PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. モーションタイムラプス撮影用デバイス「Genie」が、6日間で25万ドルのクラウド出資を獲得
News

モーションタイムラプス撮影用デバイス「Genie」が、6日間で25万ドルのクラウド出資を獲得

2012-05-14 掲載

有限会社Syrp(シロップ)は、同社が開発したモーションタイムラプス撮影用のカメラコントロールデバイス「Genie」を5月1日に発表した。そして、発表してからわずか6日後までに25万ドルのクラウド出資をKickstarterで獲得したという。

Genieは、軽量かつコンパクトなカメラコントロールデバイス。据付けが簡単な仕様で、ほぼ全てのメーカーのDSLRカメラとの互換性があり、微速度撮影コントロール+回転パンニング/直線スライダーコントロールとして使用することができる。撮影の際に使用するスライダーや三脚だけではなく、スケートボードやケーブルカムなどに装着させることで、より自由度の高いモーションタイムラプスが実現可能になるとしている。

Genie_kateboard.jpg

タイマー又はモーションセンサーによる自動駆動機能が付いており、動作プレビューも可能。動作に関する設定はGenie内のインターフェースやスマートフォンのアプリによって操作することができ、日本語インターフェースも導入される予定。

クラウド出資サイトKickstarterでは、Genieのような一台700ドルといった比較的高価な商品の成功例は少なく、商品一品にあたり50ドル~100ドルの商品が多い。そんな中で予想以上の出資があったのは、最近の微速度撮影の流行りや、Genieの商品としての新しさにあると、Syrp社の工業デザイナー兼取締役であるトムソン氏は言う。

Kickstarter期間はまだ残りの期限があるので、日本にいる多くの映像制作者にGenieのことを知ってもらうため、Syrp社はGenieの日本向け情報サイトを設置。現在、既に世界中から450台のGenieが予約販売されている。予定販売価格は米ドル$999だが、Kickstarter後援者に数量限定で予定販売価格から米ドル$300割引の米ドル$699で提供するという。予約販売は2012年6月26日(火)までとされ、商品の納入は2012年8月下旬に予定されている。


[ Category : ]
[ DATE : 2012-05-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

KICKSTARTERとShort Shorts Film Festival & ASIA、ピッチイベント「Kickstarter Film Seed Challenge」を開催

KICKSTARTERとShort Shorts Film Festival & ASIAは、2018年10月26日(金)に東京・六本木にあるSuper Deluxe Roppon... 続きを読む

ティアック、ショットガンマイク「TM-150SG」を発売

ティアック株式会社は、動画撮影用ショットガンマイク「TM-150SG」を2017年7月上旬にTASCAMブランドより発売する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別16,000... 続きを読む

Vyu360 4K 360°アクションカメラ、速攻資金調達達成。クリスマスシーズン前に299ドルで発売へ

米Vyu360がキックスターターで資金調達を開始したのは10月17日。それから24時間経たない内に目標額を達成し、商品化する全方位4Kアクションカメラ「Vyu360 4K VR 3... 続きを読む

YouTuberやブロガー向けトラッキング撮影対応スマホマウントPicbot

スマートフォンで静止画や動画を撮影する際に、被写体を自動追跡し撮ってくれるガジェットがキックスターターに登場した。米カリフォルニアにオフィスを置くStackedが資金調達に出したP... 続きを読む

Foolographyのアンリーシュ、Bluetoothドングル+スマホでDSLRをフルリモート制御

独Foolography(フーログラフィ)がキックスターターに公開した、スマートフォンでキヤノン製とニコン製のデジタル一眼レフカメラ(DSLR)をリモート制御する「Unleashe... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. モーションタイムラプス撮影用デバイス「Genie」が、6日間で25万ドルのクラウド出資を獲得