PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2014]三友、3Dサイネージやメディカル現場に向けた最新鋭の裸眼4K3D液晶ディスプレイを初公開

News

[InterBEE2014]三友、3Dサイネージやメディカル現場に向けた最新鋭の裸眼4K3D液晶ディスプレイを初公開

2014-11-11 掲載

写真は縦型裸眼フルHD3Dディスプレイの32インチと47インチモデル

三友株式会社は、2014年11月19日(水)から21日(金)の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2014」に出展する(ブース番号:ホール5/No.5501)。3DBiz研究会と提携して追求してきた新鋭の4K対応裸眼3D液晶ディスプレイを国内初披露する予定だ。

今回ブースで紹介されるのは、裸眼4K3Dディスプレイ(50インチ)と縦型裸眼フルHD 3Dディスプレイ(32インチ)の2機種。デモンストレーションには3DBiz研究会で今年に撮影をした4K3D映像コンテンツなどを再生する。

解像度4K(3840×2160)を持つ裸眼4K3Dディスプレイはレンチキュラー方式。28視差を有し、従来の裸眼3Dディスプレイに起こりうるジャンピング現象(視差の切り替えポイントにより映像が視線移動で飛んだように見える)は最小限に抑制されているという。表示フレームレートは30fps、立体視として視認可能な視域幅は視距離は7mまでで、視域角は145度を実現。

縦型機種は32インチモデルでデモンストレーションを行う。解像度は1920×1080でフレームレートは30fps。パララックスバリア方式で4視差数を有する。3D視認可能な距離は5mまでで視野角は90度。またタイルや2D+デプスといった3D入力に対応し、さらに従来の裸眼3Dでは再生ができなかったサイドバイサイドの3Dコンテンツも対応できる。

これら裸眼3Dディスプレイは2D再生も行えるため、サイネージでニーズの多い縦型モデルに通常のコンテンツを加え3Dコンテンツを混在させられるという、実用性が十分あるものとして期待される。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-11-11 ]
[ TAG : ]

関連する記事

三友、Dream Chip Technologiesの小型放送用HD/4Kカメラ「ATOM oneシリーズ」を発売

ATOM one mini 三友株式会社は、Dream Chip Technologies社と日本の販売代理店契約成立を締結し、小型放送用HD/4Kカメラ「ATOM one(... 続きを読む

三友、「QooCam撮影テクニカルセミナー」を開催

三友株式会社は、「QooCam撮影テクニカルセミナー」を2019年3月30日に開催する。会場は東京・東五反田にある三友株式会社。 同セミナーでは、VRカメラQooCamを使用... 続きを読む

三友、レンズやモニターなどの周辺機器を多数展示する「三友カメラ内覧会」を開催

三友は2019年1月29日~30日の2日間、東京・北青山にあるTEPIA先端技術館で「三友カメラ内覧会2019」を開催した。約10年ほど続いている毎年恒例の内覧会で、三友の取り扱う... 続きを読む

三友、「三友カメラ内覧会2019」を開催

三友株式会社は、2019年1月29日~30日の2日間「三友カメラ内覧会2019」を開催する。会場は東京・北青山にあるTEPIA先端技術館B1Fの会議室。 同内覧会では、Son... 続きを読む

三友、KANDAOの180°3D映像と360°全球映像が撮影可能な小型4K VRカメラ「QooCam」を発売

三友株式会社は、同社が取り扱うKANDAO社製の180°3D&360°VRカメラ「QooCam(クーカム)」を2018年8月中旬に発売する。希望小売価格は税別49,800円。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2014]三友、3Dサイネージやメディカル現場に向けた最新鋭の裸眼4K3D液晶ディスプレイを初公開