PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]ナックイメージテクノロジーブース:AMIRAやレンズの新製品を展示

News

[InterBEE2014]ナックイメージテクノロジーブース:AMIRAやレンズの新製品を展示

2014-11-20 掲載

このところ毎年新製品を投入しているARRIだが、今年も新たなカメラが登場した。加えてレンズや周辺機器もNABで発表されたものなどが出展された。ナックではその他にもAngenieuxやZEISSのレンズなどを出展した。

ARRIは、5パーフォレーション65mmシネフォーマットと同等なサイズのセンサーを搭載したデジタルシネマカメラALEXA 65を開発。会場ではそのカメラで撮影したデモリールの上映を行っていた。このカメラはレンタル専用とのことで、販売は行わないという。解像度は6560☓3120で、センサーサイズは54.12☓25.58mmとなっており、ダイナミックレンジは14ストップ以上となっている。65mmのフィルムカメラでは現像代やフイルムの価格から劇場用映画でも使われることは殆どないが、このカメラの出現によりそうした撮影も復活するかもしれない。また、ドーム型の競技場の天井に映像をプロジェクションするなどイベントでの利用も見込まれる。

アナモフィックレンズはシネマスコープなどアスペクト比が2〜3倍あるような劇場用映画の場合必需品となるが、本来丸くなるはずの光芒が縦長になるなど特有の現象を生ずる。そうした現象をなくすため、通常レンズ系の全面に位置するシリンドリカル型のレンズを後方に配置したレンズがAngenieuxから発売になった。また、左右方向に2倍以上画像を縮める(圧縮)するため、レンズの光学系に配置したシリンドリカルレンズの精度があまり良くない場合は左右方向の縮小が均等にいかないことがある。通常の撮影では問題がないが、VFXなどの精密な合成を行う場合は問題が生ずる。こうした問題を解決するレンズとしてARRI/ZEISSから新たに設計されたアナモフィックレンズを発売。また、広角レンズでは(特にズームレンズ)水平線や垂直の先が歪んでしまうが、そうした歪をなくしたズームレンズがAngenieuxから発売された。いずれも精密な合成がデジタル化により行えるようになったからこそ必要になったレンズといえよう。すでに通常のPLマウントレンズは安価な製品が出回っており、こうしたレンズとの差別化を図るため、技術力のあるレンズメーカーが仕掛けた作戦とも取れる。

interbee2014_nac_0818 Angenieux Optimo Anamorphic 30-72mmT4。レンズ光学系の後部にアスペクト比を変換する光学系を配置しており、光芒が縦長に歪まないワイド系のレンズ interbee2014_nac_0821 ARRI/ZEISS Master Anamorphic。レンズ系中間部にアスペクト比を変える光学系を配置。精密なアスペクト比が得られる広角レンズ interbee2014_nac_0796 ARRI UWZ9.5-18T2.9。ワイドズームながらディストーションが極めて少ない。ただし円形などは画面位置によっては歪むようだ interbee2014_nac_0800 予めキャリブレーションを取ることで様々なレンズに対応したレンズリモートARRI WMC-4。本体にこうしたレンズ情報をプリセット可能なほか、ズーム位置やアイリスなどのレンズ情報をTCを基準としてSDカードに記録可能 interbee2014_nac_0794 EFレンズ対応のARRI AMIRA用ビューファインダー。AMIRAでは本体からレンズの制御が可能なほか、アイリスなどの表示が可能 interbee2014_nac_0778 4K対応のカメラARRI AMIRA UHD

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジー/アスクブース:ビデオアシストソフトウェア「QTAKE」の専用ハードウェアを手掛けるOVIDE社が新製品を展示

QTAKEを活用したハードウェアを開発するOVIDE社 今年のナックイメージテクノロジーは、3つのブースに分かれて出展。そのうちの一つ(ブース番号7410)では、VR・AR・... 続きを読む

[InterBEE2019]ナックイメージテクノロジーブース:被写界深度効果をシフトできる話題のカメラアクセサリー「Cinefade」を参考展示

色や露出を変えないまま被写界深度のみを可変するCmotionのCinefadeを参考展示 今年のナックブースはホール7に2ブース、ホール3に1ブースの3箇所に分かれて出展。シ... 続きを読む

[NAB2019]ARRIブース(動画)

NAB2019のARRIブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2018:ARRI]ラージフォーマットの4Kセンサーを搭載した「ALEXA LF」やSkyPanelのファームウェア4を展示

ARRIブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chr... 続きを読む

[NAB2018]ARRIブース(動画)

NAB2018のARRIブース動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2017]ナックイメージテクノロジーブース:Angenieuxブランドのレンズを3本展示で、EZ-2の発売はもう間もなく出荷開始

ナックイメージテクノロジーブース動画 ナックイメージテクノロジーブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動... 続きを読む

[InterBEE2015]ナックイメージテクノロジーブース:ARRIのデジタルシネマカメラやレンズ製品など展示。カメラトラッキングシステム“Nカム”のセミナーも開催

ナックイメージテクノロジーは。同社が国内代理店となっているARRIのデジタルシネマカメラ「ALEXA SXT」「ALEXA Mini」「AMIRA」やCarl Zeiss、Ange... 続きを読む

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]ナックイメージテクノロジーブース:AMIRAやレンズの新製品を展示