム信号を制作することができるという。M/E基板は1M/E分のハードウエアを3M/Eあるいは4M/Eに分割しての使用もできるので、従来機よりも廉価に3M/Eや4M/Eシステムを構成することが可能としている。

MVS-7000XではMVS-8000Gのフレームメモリー、フォーマットコンバーター、カラーコレクションなどの機能の他、タリー、GPIなどのシステム関連の機能も踏襲。さらにマルチビューアー出力や16チャンネルのフレームメモリー出力などの新しい機能を装備し、今後3Dユーティリティ機能への対応などを行う予定だ。

なお、従来からのCCP-8000、CCP-6000、CCP-9000AシリーズのコントロールパネルをMVS-7000Xのコントローラーとして使用できるほか、内蔵型リニア編集機のプラグインエディターにも対応するとしている。


[ Category : ]
[ DATE : 2011-04-12 ]
[ TAG : ]

関連する記事

平和精機工業、LANC・パナソニック切り替えリモコン「ZC-LP」を発売

平和精機工業株式会社は、同社のズームリモコン「ZC-3DV」の後継機種として、LANC・パナソニック切り替えリモコン「ZC-LP」を2020年7月に発売する。希望小売価格は税別12... 続きを読む

平和精機工業、小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」専用リチウムイオンバッテリーを発売

平和精機工業は、同社の小型カメラ用3軸電動ジンバル「TH-G3」の専用バッテリーを2020年7月に発売する。希望小売価格は税別5,000円。 付属の専用ケース TH... 続きを読む

Blackmagic Design、大型コントロールパネル「ATEM Advanced Panel」シリーズ2機種を発売

Blackmagic Designは、大型コントロールパネルの新製品として「ATEM 2 M/E Advanced Panel」および「ATEM 4 M/E Advanced Pa... 続きを読む

タムロン、「第17回 タムロン・マクロレンズ フォトコンテスト」を開催

株式会社タムロンは、今年で17回目となる「タムロン・マクロレンズフォトコンテスト」を開催する。募集期間は2020年7月1日~10月15日まで。ネット応募は23時59分59秒までで、... 続きを読む

キヤノン、約4500万画素・最高約20コマ/秒連写と8K動画撮影を実現したフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を発売

キヤノンは、新開発の有効画素数約4500万画素(総画素数約4710万画素)フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、「RFレンズ」により、カメラの基本機能を総合... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、放送業務用マルチフォーマットスイッチャー「MVS-7000X」を発表