PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [NAB2014]Codexからハイエンド向けPOVが登場〜ダイナミックレンジ、フル60fps、12bit RAW収録
News

[NAB2014]Codexからハイエンド向けPOVが登場〜ダイナミックレンジ、フル60fps、12bit RAW収録

2014-04-17 掲載

Codex社からハイエンド向けのアクションカムがNAB2014にて発表された。

アクションカム「Codex Action CAM」は、ヘッド部位とCCR(カメラコントロールレコーダー)のセットシステムになる。CCRは、カメラコントロールとCodexディスクレコーダーを搭載。ヘッド部位は、ARRI ALEXAのシステムコアを担当したドイツのsolextrix社との共同開発とのことだ。

ヘッド部分は45x42x53mmのキュービック型でCCRは83x139x188mmと最少サイズ。カメラヘッドとベースユニットとは同軸(CoaXPress)ケーブルで接続し、最長180mまでの遠隔制御ができるとしている。

単一Kodak 2/3 CCDセンサー(グローバルシャッター方式)を採用、13.5ストップのダイナミックレンジを有する。被写体照度範囲は、2000ルクス@f8.0/0dBゲインから160ルクス@f2.2/0dBゲインと低照場所でも低ノイズで収録できる能力を持つ。1080p/60fps対応。標準レンズマウントはCマウント(EF、PL、B4マウントはオプション)。

140417_codex-3d.jpg

CCRは、カメラヘッドを2個接続できるため3Dカメラとしても利用できる。出力は3G-SDI、4:4:4/4:2:2。記録は14bit DSPにより、12-bit RAWで非圧縮からApple ProRes 4444/422 HQ、AVC配信に対応する。GPIトリガー、ゲンロック、LTC、RS-422のほか、ARRI RSパルスに対応できるため、メインのシネマカメラとシンクロできるという。

出荷は2014年初夏の予定。価格は発表されていないが、GoProレベルからはるかに超えた価格となることは間違いない。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-04-17 ]
[ TAG : ]

関連記事

URSA Mini Pro 12K事例:ドラマ「Station 19」の場合

Blackmagic Designの発表によると、ABC Signature/Shondaland制作の「Station 19」が第4シーズンのエピソード「Comfortably ... 続きを読む

IMAGICAエンタテインメントメディアサービス、国内初となるDTS:X対応試写環境を導入

株式会社 IMAGICAエンタテインメントメディアサービスは、Xperi Holding Corporationの完全子会社であるDTS Japan(以下:DTS)の協力により、東... 続きを読む

アドビ、3D CGソフト「Adobe Substance 3D Collection」発表。本格的な3D製品スイートをラインナップ

Creative Cloudコンプリートプランとは別プランとして提供される「Adobe Substance 3D Collection」登場 アドビは、3D製品ラインナップ「... 続きを読む

アスク、AJA Ki Proシリーズ製品用メディアリーダー「BlackJet VX-1P」バンドルモデル発表

株式会社アスク メディア&エンタープライズ事業部(アスク・エムイー)は、2021年6月23日からAJAのKi Proシリーズ製品用メディアリーダー「BlackJet ... 続きを読む

IBC 2021、事前来場登録の受付開始

IBCは、2021年12月3-6日、アムステルダムRAIコンベンションセンターにて開催するIBC 2021の事前来場登録の受付を開始した。 登録には無料の「ビジターパス」と、... 続きを読む

GoPro、「Open GoPro」APIを発表

GoProは、HERO9 Blackのファームウェアアップデートv1.6のリリースに伴い、サードパーティーのデベロッパーがHERO9 Blackを自身のソリューションに組み込むこと... 続きを読む

  1. トップ
  2.  > 
  3. ニュース
  4.  > 
  5. [NAB2014]Codexからハイエンド向けPOVが登場〜ダイナミックレンジ、フル60fps、12bit RAW収録