PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2014]ノビテックブース:4KハイスピードカメラPhantomFlex4Kなどを出展
News

[InterBEE2014]ノビテックブース:4KハイスピードカメラPhantomFlex4Kなどを出展

2014-11-23 掲載

計測用や制作用のハイスピードカメラの輸入・販売・レンタルなどを行う同社は、今回4KハイスピードカメラPhantomFlex4Kを出展。ブースでデモンストレーションを行ったほか、同社が代理店を務めるZACUTO社の有機ELビューファインダーなどを出展した。

PhantomのハイスピードカメラはすでにHD解像度の製品が幾つかラインナップされており、撮影コマ数や記録フォーマットなど用途に応じた選択ができるようになっている。今回4K解像度で1000fps、フルHDで2000fpsの収録が可能なPhantomFlex4Kが、新たにラインナップに加わった。PhantomFlex4Kのセンサーは、新開発のSuper35サイズのCMOSセンサーで、12Stopのダイナミックレンジを有しており、感度はISO250~2000まで設定可能。撮影コマ数は4K時最大1000fpsとなっており、最小15fpsまで設定可能なため24fps、30fps、60fpsといったノーマル撮影にも対応可能。

収録画像の保存は専用フラッシュメモリーパックCineMagⅣで行うようになっており、現在1TB、2TBの2種類が用意されている。なお、直接このメモリーパックに収録することもできるが、4K125fpsまでで、2TBのパックで約26分の収録が可能。記録フォーマットはCine Rawとなっており(圧縮フォーマットもサポートしている)、多くの編集ソフトでインジェスト可能になっている。専用パックなので、PC等に取り込むためのリーダーが別途用意されており、10GBイーサネットインターフェースにより超高速転送を実現している。

interbee2014_novitec_0437

4KハイスピードカメラPhantomFlex4K。レンズマウントは標準ではPLとなっているが、オプションでキヤノンEFマウントやニコンFマウントにも対応可能

interbee2014_novitec_0439

カメラボディ側面に搭載された液晶操作パネルによりカメラのフルコントロールが可能なほか、Bluetoothでの遠隔無線操作やイーサネット経由でPCからの操作にも対応している

interbee2014_novitec_0445

ブース内でデモしていたPhantomFlex4Kの実演

interbee2014_novitec_0443

有機ELビューファインダーGratical HD。HDMI、HD-SDI入力に対応し、あらゆるカメラでの使用が可能なZACUTO社の有機ELビューファインダー


[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2017]ノビテックブース:Phantomシリーズ最新モデルやDSLR用レリーズ装置Miopsなどを展示

ノビテックブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザお... 続きを読む

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーデ... 続きを読む

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video Systemsのプロダクトマー... 続きを読む

特集記事

Virtual Production Field Guide Virtual Production Field Guide
国内のバーチャルプロダクションの展開と、映像制作ワークフローへの影響について紹介
CP+2021 CP+2021
オンライン開催のCP+2021で発表された新製品をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編 新世紀シネマレンズ漂流:NewTrend 2021編
2020年末から2021年に発売されたレンズ新製品をピックアップする。
映像基礎講座 映像基礎講座 Episode 2
2020年8月に公開された特集「映像基礎講座」続編。引き続き映像の基本や基礎知識を学ぶ。
CES2021 CES2021
オールデジタルのオンライン開催となったCES2021をレポートする。
年末イッキ読み! 年末イッキ読み!
2020年に話題になった製品の特集やコラム記事をまとめて振り返る。
PRONEWS AWARD 2020 PRONEWS AWARD 2020
激動の1年となった2020年の映像業界を、PRONEWS編集部が総括する。
2020年11月特集:[再現:Inter BEE 2020]-Web Trade Show- 再現:Inter BEE 2020-Web Trade Show-
11月18日(水)からオンライン開催されるInterBEEを解説する。
Inter BEE 2019 ぼくらのEDIUS X
約3年ぶりのメジャーバージョンアップとなる「EDIUS X」の魅力を紹介。
InterBEE 2019の歩き方 Broadcast & Cinema EXPO 2020
映像制作者、映像業界関係者向け情報イベント配信番組。
ATEM WORLD ATEM WORLD
ラインナップ充実のATEM Miniシリーズの選び方や使いこなしをご紹介。
SIGGRAPH2020 SIGGRAPH2020
オンライン開催されたVFXの祭典・SIGGRAPH2020をレポート。
映像基礎講座 映像基礎講座
映像の基本や基礎知識を学ぶ。映像制作初心者はもちろん、熟練者ももう一度初心に立ち返ろう。
	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2014]ノビテックブース:4KハイスピードカメラPhantomFlex4Kなどを出展