PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]テクノマセマティカルブースレポート:8K60p映像ソフトウェアベースHEVCリアルタイムデコード技術を初公開。汎用ハードウェアでのリ…

News

[InterBEE2014]テクノマセマティカルブースレポート:8K60p映像ソフトウェアベースHEVCリアルタイムデコード技術を初公開。汎用ハードウェアでのリアルタイム復号化

2014-11-21 掲載

自社でコーデックを開発している株式会社テクノマセマティカルのブースでは、8K(7680×4320)60p映像データをリアルタイムでHEVC復号化する技術を紹介している。

8K映像データのリアルタイム処理技術といえば、NHK技研と一緒に開発を進めている三菱の名前が上がってくるが、今回のテクノマセマティカルはソフトウェアベース。独自のアルゴリズム“DMNA”を用いてIntelマルチコアCPUだけでリアルタイム復号化処理を実現するという。市場でも先行組で、4K60p(10bit)のリアルタイム処理も昨年後半で実現させている。

今回の参考展示では、HEVC Main10準拠の10bit、4:2:0でリアルタイムデコードし、シャープ製の8Kディスプレイに再生。同社のコーデックはBスライス対応でデブロッキングフィルターを採用。リアルタイム処理なのでデモンストレーションでは1passだが2pass処理(VBR)でも処理を行える。

同社ではそのほかにも、4Kをキーに超遅延、高品質な映像伝送を行える技術を実演しており、4K60pのAVCエンコードとデコードを各1RUのアプライアンスで処理し、超低遅延でUDP伝送できるシステムや、ストレージを搭載したアプライアンスを複数台組み合わせることで、大画面、高精細な4Kマルチ画面の同期表示を行うサイネージを実現するシステムを紹介している。

141121_tmc_4KAVC 遅延150msecの4K60p/AVC伝送が1RUアプライアンスで実現する

また新製品の紹介として、独自のコーデックを採用した、高品質なフルHDライブ映像(1920×1080/60fps)を0.1秒という超遅延で伝送できるシステムの実演も行っている。新製品は軽量・小型化され、エンコーダー、デコーダー各モジュールのサイズは、幅18cm、縦5cmで重量は1.5kg程度。5/10/15/30fpsからフレームレートを瞬時に変更できるようプリセットボタンが用意されている。伝送レートは128kbps~3Mbpsまで。

現行サイズのシステムはキー局でも採用されており、今回の新製品についても撮影現地からの超遅延でライブ伝送するケースのほか、監視やライフサイエンスなどに活用できるとしている。価格はエンコーダーとデコーダーセットで100万円程度。量産販売は来年1月を予定している。

141121_TMC_HDoriginal デモでは3Mbpsで伝送。ケーブルテレビ番組以上の品質レベルを実現していた

(山下香欧)


[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

[InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示

Steadicam初のモジュラータイプシステムを採用した「Steadicam M1」 ステディカム初のモジュラータイプシステムSteadicam M1。22kgまでの搭載重量... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]テクノマセマティカルブースレポート:8K60p映像ソフトウェアベースHEVCリアルタイムデコード技術を初公開。汎用ハードウェアでのリアルタイム復号化