PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 1000fps+超ハイスピードモーションカメラが6万円台で手のひらに

News

1000fps+超ハイスピードモーションカメラが6万円台で手のひらに

2014-10-17 掲載

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/10/141016_fps1000-frame-rates-cinescopophilia.jpg
※画像をクリックすると拡大します

“fps1000スーパースローモーションミニカメラ”は、その名の通り、秒間1000枚以上撮影可能なビデオカメラだ。英国出身のグラハム・ロワン氏は、ハイスピードカメラを安価で市場に出すことを目的にキックスターターで製品を紹介。公開48時間後には目標額を超えてしまい、現在は4倍以上の1500万円近くまで資金を集めることに成功している。

fps1000のモデルはSILVER(シルバー)、GOLD(ゴールド)、PLATINUM(プラチナ)の3種類が揃う。モデルによって搭載されているセンサーサイズ(グローバルシャッター付き)が違うため、fps1000の持つ秒速フレーム値はモデルによって変わる。たとえば一番廉価なSILVERでは640×480で840fps、PLATINUMでは1500fps。ちなみに64×64であれば16,500fpsまで可能だ。


本カメラのCPUにはARM Cortex-M4を採用。映像処理にはCPUだけでなく、ハードウェアパワーを利用している。

141016_fps1000-9

GoProと同じくらいの手のひらサイズで、Cマウントを採用し、50mm 1.4レンズが実装されている。10bitカラーでもモノクロでも撮影可能。タッチスクリーンLCD搭載、外部インターフェイスにはUSB2.0ポート、micro SDスロット(最大32GB)を持つ。画像はRAWフォーマットで処理される。

141016_sencer

現在は汎用のプラスチック製のケースだが、プロフェッショナルカメラのような頑強なマテリアルを採用することを検討しているという。

価格は、SILVERが£349+送料£10(約6万円)で、GOLDが£649(約11万円)、£999(約17万円)。11月6日までキックスターターで初期注文を受付している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-10-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

KICKSTARTERとShort Shorts Film Festival & ASIA、ピッチイベント「Kickstarter Film Seed Challenge」を開催

KICKSTARTERとShort Shorts Film Festival & ASIAは、2018年10月26日(金)に東京・六本木にあるSuper Deluxe Roppon... 続きを読む

Vyu360 4K 360°アクションカメラ、速攻資金調達達成。クリスマスシーズン前に299ドルで発売へ

米Vyu360がキックスターターで資金調達を開始したのは10月17日。それから24時間経たない内に目標額を達成し、商品化する全方位4Kアクションカメラ「Vyu360 4K VR 3... 続きを読む

YouTuberやブロガー向けトラッキング撮影対応スマホマウントPicbot

スマートフォンで静止画や動画を撮影する際に、被写体を自動追跡し撮ってくれるガジェットがキックスターターに登場した。米カリフォルニアにオフィスを置くStackedが資金調達に出したP... 続きを読む

Foolographyのアンリーシュ、Bluetoothドングル+スマホでDSLRをフルリモート制御

独Foolography(フーログラフィ)がキックスターターに公開した、スマートフォンでキヤノン製とニコン製のデジタル一眼レフカメラ(DSLR)をリモート制御する「Unleashe... 続きを読む

スマートフォンに装着するデジタル顕微鏡が5月にリリースへ。400倍率のミクロの世界をモバイルで

先月末にスペインで開催されたMWC(Mobile World Congress)で、新製品として発表されたスマートフォン用のデジタル顕微鏡「Nurugo Micro」を紹介する。N... 続きを読む

トップ > ニュース > 1000fps+超ハイスピードモーションカメラが6万円台で手のひらに