PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]ディストームブース:超コンパクトな映像制作・配信システム「TriCaster Mini」を国内初展示

News

[InterBEE2014]ディストームブース:超コンパクトな映像制作・配信システム「TriCaster Mini」を国内初展示

2014-11-20 掲載

筐体サイズはコンパクトだが従来機種の機能がほとんど入っている

ディストームブースの注目は、国内初展示となる小型の映像制作・配信システム「TriCaster Mini」だ。特徴は従来のTriCasterよりも本体は圧倒的にコンパクトでありながら、TriCasterのフルバージョンの機能がほとんど入っているというものだ。ビデオ入力は4系統までのHDMIカメラ接続、ビデオ出力は2系統のHDMIに対応する。オーディオ入力は4系統のHDMIエンベッドオーディオ入力でとることも可能だ。本体にモニターがついているモデルもあり、スイッチングアウトの画を出して確認することもできるようになっている。オペレーション用コントローラがセットになっているが、マウスやキーボードで操作をすることも可能だ。また、クロマキー合成の機能も搭載されていて、バーチャルセットを組んで、TriCaster Miniから出力することもできる。スタジオで使うこともできるし、小型なので外に持ち出してイベント会場などから放送するといったことも可能だ。エンコーダーを搭載しており、インターネットのストリーミング配信にも対応している。

ここまでTriCaster Miniの機能が充実していると、従来のTriCasterとの差別化はどうなのだろうか?と思われるだろう。今までのTriCasterシリーズは、SDIの入出力やアナログ、音声はXLRキャノンに対応するモデルもあるし、上位のTriCasterは8チャンネルまで入力できるなど、より複雑な演出やカメラが多い現場に対応が可能というところで差別化が図られている。

TriCaster Miniの価格は、コントローラと本体、専用のケースのセットで168万円。ブースでは11月19日より期間限定で特価キャンペーンの告知も行われていた。

interbee2014_D-storm_02 オフィスやイベント会場など、どこでも設置可能なコンパクトな筐体が特徴だ interbee2014_D-storm_03 ビデオ入力はHDMI4系統、ビデオ出力はHDMI2系統を搭載している interbee2014_D-storm_04 インターフェイスは従来機種とほぼ同じといっていいだろう

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-20 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]アスク/ディストームブース:新製品のNDI KVMによる遠隔リモートコントロールや、テレプロンプターによるオートメーション機能などが追加されたVMC1/TriCaster Premium Accessを中心とした展示

アスクとディストームブースは、NewTekのTriCasterシリーズや3Playシリーズなどの国内取扱いに関するパートナーシップ契約を結んでおり、今年も共同ブースで出展。新製品と... 続きを読む

[InterBEE2018]アスク/ディストームブース:TriCaster TC1/IP Series VMC1用新ソフトウェアTriCasterバージョン7ソフトウェアを展示

アスク/ディストームブース動画 アスク/ディストームブースレポート アスク/ディストームブースでは、AJA製品とNewTekのTriCasterを中心とした... 続きを読む

[InterBEE2017]アスク / ディストームブース:TriCaster TC1やリモートコントロールツールNewTek LivePanelなどを展示

アスクとディストームは2014年から米NewTek社製品の国内取扱いに関するパートナーシップ契約を締結しており、アスクはNewTek社のTriCasterシリーズにおける国内販売元... 続きを読む

[InterBEE2016]アスク/ディストームブース:モジュール式アーキテクチャ設計のIPプロダクションシステム「NewTek IPシリーズ」を国内初展示

アスク/ディストームブース動画 アスク/ディストームブースレポート アスク/ディストーム社ブースでは、NewTek社製品をフルラインアップで紹介している(ブース... 続きを読む

[InterBEE2015]ディストームブース:新製品TriCaster Mini SDIモデル他、多彩なデモンストレーションを実施

ディストームは、ライブストリーミング放送の現場であれば、定番とも言える「TriCasterシリーズ」をはじめ、現在放送局や大手SNS会社など、様々なテレビ番組やイベント会場にてご利... 続きを読む

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]ディストームブース:超コンパクトな映像制作・配信システム「TriCaster Mini」を国内初展示