PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. コンドーブロードキャスト、ファイルベースラウドネス測定補正ソフトウェア「eFF」のAPI提供開始
News

コンドーブロードキャスト、ファイルベースラウドネス測定補正ソフトウェア「eFF」のAPI提供開始

#ラウドネス #コンドーブロードキャスト

2013-05-20 掲載

株式会社コンドーブロードキャストは、英Emotion Systems社製ファイルベースのラウドネス測定補正ソフトウェア「eFF」と、メディアアセット・マネージメント(MAM)をインターフェイスするAPIの提供を、5月20日より開始した。

このAPIではアーカイブ、ライブラリで使用されているMAM装置と連動させて、アーカイブと同時にラウドネス測定・補正を行える環境が実現する。同社では、放送事業者向けのMAMを取り扱うシステムインテグレーターおよび製品開発会社とのコラボレーションも期待しているという。eFFは、ノンリニア編集機内およびビデオサーバ内といったネットワーク上で、ラウドネス値を測定、補正をリアルタイムの最大20倍速で処理できる、ARIB TR-B32準拠(デジタルテレビ放送番組におけるラウドネス運用規定)のラウドネス測定補正ソフトウェア。WindowsおよびMac OSに対応している。

XDCAM HD(4:2:2/4:2:0)、P2(ネイティブ)、MOV、MPEG-2、HDV、AIFF、AIF、WAVファイル形式に対応し、PCの内部ドライブ、ネットワーク上のリモートドライブ、USB、XDCAMドライブからデータを読み出して補正が行える。eFFには、機能に合わせて3モデル(eFF Measure、eFF Comply、eFF Enterprise)があり、本APIはエンタープライズモデル(eFF Enterprise)に対する有償オプションとなる。

APIを使うと、補正測定対象ファイル名の指定や、補正済のファイル関連の指定、リポート発生、動作中ステータスおよび補正測定結果の取得などの連携連動がeFFとMAM間で可能となる。

eFFは昨年の国内リリースから現在まで、NHKやイッツコム、ケーブルメディア四国など、国内16社以上の放送事業者様に導入されているという。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-05-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

上田ケーブルビジョン、コミュニティチャンネルのラウドネス対応

株式会社上田ケーブルビジョンは、同社のコミュニティチャンネルUCV1/UCV2の放送番組コンテンツをARIB TR-B32(ラウドネス運用規定)に適応させるために、エモーション・シ... 続きを読む

コンドーブロードキャスト、東北映像機器フェスティバルでメディアパワー社製品を国内初公開

6月5日(水)から二日間、宮城・仙台サンプラザホールで開催される「東北映像機器フェスティバル2013」では、49社が出展する。放送機器メーカーや代理店が4月のNAB2013にて登場... 続きを読む

コンドーブロードキャスト、メディアパワー社製品の国内販売を開始

株式会社コンドーブロードキャストは、代理店契約を4月に締結したMedia Power (本社:イタリア、以下メディアパワー社)製品の国内販売を開始した。同社がアジア圏内で最初の販売... 続きを読む

[NAB2013]eFFラウドネス測定補正システムがNHKに採用、NABにて高速パフォーマンスを披露

英エモーション・システムズ社が開発するファイルベースのラウドネス測定補正ソフトウェア「eFF」が日本放送協会(NHK)に導入された。 eFFは、ファイルベースでラウドネス値を解析す... 続きを読む

イッツ・コミュニケーションズ、自主放送設備のラウドネスARIB TR-B32対応完了

イッツ・コミュニケーションズ株式会社は、イッツコムチャンネルで放送する自主制作番組において、ファイルベースおよびベースバンド処理をARIB TR-B32ラウドネス(「デジタルテレビ... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. コンドーブロードキャスト、ファイルベースラウドネス測定補正ソフトウェア「eFF」のAPI提供開始