PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入
News

1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入

#4K #Ultra HD

2013-05-10 掲載

全世界の4K(3840×2160)テレビ市場規模が1250万台規模にまで急成長すると予想され、中国のTVメーカーは本格的な動きを開始した。彼らの市場戦略は、今回も価格競争力である。

中国では国内連休(労働節)に合わせ、TCLやスカイワースが安価の4K TVを発売した。TCLは、55インチ4K TV「E5690」をCNY$9,999(1600米ドル、約16.4万円)、スカイワースは39インチの4K TVを既存の42インチ1080p HDTVを同価格のCNY$3,999で販売するという。いずれもパネル解像度は3840×2160(Ultra HD, UHD)。

中国で大手メーカーのTCLは米国にもTCLおよびRCAブランドとして製品を投入しており、今回の4K TVも米国市場にも同価格で投入する予定。1600ドルは現在同社が米国で販売している55インチの1080p HDTVと同じ価格になる。

E5690はクラウドテレビというキャッチのとおりスマートTVのモデルとなる。デュアルコアCPU、クアッドコアGPUプロセッサおよびAndroid 4.2 OSを搭載し、HDから4Kへのスケールアップにも対応するという。3Dはアクティブシャッター方式。

業界生産ラインの情報に強い台湾のDigiTimesによると、TCLの子会社であるCSOT(China Star Optoelectronics Technology:華星光電)では55インチの4K UHDパネルを、現行のフルHDパネルの2.1倍の価格で中国テレビメーカーに販売を始めているという。Innolux社といった国内のほかパネルメーカーの提示価格はHDパネル比2.3-2.5倍であり、CSOTの提示価格は今後、国内以外にも台湾のパネル生産ラインへも影響すると見られる。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-05-10 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Blackmagic Design製品事例:スイス・有料テレビネットワーク「Teleclub」の場合

Blackmagic Designの発表によると、スイスの主要有料テレビネットワークであるTeleclubが、リニアチャンネルおよびペイ・パー・ビュー方式のスポーツ生中継番組の視聴... 続きを読む

モルフォのアップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」が映画「チア男子!!」の動画配信向け4K映像の制作に採用

アップスケーリング技術「Morpho Super-Zoom」の例 株式会社モルフォは、5月10日に公開された映画「チア男子!!」に関し、今後計画されている動画配信サービス向け... 続きを読む

GoPro、「HERO7」シリーズ3機種を発表

写真左から「HERO7 White」、「HERO7 Black」、「HERO7 Silver」 GoProは、2018年9月20日に「HERO7」シリーズとして、「HERO7... 続きを読む

ケイ・オプティコム、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、eo光テレビにてBS右旋4K放送の提供を開始

株式会社ケイ・オプティコムは、「新4K8K衛星放送」の開始に合わせ、2018年12月1日より「eo光テレビ」においてBS右旋4K放送の提供を開始する。 現在、ハイビジョン(2... 続きを読む

三友、KANDAOの180°3D映像と360°全球映像が撮影可能な小型4K VRカメラ「QooCam」を発売

三友株式会社は、同社が取り扱うKANDAO社製の180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」を2018年8月中旬に発売する。希望小売価格は税別49,800円。 ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. 1600ドル以下の中国製4K TVが市場に続々投入