PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [InterBEE2014]キヤノン、4K EOS、Cinema Gamut/BT.2020での広がりをアピール。1500mm CINE-SERVOレンズが世界…

News

[InterBEE2014]キヤノン、4K EOS、Cinema Gamut/BT.2020での広がりをアピール。1500mm CINE-SERVOレンズが世界先駆けて登場

2014-11-14 掲載

「EOS C100 Mark II」

キヤノンは、2014年11月19日(水)から21日(金)の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2014」に出展する(ホール6 ブースNo. 6215)。同社ブースでは“光学・センサー・映像エンジン”の先端技術を搭載した新製品を並べたフルラインアップにてブース展開する。新レンズやカメラ操作を体験できる被写体のあるスタジオスペースはもちろん、メインとしてCINEMA EOS SYSTEMによる4Kワークフローを、ライブ中継から制作プロダクションでの活用シーンまで、それぞれのテーマにて紹介する。

今年は先端を行くカラーマネージメント規格対応を進めてきており、春にはACES(Academy Color Encoding System)、そして秋にはBT.2020に準拠するカメラファームウェアおよび4K映像のRAWデータを現像するアプリケーション「Cinema RAW Development」の新バージョンをリリース。BT.2020に対応した市場に類のない4Kリファレンスモニターも加え、今回それらに対応する環境で映画製作や放送の場でプロダクションとどのようにシームレスなワークフローが組めるのかを実演を交えて紹介する。

141114_Canon-DP-V3010-4K-Reference-Display_control 30型4Kリファレンスモニター「DP-V3010」。ITU-R BT.2020の色域で撮影・収録された映像素材を忠実に再現する。ACESの伝送規格ACESproxyにも対応

また来月の発売を目の前にした、新型のCINEMA EOS「EOS C100 Mark II」も公として初お目見えする。C100 Mark IIはデュアルピクセルCMOS AF、顔認識や60p対応、バリアングル機構、チルト式EVFなどが採用されたC100の進化モデルで、ブライダル撮影などで活用しているユーザーからのフィードバックを反映させたものだという。

141114_CN20x50ALL 世界最長の焦点距離1500mmを持つ20倍ズーム・シネサーボレンズ

来春に発売となる、焦点距離50-1000mm、ズーム倍率20倍という世界初のスペックを持つスーパー35mmカメラ向けのシネサーボレンズ「CN20×50 IAS H」EF/PLマウントを搭載した実機システムが世界に先駆けてInterBEEで披露される。CINEMA EOSシステムをシネマ領域から、スポーツや動物・自然など被写体から離れた場所での撮影と、あらゆる運用シーンで活躍できるとしている。フォーカスリングは180度回転、スピード重視のスポーツシーンでは有効だ。

去年好評だったブース内のミニセミナーも予定されている。光学やAF、シネルックといった豆知識など、開発陣から直々聞かせてもらえる。加えて今年はブースから離れて1時間のしっかりした特別セミナーも開催される。4K空撮からBT.2020までキヤノン4Kの可能性を見出す5つのセッションが揃う。

また、キヤノン技術の歴史を語る実機とレンズが並ぶ展示もあり、なかなか普段では公開されない秘蔵のレンズなどに会えるチャンスだ。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-11-14 ]
[ TAG : ]

関連する記事

キヤノン、文化支援プロジェクト「写真新世紀」の2019年度応募受付を4月17日より開始

昨年度の優秀賞受賞者7名 キヤノンは、2019年4月17日から6月12日までの期間中、同社が主催する新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト「写真新世紀」... 続きを読む

キヤノン、フルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」の発売日が決定

キヤノンは、同社のミラーレスカメラ「EOS RP」の発売日が2019年3月14日に決まったことを発表した。以前、発売日を2019年3月中旬と発表していたもの。希望小売価格はオープン... 続きを読む

キヤノン、EOSシリーズ用EFレンズが累計生産本数1億4,000万本を達成

キヤノンは、同社のレンズ交換式カメラEOSシリーズ用の交換レンズであるEFレンズの累計生産本数が1億4,000万本を達成したことを発表した。1億4,000万本目に生産したレンズは、... 続きを読む

キヤノン、小型・軽量な35mmフルサイズミラーレスカメラ「EOS RP」を発表

キヤノンは、「RFマウント」を採用するカメラとして、小型・軽量な35mmフルサイズCMOSセンサー搭載のミラーレスカメラ「EOS RP」を2019年3月中旬に発売する。希望小売価格... 続きを読む

キヤノン、RFマウント採用の交換レンズ「RFレンズ」6機種を開発発表

キヤノンは、RFマウント採用の交換レンズ「RFレンズ」6機種を開発したことを発表した。仕様の詳細や価格は未定だが、2019年中の発売を目指しているという。開発コンセプトは以下の通り... 続きを読む

トップ > ニュース > [InterBEE2014]キヤノン、4K EOS、Cinema Gamut/BT.2020での広がりをアピール。1500mm CINE-SERVOレンズが世界先駆けて登場