PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014:FREEFLY SYSTEMS]スタビライザーに力を入れた展示。新製品MoVI M15も発表
Special

[NAB2014:FREEFLY SYSTEMS]スタビライザーに力を入れた展示。新製品MoVI M15も発表

2014-04-14 掲載

FREEFLY SYSTEMSブース動画

FREEFLY SYSTEMSブースレポート

FREEFLY SYSTEMSは、CineStarという空撮用ラジコンヘリに3軸ジンバルブラシレスモータースタビライザーを搭載したシステムで、こういった空撮システムの会社としては老舗ともいえる存在だが、最近ではMoVI M5やMoVI M10といったスタビライザーにも力を入れているようで、今回MoVI M15というより搭載重量の大きなシステムを発表した。さらにコントロールシステムとしてズームやフォーカス、アイリスの制御も可能なリモートシステムも発表した。

スタビライザーは空撮だけでなく手持ち撮影やラジコンカー、バイクなど従来ステディカムの領域だった範囲もカバーすることができるため様々な応用が可能なほか、ステディカムとの組み合わせで、さらに撮影領域を広げることも可能だ。ブースでもステディカムと組み合わせてバイクに装着したシステムやラジコンカーなどのほか、手持ち用として両手、片手など様々なシステムが披露された。こうしたスタビライザーは実際に手にとって体験しないとその効果やフィーリングなどがわからないため、ブースでは様々なシステムを揃え、そのほとんどがハンズオンできるようになっていた。

NAB2014_FreeFly_01.jpg

より重いカメラにも対応したMoVI M15。その分強力なサーボが必要となりバッテリーも2個装備される

NAB2014_FreeFly_02.jpg

MoVI 5/10/15に対応した新しいコントローラー。ズームやフォーカス、アイリスなどのレンズコントロールも可能

NAB2014_FreeFly_03.jpg

リング状グリップ仕様のMoVIシステム

NAB2014_FreeFly_04.jpg

クレーン撮影でも無線でカメラコントロールが可能なので、手元操作だけでなく被写体の動きに合わせて別のオペレータがきめ細かな操作を担当することが可能

NAB2014_FreeFly_06.jpg

バイクの後部にステディカムを使って搭載。バイクの振動をステディカムで吸収し、カメラの安定やレンズ操作などをMoVIのシステムが担当

NAB2014_FreeFly_07.jpg

新たに開発されたリモートシステム。画像の確認からスタビライザーのコントロール、レンズ周りの操作などを行うことができる


[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-04-14 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

特集記事

GH world
正式に発表されたパナソニック「GH5 II」と「GH6」。実機やインタビューを通して、GHシリーズの今後の展開を占う。
Virtual Production Field Guide Season2
バーチャルプロダクション特集のSeason2。引き続き国内の最新の動向やワークフローを追う。
ARRI, my love
映画機材界の雄であるARRI。日本での販売拡大に注目されるARRIの歴史から実用例までフィーチャーする。
SXSW2021
3/16~20日にオンライン開催となった「SXSW2021」をレポートする。
Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [NAB2014:FREEFLY SYSTEMS]スタビライザーに力を入れた展示。新製品MoVI M15も発表