PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]NHKメディアテクノロジーブース:世界初の実写8K3D映像シアターや4Kデジタルサイネージを展示

News

[InterBEE2014]NHKメディアテクノロジーブース:世界初の実写8K3D映像シアターや4Kデジタルサイネージを展示

2014-11-21 掲載

NHKメディアテクノロジーは、“MTプラスワン”をテーマに創立30周年記念技術展としてInterBEEに出展。世界初の実写8K3D映像シアターや4Kデジタルサイネージ、4K裸眼3D、8K生中継などを出展した。展示内容は来場者が参加できるものから4K/8Kなど最先端の技術を使ったもの、既存の技術を映像制作に応用したものなど多岐にわたり、技研で開発したものを商用化へ結びつけたような出展もあった。番組制作や制作に必要な機器やシステムの開発などを主に行う会社だけあって展示物の見せ方や出展の方法や説明などわかりやすく丁寧に行われていた。出展項目は30を超えており、その中から主なものを取り上げて見たいと思う。なお、出展物の内容の幅が広く多岐に渡るため、会場内のブースのほか、国際会議場の2箇所で出展されていた。

こうした中でやはり目を引くのは4K/8K関連の出展だ。展示会場と国際会議室をPFUの4K非圧縮IP伝送システム4台でつなぎ、遅延の少ないリアルタイム8K伝送を披露していたほか、8K制作を行う上で欠かせない編集システムやディスプレーシステムのほか、4Kによる画像作画装置や撮影システムなど、放送を始めるに当たって必要な機器やシステムのほか、放送以外への活用も視野に入れた出展がなされていた。

4K/8Kの普及は制作システムはもちろんのこと、実際の運用システムとしてどのようにまとめていくのか、さらにはどのように普及のきっかけを作って行くのかが今後の課題ともいえ、そういった意味でも同社の取り組みは重要なポジションだと思われる。

interbee2014_NHK_0055 8K3Dシアター上映が開催された国際会議場入り口。視聴希望者が多いということもあり、入り口と展示会場の同社ブースで整理券の配布が行われていた。この会場では同社の出展物の大半があり、会場のスペースが広いということもあり落ち着いて見学することが出来た interbee2014_NHK_0114 8Kプレビュー機能付き簡易編集システム。8K対応の編集ソフトなど、すでに市場に出ているが、こうした市販のソフトをベースに簡単に8K編集を行えるようにしたシステム。ソフトウェアベースのシステムなので、今後のCPUやGPUなどの進歩によりスピードアップが可能 interbee2014_NHK_0120 8Kコンテンツの3画面展示。98インチの8Kディスプレーを横に3台並べたワイド画面の表示が可能。展示デモではBOEジャパンのディスプレーに計測技術研究所のディスクレコーダーUDR-40Sを使用することで、8K非圧縮10bitの画像を披露していた interbee2014_NHK_0131 国際会議室でのイベントステージの様子をこの展示会場へ8Kライブ中継。伝送装置としてPFUのQoolTornado QG70を4台使用。イベント会場からの映像をリアルタイムで伝送、表示していた interbee2014_NHK_0063 国際会議室のイベントステージではアストロデザインの8KカメラAH-4800からの3G SDI信号16本を4台のQoolTornado QG70に分岐。会場へは4本の光ケーブルを使って伝送した interbee2014_NHK_0112 4K3D外科手術撮像システム。撮影は手術用顕微鏡にJVCケンウッドのカメラを2台使用し、収録と同時に4Kディスプレーに表示。手術チームは偏光メガネを使って4Kの3D映像で手術の様子を確認できるというもの。このシステムを使って脳神経外科手術6例の撮影を行った interbee2014_NHK_0085 津波画像作画装置。気象庁から届けられる地震や津波など緊急情報の電文から、自動で地震津波情報の画像を作成するシステム。写真は、日本地図に津波警報や注意報の情報表示を行った4K表示の様子 interbee2014_NHK_0064 どこでもインカム。複数同時通話機能を実現した、スマホアプリのワイヤレスインカムで、IP通信が利用できる場所なら世界中どこでも利用可能 interbee2014_NHK_0107 インテグラル方式による裸眼立体ディスプレー。12.1インチの4Kパネルを利用することで、高精細化を目指したもので、NHKメディアテクノロジーが独自に開発したもの

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

[InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示

Steadicam初のモジュラータイプシステムを採用した「Steadicam M1」 ステディカム初のモジュラータイプシステムSteadicam M1。22kgまでの搭載重量... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]NHKメディアテクノロジーブース:世界初の実写8K3D映像シアターや4Kデジタルサイネージを展示