PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニー、質量約63gの小型ウェアラブルカメラ「HDR-AZ1」を発売。現行機比約30%減のコンパクトサイズ

News

ソニー、質量約63gの小型ウェアラブルカメラ「HDR-AZ1」を発売。現行機比約30%減のコンパクトサイズ

2014-10-07 掲載

ソニーは、身体やヘルメットなどに装着し、スポーツシーンやアウトドアで撮影できる小型軽量ウェアラブルカメラ “アクションカム ミニ”「HDR-AZ1」と、新ライブビューリモコンを同梱したキットモデル「HDR-AZ1VR」を2014年10月24日に発売する。希望小売価格はオープンで、市場想定価格はHDR-AZ1が税抜31,500円前後、HDR-AZ1VRライブビューリモコンキットが税抜41,000円前後。

HDR-AZ1は、現行機(HDR-AS100V)ではカメラ本体に搭載していたGPS機能を新ライブビューリモコン(HDR-AZ1VRに同梱)に搭載したことで小型・軽量化を実現。奥行き約74.0mm・幅約24.2mm・高さ約36.0mm、質量約63g(バッテリー装着時)で、質量・体積ともに現行機比約30%減の小型・軽量化を実現したとしている。

141007_RM-LVR2V 新型ライブビューリモコン

GPSを搭載した新ライブビューリモコンは、カメラの画角確認や録画のスタート/ストップ、カメラ本体の設定変更などの操作が可能。カメラ内コンテンツの再生・削除も可能だ。1台のライブビューリモコンから、最大5台のアクションカムの接続にも対応する。

本体はIPX4相当の防滴性能で、雨の日や水しぶきのかかるアクティビティでもケースなく本体のみで使用できる。同梱のウォータープルーフケースを装着すると、サーフィンやカヤックなどの水上での撮影や、衝撃が気になるシーンでも使用可能。

画像処理エンジンにはBIONZ X、撮像素子には有効約1,190万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R、レンズは超広角約170度のZEISS テッサーレンズを採用。記録形式はMP4に加えて、XAVC S記録方式にも対応し、フルHD(1920×1080)60pの50Mbpsハイビットレートでの撮影や、120pのハイフレームレート動画撮影も可能。有効約1,190万画素の静止画撮影機能や被写体の動きを定期的に撮影可能なインターバル静止画機能も搭載している。

様々なブレに対応した手ブレ補正機能も搭載しており、歩行時に生じやすい大きなブレから、自転車やバイクの走行時に生じる小刻みな振動による細かなブレなど、各種のブレに合わせた補正が可能だ。

141007_sony_HDR-AZ1VR ライブビューリモコンキット「HDR-AZ1VR」のセット内容

HDR-AZ1はライブストリーミング機能によるUSTREAM配信にも対応。配信スタート時にあらかじめ設定したSNSへ配信開始のメッセージを送信できるほか、視聴者の有無の確認や、配信した映像をメモリーカードに記録することも可能だ。また、同社が無償提供する編集ソフト「Action Cam Movie Creator」の「ルート・速度表示」では、GPS搭載ライブビューリモコンによりファイルに記録された位置情報を読み込み、撮影した軌跡やスピードメーターを動画に表示可能。最大4つの動画を組み合わせて1つの動画ファイルを生成できる「マルチビュー」や、ハイスピード録画で記録した動画のスロー編集などが行える。


[ Category : ]
[ DATE : 2014-10-07 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ソニー、RX0の複数台撮影の表現を広げるカメラコントロールボックス「CCB-WD1」を発売

ソニーは、PCからLANケーブル経由でカメラコントロールが可能なカメラコントロールボックス「CCB-WD1」を2018年2月16日に発売する(受注の予約開始は1月19日13時より)... 続きを読む

ソニー、小型軽量なAPS-Cズームレンズ「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」を発売

ソニーは、APS-C対応のα Eマウントレンズとして、小型軽量(最大径67.2mm×長さ88mm、質量約325g)で広角18mmから望遠135mmまで(35mm判換算で27-202... 続きを読む

[InterBEE2017]ソニーブース:UHC-8300やVENICEを展示。有線式ドローンシステムも参考出品

ソニーブース動画 ソニーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版... 続きを読む

[InterBEE2017]ソニー、4K映像を高効率に圧縮可能なビデオフォーマットXAVC QFHD Long 422 200Mbps対応コーデックチップを開発

ソニーは、2018年にBS4K実用放送の開始に向けて、4K映像を圧縮できるビデオフォーマットXAVC-L422 QFHD 200(正式名称:XAVC QFHD Long422 20... 続きを読む

[InterBEE2017]ソニー、2/3型3CMOSイメージセンサー搭載のHDポータブルカメラ「HXC-FB80」、4Kアップコンバート出力対応のカメラコントロールユニット「HXCU-FB80」を発表

HDポータブルカメラ「HXC-FB80」 ソニーは、2/3型3CMOSイメージセンサー搭載の3G伝送対応HDポータブルカメラ「HXC-FB80」と、4Kアップコンバート出力に... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニー、質量約63gの小型ウェアラブルカメラ「HDR-AZ1」を発売。現行機比約30%減のコンパクトサイズ