PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ヤマハとLab.gruppen/Lakeの技術提携によるDSPカードMY8-LAKEが来春発売に
News

ヤマハとLab.gruppen/Lakeの技術提携によるDSPカードMY8-LAKEが来春発売に

#YAMAHA

2011-11-15 掲載

ヤマハ株式会社は、Lab.gruppen/Lakeとの技術提携によって開発されたDSPカード、MY8-LAKEを来春発売予定とアナウンスした。価格は未定。

MY8-LAKEはヤマハのデジタルミキサー上で駆動するDSPカード。Lab.gruppenのLake Processing技術をもとに、Mesa EQやIdeal Graphic EQ、Linear Phase Crossoverを用いた、直感的な音作りを可能にする。

8イン/8アウトのMesaモード(システムEQ)、4イン/12アウトのContourモード(クロスオーバー)、またはその組み合わせのモードが選択可能。デジタルミキサーのインサートポイントや、MY8-LAKEのAES/EBU端子を活用することでフレキシブルにシステムを構築できる。

サンプリング周波数は96kHz、88.2kHz、48kHz、44.1kHzに対応。PCアプリケーション「Lake Controller」から他のLake機器も含め一元管理が可能で、また、音響測定ソフト「Smaart」との親和性により快適なスピーカーチューニングが行える。さらに、1,000種類以上のスピーカープリセットが用意されており、それぞれのスピーカーに応じた最適な音作りを実現したとしている。


[ Category : , ]
[ DATE : 2011-11-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

ヤマハの“Ready for the future”4K映像対応AVレシーバー「RX-V377」が出荷開始

ヤマハの従来モデル「RX-V375」の後継機にあたる新AVレシーバー「RX-V377」の出荷が始まった。 同社より2月末に発表されたRX-V377は、サラウンドスピーカーをフロント... 続きを読む

[InterBEE2013]ヤマハブース:オーディオインターフェース「UR44」や、ミキシングコンソールMGPシリーズなど幅広く音響製品を展示

ヤマハはオーディオ編集ソフトやイベントや設備系の音響製品のほか、各種ミキサーなど幅広いジャンルのオーディオ製品を手がけている。今年は、オーディオインターフェースUR44やパワードス... 続きを読む

ヤマハよりNEXOのサブウーファーLS18が発売に

ヤマハ株式会社は、同社が取り扱うNEXOのサブウーファー、LS18を10月より販売するとアナウンスした。メーカー希望小売価格は、税込み483,000円。 LS18は、バンドパス方式... 続きを読む

フレキシブルな構成が可能なNEXOのスピーカーSTMシリーズが発売に

STM S118 ヤマハ株式会社は、同社が取り扱うNEXOのSRスピーカー、STMシリーズの発売をアナウンスした。メーカー希望小売価格はすべてオープン。 STM B112(左)と... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. ヤマハとLab.gruppen/Lakeの技術提携によるDSPカードMY8-LAKEが来春発売に