PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]ATOMOSブース:国内初、動作するSHOGUNを披露!

News

[InterBEE2014]ATOMOSブース:国内初、動作するSHOGUNを披露!

2014-11-21 掲載

各社の4KカメラとSHOGUNを組み合わせて展示

目玉はなんといっても国内初、実際に動作する4KレコーダーSHOGUNの初お披露目だ。ATOMOSのレコーダーには、HDMI入出力を備えたNINJA系とSDI入出力を備えたSAMURAI系、コンバーターのCONNECTがあるが、その全部の要素を持って4Kに対応したのがSHOGUNだ。発売は今月末に初回予約分は出荷開始の予定だったが、最終ファームウェアが遅れており、実際の発売は12月になるかもしれない状況とのことだ。ブースでは、最終出荷版の前の段階のファームウェアの状態で展示が行われていた。ハードウェア自体は製品版とまったく一緒とのことで、パネルの優秀さなどは確認できるようになっていた。

interbee2014_ATOMOS_02 HDMI、SDI両方の端子を備えた4K収録対応のレコーダー「SHOGUN」 interbee2014_ATOMOS_03 ブースではハードケースや同梱品が展示されていた。発売は間近であるようだ interbee2014_ATOMOS_04 SHOGUNとパナソニックのGH4を組み合わせて展示していた interbee2014_ATOMOS_05 SHOGUNとキヤノンのEOS C500と組み合わせての展示 interbee2014_ATOMOS_06 SHOGUNとソニーのPXW-FS7と組み合わせての展示 interbee2014_ATOMOS_07 SHOGUNとソニーのα7Sと組み合わせての展示

長時間の4K収録を実現するための新オプション「Power Station」

レコーダーとカメラに電源供給ができるというPower Stationも展示が行われていた。SHOGUNは従来機種よりも消費電力が大きいために、標準で付いてくるソニーのNP-F570互換のバッテリー1個では長時間もつわけではない。しかも、多くの人がSHOGUNと組み合わせて使うことが予想されるα7Sのカメラ本体のバッテリーも長時間もたないという話だ。そこでATOMOSは、SHOGUN本体に電源を供給するほかに、ソニーのα7SやパナソニックのGH4といったカメラ本体にも電源を供給することができるPower Stationを来年1月に発売する予定だ。SHOGUNとPower Stationを一緒に使用すれば、カメラのバッテリー容量の弱点をまとめて克服できるようになるだろう。

interbee2014_ATOMOS_08 新オプションのPower Station。バッテリーの残量がランプでわかるようになっている interbee2014_ATOMOS_09 バッテリーは2つ同時に搭載することが可能だ

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]ATOMOSブース:4K HDRパネル搭載のNEONやSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision対応モデルを展示

ATOMOSは、新製品の4K HDRパネルを搭載したNEONのラインナップを国内初出展したほか、8月から本格出荷開始したSHOGUN 7の3000nit/Dollby Vision... 続きを読む

[NAB2019:ATOMOS]モニタリング、録画、最大4つのHD-SDIカメラストリームのスイッチングに対応する「Shogun 7」を展示

ATOMOSブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ... 続きを読む

[NAB2019]ATOMOSブース(動画)

NAB2019のATOMOSブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]ナブブラリVol.06(動画)

NAB2019の会場で気になったところをぶらぶらしながらレポートするコーナー。ATOMOSブースからお届けします。 ... 続きを読む

[CP+2019]ATOMOSブース:「一歩進んだカメラの動画撮影」をテーマに最新カメラとレコーダーを組み合わせたた撮影システムを展示

毎年最新のカメラが集まるATOMOSブースでは、一歩進んだカメラの動画撮影をテーマに、ファームウェアアップデートにより12bit RAW動画HDMI出力に対応するニコンのZ 7/Z... 続きを読む

[InterBEE2018]ATOMOSブース:4K60Pに対応した5.2インチのモニター/レコーダー「NINJA V」を展示

ATOMOSブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザ... 続きを読む

[NAB2018:ATOMOS]小型、軽量のポータブルモニター/レコーダー「NINJA V」やProRes RAWに対応したSHOGUN INFERNO、SUMO19を展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[CP+2018]ATOMOSブース:SUMO19M/SUMO19、NINJA INFERNOを様々なカメラと組み合わせた展示

ATOMOSはNABやInterBeeでは大きなブースを構えて各社の最新のカメラと組み合わせた出展を行っているが、CP+は写真が中心のイベントということもあり、かなり規模を縮小した... 続きを読む

[NAB2017:ATOMOS]19型の大型モニターを搭載したレコーダー「SUMO」を発表

ATOMOSブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザお... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]ATOMOSブース:国内初、動作するSHOGUNを披露!