PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Autodesk Flame Premium 2014が登場
News

Autodesk Flame Premium 2014が登場

2013-09-13 掲載

オートデスクは、VFXソフトウェアのパッケージ最新版「Autodesk Flame Premium 2014」をIBC2013にて発表。2013年9月13日(金)より発売開始した。Flame Premium 2014は、「Autodesk Flame 2013 20th Anniversary Edition」、「Autodesk Smoke Advanced」、「Autodesk Lustre」のクリエイティブ機能を統合したパッケージ製品。2012年10月に発売した「Flame Premium 2013 20th Anniversary Edition」でサブスクリプション契約者のみに提供されたFlameのダイナミックなデスクトップ、エフェクトやタイムライン、Batch環境、Action 3Dコンポジティング環境を連携させ効率的なワークフローを実現したほか、Flameユーザの要望を取り入れた機能強化を行ったとしている。主な新機能は以下の通り。

■新しいクリエイティブツール
新しいオフセットモードでスタビライザーにおけるトラッキング精度の向上、さらに新しいマルチレイヤー3Dワーピングワークフローを搭載

■タイムライン編集のパファーマンス向上
GPU駆動型BatchパイプラインのReactor 2.0を採用し、アプリケーション全体で16ビット浮動小数点精度を実現。これにより、再生中のタイムラインでエフェクトのプレビューや整理を行い、GMasksやシングルレイヤーのActionなど、より多くのエフェクトツールが利用可能。また、タイムラインコンポジションをBatchツリーに直接変換することで、プロジェクトを迅速かつ効率的に繰り返すことが可能

■グレーディングの強化
Lustre ShotReactorを新規に採用。また、リアルタイムカラーグレーディング機能によりバックグラウンドレンダリングが向上し、画像処理の高速化が実現

IBCのオートデスクブースにて展示およびデモ行っている。ブースの様子は同社Webサイト「AREA」でライブストリーミング配信が行われている。


[ Category : ]
[ DATE : 2013-09-13 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ビジュアル・グラフィックス、AUTODESK FLAME 2019オンラインセミナーを開催

ビジュアル・グラフィックス株式会社は、2018年6月14日(木)にAUTODESK FLAME 2019のリリースイベントとしてオンラインセミナーを開催する。開催時間は14:00~... 続きを読む

オートデスク、トークイベント「Redshift Live」を開催

オートデスクは、2018年6月7日(土)に「Redshift 日本版」の企画によるトークイベント「Redshift Live」を東京・永田町グリッドで開催する。同イベントは抽選によ... 続きを読む

オートデスク、“創造の未来”をテーマにしたギャラリーイベント「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」を開催

オートデスク株式会社は、デザインや設計、エンジニアリングのストーリーを集めたギャラリーイベント「Autodesk Gallery Pop-Up Tokyo」を2015年10月23日... 続きを読む

[NAB2015]オートデスク、3DCGアニメーション制作ソフトウェアの新バージョンを4月16日より提供開始

Autodesk 3ds Max。MAXクリエーショングラフ機能の画面 オートデスク株式会社は、「Autodesk Maya 2016」および「Autodesk 3ds Ma... 続きを読む

オートデスク、3Dアニメーション/モデリング向けソフトウェア「Autodesk Maya LT」の新バージョンを3月27日より提供開始

オートデスク株式会社は、モバイルゲーム開発用3Dアニメーション/モデリング向けソフトウェアの新バージョンとして「Autodesk Maya LT 2016」を3月27日より発売する... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. Autodesk Flame Premium 2014が登場