PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2013]朋栄ブース:4Kカメラ「FT-ONE」をはじめ多くのソリューションを展開
Special

[InterBEE2013]朋栄ブース:4Kカメラ「FT-ONE」をはじめ多くのソリューションを展開

2013-11-19 掲載

朋栄ブース 4Kソリューションを展開

フル4K バリアブルフレームレートカメラ「FT-ONE」

interbee2013_for-a-02.jpg

フル4K解像度でのスーパースロー撮影が可能な高速度カメラ「FT-ONE」

注目は4Kで最大で秒間900コマまでの撮影ができるバリアブルフレームレートカメラ「FT-ONE」だ。ブースではカメラステージが設けられていて、その中でダンサーが踊るシーンを撮影して、即スローモーションで確認ができるというようなデモが行われていた。最大900コマまでの撮影が可能で、速度可変にも対応する。

interbee2013_for-a-03.jpg こちらは光ファイバー搭載モデル「FT-ONE-OPT」。光カメラケ−ブルを使用して長距離伝送が可能

秒間900コマで4K撮影できる時間は9.4秒。9.4秒撮影したら中のメモリを書き出すのだが、その方法は2種類ある。1つはカメラに内蔵されているSSDカートリッジを取り出してカートリッジドッキングステーション「FT-1CDS」を使って転送する方法。もう1つはカメラの中に記録した9.4秒分の映像をQFHDの4チャンネルの3G-SDI信号としてカメラから出力する方法だ。デモに使われていたFT-ONEはSDIモデルのほか、新しく登場したカメラで撮った信号をQFHDの信号を光ファイバーで伝送できるシステムを内蔵したモデル光ファイバー搭載モデル「FT-ONE-OPT」も実演が行われていた。

interbee2013_for-a-04.jpg

カメラコーナーでは、ステージ上で踊るダンサーを4Kのハイスピードで撮影するデモが行われていた

FT-ONE-OPTは1kmまでならば電源供給が可能という特徴をもっている。電源を使わない場合は2kmまで映像伝送が可能だ。切り出し装置も展示されていて、4Kで撮影された映像の中から、「ここがほしい」というHDに相当するエリアを選択すると、その部分をHD信号として出力ができる。現状のHDのインフラにもすぐに使えるのもポイントだ。

interbee2013_for-a-05.jpg

右からリモートコントロールユニットの「FT-1RU」、リモートコントロールパネルの「FT-1RCP」、長距離の映像伝送が必要な際に使用する「FT-1BS」

FT-ONEが実際に使われている現場の例を聞いてみると、一番多いのはスポーツとのことだ。スポーツのイベントなどを4Kで撮ってパブリックビューイングのような大きな画面で見るとか、放送に使うのであるならばダウンコンバートしたものを出力して使用されているという。特に4Kで撮ったものをHDにダウンコンバートした映像というのはHDで撮った映像よりも綺麗というメリットがあることもアピールしていた。

interbee2013_for-a-06.jpg

下の段の右はFT-ONEの設定をスムーズに行うための専用リモートコントロールユニット「FT-1RU」、左はFT-ONEの映像調整をリアルタイムで遠隔地から行えるリモートコントロールパネル「FT-1RCP」

interbee2013_for-a-07.jpg

右のユニットはFT-ONEのSSDカートリッジと汎用PCをUSB3.0で接続するカートリッジドッキングステーション「FT-1CDS」

HD/SDポータブルビデオスイッチャ「HVS-XT100」「HVS-XT110」

interbee2013_for-a-08.jpg

下がHD/SDポータブルビデオスイッチャ「HVS-XT100」のコントロールパネル。上が本体

スイッチャーの新製品が2モデル展示されていた。2モデルは基本性能はでどちらも一緒で、入出力に若干の違いがある。「HVS-XT100」が本体とコントロールパネル分離型でHANABIシリーズ最小のモデルとなる。HVS-XT100のビデオ入力は標準8系統、ビデオ出力は標準4系統で、本体の拡張スロットで数を増やすことができる。対応カードには、HD/SD-SDI増設やアナログビデオ信号の入力または出力、HDMIまたはVGA端子の増設などの種類がある。

interbee2013_for-a-09.jpg

コンパクトな一体型モデルのHVS-XT110

一方、HVS-XT110は、本体とコントロールパネルの一体型だ。拡張はできないかわりにビデオ入出力は12入力8出力を搭載している。それ以外のキーヤーやDSK、DVEの数などは共通となっている。共通の機能の中で特徴的なのが、Webサーバを内蔵している点だ。GUIコントロールと呼ばれる機能を使って、ネットワーク経由でPCからHVS-XT100/XT110の設定変更が可能だ。例えばだが、HVS-XT100は本体だけの販売の販売を予定していて、コンパネを買わずに本体だけを購入してGUIコントロール機能を使ってスイッチャーをコントロールすることもできる。

interbee2013_for-a-10.jpg

ネットワーク経由でWebブラウザからHVS-XT100やXT110の設定変更が可能だ

マルチチャネルシグナルプロセッサ「FA-1010」

interbee2013_for-a-11.jpg

ビデオ入力×10、出力×10もの多チャネルルーティングが可能なフレームシンクロナイザー

多チャネルルーティング(ビデオ入力x10・出力x10)をも可能にするフレームシンクロナイザー。この筐体に10系統のフレームシンクロナイザーが入っているほかに、カラコレも10系統。なおかつ、ビデオ、オーディオともにクリーンスイッチが可能。もしFA-1010を使わないで別のユニットで組むとなると、ルータが1U、FSが10U、タイムコードジェネレーターが1Uなど合計13Uぐらいにはなってしまうが、それらを1Uに集約できるということで、放送局の方には結構ウケがいいそうだ。

マルチチャネルインジェストプレイアウトサーバ「MBP-500VS」

interbee2013_for-a-12.jpg

初公開されたマルチチャネル対応インジェスト&プレイアウトサーバー「MBP-500VS」シリーズ

ファイルベース関連製品では、マルチチャネルインジェストプレイアウトサーバの「MBP-500VS」がInter BEEで初公開されていた。ビデオのインジェスト、取り込みでも使用できるし、ビデオの送出でも使用できる。どちらでも対応できるファイルベースシステムの核になる製品ということで注目の存在だった。SDI入出力は内部ハードウェアの組み合わせにより、4/8チャネルの入出力構成が可能だ。例えば4つのチャンネルをすべてインプットできたり、アウトプットすることもできる。4つの口を全部インプットにすると、ビデオの信号を並列にファイル化するということができるといった感じだ。また、ラインナップによって異なるが、744GBのSSDを内蔵していて、最大4.3TBまで増設が可能となっている。

interbee2013_for-a-13.jpg

このようなインターフェイスで送出の管理を行う

素材ファイル管理オプションソフトウェア「LTS-MAM」

interbee2013_for-a-14.jpg

「LTS-60」を「LTS-MAM」からアクセスして管理をしている様子

動画素材を管理できるLTOサーバ「LTS-50/LTS-60」の素材ファイル管理オプションソフトウェア「LTS-MAM」が展示されていた。こちらも新製品だ。従来は素材ファイルを管理するのに大きなサーバを買ってネットワークを構築するような大規模なシステムが必要だった。

interbee2013_for-a-15.jpg

こちらは「TS3200」と「LTS-MAM」を接続した例

LTS-MAMを使えばそんなシステムは必要なくなるというもので、「LTS-50」や「LTS-60」とLANに接続されたPC/Mac上のWebブラウザを使ったインターフェイスで素材ファイルの登録、検索、再利用、管理ができるようになるというものだ。特別外に余分な機械を追加することないというのはメリットだろう。部署単位で使うような小規模アーカイブに最適な商品とのことだ。もう少しアーカイブの規模を大きくしたいという場合は、IBM製LTOオートローダーTS3100またはTS3200で拡張できるようになっている。

interbee2013_for-a-16.jpg

テープライブラリーのデモも行われていた

24本のLTOテープを内蔵することができるというものだ。さらにブースには巨大なテープライブラリーというのも展示されていた。ローダーの中を見ると、LTOのテープのドライブがあって、ずらっと並んでいる中からLTOテープを見つけ出してドライブに入れて中の指定の素材を読み出すというデモがおこなわれていた。こちらは、最大2万時間の映像をライブラリに保存できるとのことだ。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2013-11-19 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2015]朋栄ブース:創立45周年を迎え、新たに”FOR-A World of Possibilities”をテーマに掲げ多数新製品ソリューション出展

2015年10月に創立45周年を迎えた朋栄は新たに「FOR-A World of Possibilities(無限の可能性に向けて)」をテーマに掲げ、各種ベースバンド機器、テロップ... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.08 GoPro,Blackmagic Production Camera 4Kなど、注目のカメラを紹介!―江夏由洋

Go Proの魅力にフォーカス! 江夏的気になるブースから… ■GoPro 2013年、全世界でビデオカメラ販売台数がSONYに次いで第2位となったのがGoProだ。... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.07 これからは4K放送に行く? Blackmagic Designに期待―小寺信良

今回のBlackmagic Design(以下BMD)ブースツアー、お楽しみ頂けただろうか。“サムライなのにあんまり切ってない”と不満の声もあると聞いているが、製品のできと価格... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.06 “4K営業開始!”ところでどこで放送するの?そりゃ地上波でしょ―江口靖二

明らかに4Kはリアリティだ! 今年のInterBEEをひと言で言えば、「4K営業開始!」だったと思う。これまでの4Kの紹介とか、ここまでできますとか、課題はこうですとかいった... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.05 4K放送の未来とは?―小寺信良

InterBEE2013最終日の11月15日は、次世代放送推進フォーラム(NEXTV-F)事務局の元橋氏圭哉さんをゲストにお迎えして、”4K放送が始まるとどういう未来になるのか... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.04 4Kで撮影・編集。4Kのワークフローを紹介―江夏由洋

始まった4K。撮影、編集、記録、プレイアウトと課題は山積み! 今回のInterBEEの大きなキーワードは「4K」である。実際に4Kという言葉は昨年も大きく取り上げられていたの... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.03 日本初公開!6Kセンサー搭載EPIC DRAGON登場!―石川幸宏

いよいよ4Kの夜明けが来たが… 開発当初から4K制作を睨んで開発を進めて来たRED DIGITAL CINEMA。ついに実装された、6K DRAGONセンサー搭載の『EPIC... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.02 4Kの登場、OVER HD時代の幕開け―石川幸宏

会場全体に“4K”の文字が躍る、今年のInterBEE2013 各社が提案する業務用4Kモニター各種 会場全体に“4K”の文字が躍る、今年のInterBEE2013。2020年... 続きを読む

[BrushUP! InterBEE2013]Vol.01 ソニーに見る今年の4Kとは?!―岡英史

4Kはもはや当たり前! 昨年のInterBEEは、シネマやCM等の制作サイドにおける高解像度カメラとしての4Kが前面に打ち出されていたが、2013年、4Kは既に当たり前。それ... 続きを読む

特集記事

ARRI, my love ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021 SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2013]朋栄ブース:4Kカメラ「FT-ONE」をはじめ多くのソリューションを展開