PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. みずほ情報総研、 次世代動画像符号化方式HEVCのストリーム解析ツールを開発
News

みずほ情報総研、 次世代動画像符号化方式HEVCのストリーム解析ツールを開発

2012-10-16 掲載

みずほ情報総研株式会社は、次世代動画像符号化方式HEVC(High Efficiency Video Coding)に対応したストリーム解析ツール「HEVCストリームアナライザ」の開発を進めており、2013年上期中の提供開始を予定していると発表した。

HEVCは、ISO/IEC(国際標準化機構/国際電気標準会議)およびITU-T(国際電気通信連合-電気通信標準化部門)により規格化が進められている次世代動画像符号化技術。ワンセグ放送で使用されているH.264/AVCの2倍、地上デジタル放送で使用されているMPEG-2の4倍程度の符号化効率(データの圧縮率)を目標としている。

同社が開発中のHEVCストリームアナライザは、HEVC方式で圧縮符号化された信号(ストリーム)を解析しグラフィカルに表示することで、ストリームの特性評価を行うソフトウェア。本解析ツールの利用により、HEVC対応の映像機器やソフトウェアの研究開発・製品開発における符号化品質の向上や開発期間の短縮が可能になるとしている。

なお、同社は来る11月14日~16日に幕張メッセにて開催される国際放送機器展「Inter BEE 2012」に出展。同社ブース(ブース番号:8005)では画像処理関連ソリューションを展示し、本ソフトウェアのデモンストレーションも予定しているという。


[ Category : ]
[ DATE : 2012-10-16 ]
[ TAG : ]

関連記事

Avid、Media Composer v2021.6提供開始。「次/前のイベントへ移動」の挙動設定やビンステータスバーに合計のデュレーション表示に対応

Avidは、同社のノンリニアビデオ編集ソフトウェアMedia Composerの最新バージョンv2021.6をリリースした。最新バージョンは同社Webサイトよりダウンロード可能。 ... 続きを読む

キヤノン、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村に「Photo Studio」を出店

キヤノンは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下:東京2020大会)の開催期間中、選手村ビレッジプラザ内に「Photo Studio」を出店し、フォトサービスおよ... 続きを読む

ソニー、「FX3」についてのトークショーをライブ配信で実施

ソニーは、2021年6月21日に、同社のCinema Lineシリーズ最小最軽量のフルサイズセンサー搭載カメラ「FX3」についてのトークショーを東京映像部(カメラ公式)Instag... 続きを読む

Avid製品導入事例:NBC Olympicsの東京オリンピックコンテンツ制作・メディア管理ワークフロー

Avidの発表によると、NBC Sports Groupの一部門であるNBC Olympicsは、2021年7月23日から8月8日まで東京で開催される第32回オリンピック競技大会の... 続きを読む

アストロデザイン、ライブ配信スタジオ機能を兼ね備えた「オフグリッドスタジオATOM’S」発表。トムスと共同で企画・開発

アストロデザイン株式会社は、株式会社トムスと共同で企画・開発した「オフグリッドスタジオATOM’S(アトムス)」(以下:ATOM’S)を発表した。販売総代理店としてトムスが、代理店... 続きを読む

ライカ、1インチセンサー搭載スマートフォン「LEITZ PHONE 1」をソフトバンクより発売

ライカカメラ社は、スマートフォンとして最大級の1インチセンサーを搭載した、ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」をソフトバンクより発売する。 スマートフォンと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. みずほ情報総研、 次世代動画像符号化方式HEVCのストリーム解析ツールを開発