PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve/Teranex 2D Processor事例:ドキュメンタリー「Super Duper Alice Cooper」の場合
News

DaVinci Resolve/Teranex 2D Processor事例:ドキュメンタリー「Super Duper Alice Cooper」の場合

2014-03-11 掲載

Blackmagic Designの発表によると、トロントに拠点を置くBanger Filmsが、アリス・クーパーの人生に焦点を当てたドキュメンタリー「Super Duper Alice Cooper」の制作にTeranex 2D ProcessorおよびDaVinci Resolveを使用しているという。同作は、アメリカ合衆国ではトライベッカ映画祭2014にて、プレミア上映が決定しており、世界各国でも商業上映される予定だ。

Banger Filmsは、これまでにアメリカのケーブルテレビ・チャンネル、VH1の「Metal Evolution」シリーズや、数々の賞を受賞した「Iron Maiden: Flight 666」、そしてトライベッカ映画祭2012で観客賞を受賞した「RUSH:Beyond the Lighted Stage」などを手がけており、音楽ドキュメンタリーの分野において最も評価の高いスタジオだ。

Banger Filmsは、過去50年の間に使用されたあらゆるフォーマットのフッテージを扱わなければならず、これらのファイルを最終的にすべて1080p HDプロジェクトに移した。すべての変換には、Teranex 2D Processorが使用された。Banger Filmsが制作するすべてのドキュメンタリーでオンライン・エディター兼技術監督を務めるアンドリュー・コワルチュク氏は次のようにコメントしている。

コワルチュク氏:すべてのフッテージは、Teranexを使用して変換しました。最初はアップコンバートすることで多くのフッテージが見るに耐えない映像になってしまわないかと心配だったのですが、Teranexはすべてのフッテージを問題なく変換できました。しかも、設定は非常にシンプルで、アーカイブ映像を入力して適切なボタンを押すだけでした。

Teranexはハードウェアベースの変換ですが、私が「Flight 666」や「Rush」で使用したソフトウェアベースのソリューションと比べても、非常にスピーディかつ簡単に多くの変換を行うことができました。

Teranexでは変換プロセスを完全にコントロールできます。ストックハウスから状態の悪い変換フッテージが送られてきた場合、私はNTSCやPALのマスターを受け取って自分で変換しました。自分で設定して自分で変換できる点は素晴らしいですね。

130925_teranex.jpg

Teranex 2D Processor

コワルチュク氏:アリスはビッグスターなので、ファンが撮影した非常にユニークだけれども扱いづらい映像もいくつかありました。中でも最も難しかったのは、70年代にニューヨークシティで、バーから出て来るアリスにある男性がインタビューした映像でした。この映像は、旧型の半インチ・オープンリールカメラで撮影されており、画質は最悪でした。しかしTeranexはこの映像を簡単に蘇らせてくれたのです。

アリス・クーパーの人生をフィルムで再現するにあたり、Banger Filmsは、同作のトーンを1920年公開の無声映画、「狂へる悪魔」のスタイルにマッチさせることにした。「狂へる悪魔」のストック・フッテージは同作でも使用されている。このスタイルを設定し、ストック・フッテージをマッチさせるため、Banger FilmsはDaVinci Resolveでカラーコレクションを行った。多くのストック・フッテージで大規模な作業が必要だったため、Banger Filmesは最終的なポスプロまで待たずに、Teranexaで変換したそれぞれのフッテージすべてにカラーコレクションを施した。

コワルチュク氏:かなり速い段階で、同ドキュメンタリーで採用する色を決定しました。ストック・フッテージが次々と送られてきたので、まずTeranexで変換し、次にDaVinci Resolveでカラコレしてからグラフィック担当者に送るという流れでした。つまり、カラコレは常に行われていたのです。ショットを受け取ってそのつどDaVinci Resolveを使えるので非常に便利でしたね。それぞれのフッテージを異なるポスプロスタジオに持ち込んでカラコレしなくてすんだので、時間を大幅に節約できました。Resolveがなければ、これほどスムーズに作業を進めることはできなかったでしょう。


[ Category : ]
[ DATE : 2014-03-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

I’m Fine (Thank You For Asking)

Blackmagic Design製品事例:SXSW出品長編映画「I’m Fine (Thank You For Asking)」の場合

Blackmagic Designの発表によると、今年のSXSWでプレミア公開されたインディーズの長編映画「I’m Fine(Thank You For Asking)」(原題)が... 続きを読む

ATEM Switchers 8.6.1メイン画像

ブラックマジックデザイン、接続方法の優先順位を選択できる機能を追加したATEM Switchers 8.6.1を公開

Blackmagic Designは、ATEM Switchersのソフトウェアアップデート8.6.1を公開した。同社Webサイトよりダウンロード可能。 ATEM Switc... 続きを読む

URSA Mini Pro 12K事例記事

Blackmagic Design製品事例:CBCのオリジナルシリーズ「Arctic Vets」の場合

Blackmagic Designの発表によると、CBCのオリジナル新シリーズ「Arctic Vets」が、デジタルフィルムカメラURSA Mini Pro 12Kを使い、Blac... 続きを読む

La Inquilina

DaVinci Resolve Studio事例:2021 HPA Tech Retreat Supersession短編「La Inquilina」の場合

Blackmagic Designの発表によると、2021 HPA Tech Retreat Supersessionの短編「La Inquilina」の編集、グレーディング、オー... 続きを読む

SHOWCASE

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K事例:バイアコムCBS「SHOWCASE」の場合

Blackmagic Designの発表によると、映画監督、コメディアン、シンガー、女優であるシャノン・デヴィード氏が、Blackmagic Pocket Cinema Camer... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. DaVinci Resolve/Teranex 2D Processor事例:ドキュメンタリー「Super Duper Alice Cooper」の場合