PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]アストロデザインブース:8KカメラAH-4800など、業界を先駆けた8K製品をメインに展示

News

[InterBEE2014]アストロデザインブース:8KカメラAH-4800など、業界を先駆けた8K製品をメインに展示

2014-11-23 掲載

アストロデザインは測定器のメーカーということもあり以前は地味な存在だったが、業界に先駆けて4Kや8Kのカメラを開発し、広く知られる存在になったといえるだろう。同社は昨年に引き続きカメラやモニター機器、測定器など数多くの4K/8K製品を出展しているが、すでに8Kをメインターゲットとしているようで、ブースのPOPも8K表記が目立っていた。通常「4K/8K」と表記するところを「8K/4K」としているあたりにも常に先を行くという同社の姿勢が現れているといえよう。

カメラ関係ではすでに販売が開始されている8KカメラAH-4800の周辺機器の充実が図られており、カメラアダプターやインターフェース、伝送装置、レコーダー、VF、モニター、カラーグレーディング装置など、制作に必要な周辺機器をひと通りラインナップされており、8K制作においては自社製品のみで完結できるようになった。

HDから4K、8Kへと進むに連れアップ/ダウンコンバーターなど相互乗り入れを行う機材が必要になってくる。特に4K/8Kにおいてはシネ系とビデオ系(放送)では微妙な解像度の違いやフレームレートのほか、カラースペースも異なるためそうした規格に準拠した機材が必要だ。また、4Kや8Kで収録した素材からHDを切り出して使うなどHD/4K/8Kをブリッジする機器は必要性が増している。4K/8Kはこれから試験放送が始まる段階であり、HDのように収益構造ができていないため、素材の使い回しというかワンソースマルチユースが当面必要になるからだ。

interbee2014_astro_0382 単板式スーパーハイビジョン8KカメラAH-4800。カメラ本体は先端のみで後部に光伝送が可能なヘッドアダプターAT-4803がビルトインされている。CCUアダプターAR-4804で受けてSNAP12や3G-SDI☓4といった8K信号に変換される。もちろんインカムやリターン、タリー、音声などの信号も光ケーブルで伝送されるようになっている

interbee2014_astro_0393 フルHD表示が可能なビューファインダーDF-3515。すでに発表となっているフルHDビューファーDF-3512よりかなり小型化が図られている

interbee2014_astro_0397 1920☓1080のフルHD表示が可能な電子ビューファインダーDF-3512。フォーカスアシスト機能、マーカー表示などに対応

interbee2014_astro_0400 参考出品のフルHD 3D電子ビューファインダーSM-3303-A。以前にも3D表示のVFがあったが、表示パネルのクオリティが向上したモデル

interbee2014_astro_0378 4K液晶モニターDM-3413。12インチの3840×2160のパネルを採用した4K対応モニター。2倍4倍の拡大表示が可能なほか、オプションで波形表示に対応。入力は3G-SDI Level-A/Bが装備されている

interbee2014_astro_0403 4K-HD低遅延切り出し回転・ブレ補正装置GP-4020。4Kを地上波のHD番組制作で有効利用することを目的として日本テレビと共同開発されたもの。生放送でも使えるように1フレーム以下の遅延で処理できるように設計されているほか、4Kの一部を切り出して使うためHDで画面を回転させても見切れない。また、空撮などでのブレ補正や画面の一部を切り出して使う場合望遠(拡大)になるためブレが目立つ場合の補正に対応

interbee2014_astro_0408 8K色域変換装置VP-8208。BT.709とBT.2020のカラースペースの相互変換に対応しており、ガンマ補正、リニアマトリクス、アパーチャー補正などが可能

interbee2014_astro_0431 8K SSDレコーダーHR-7516。独自RAWフォーマットによる圧縮コーデックを採用。記録メディアも高速転送が必要になるため、SSDを8枚内蔵した専用記録メディアに記録される。1/4.5圧縮時で約50分、1/8圧縮時で60分以上の記録が可能

interbee2014_astro_0427 バックアップ伝送システムCB-5542。STLなどの無線伝送路を有線IP網でバックアップする装置で、約32.5MHzの放送TSを20MHz程度まで圧縮する。双方向伝送に対応可能で、平常時は素材の伝送などに活用できる

interbee2014_astro_0441 8Kバックアップ装置TB-8101。提案案件なので型番を含め確定していないが、350MB/sで容量10TB、保存期間20年以上となっている。4K/8KとなるとHDの4倍16倍の容量になるため大容量かつ高速なバックアップシステムが必要になる。デモでは同社のSSDレコーダーの記録メディアからのバックアップが実演されていた

interbee2014_astro_0433 MMTレコーダー&プレーヤーCP-5541。MMT(MPEG Media Transport)は4K/8K放送の伝送規格として標準化(ISO/IEC23008-1)が進められているもので、CP-5541その規格に準拠したレコーダー&プレーヤー。MMT多重化方式のストリームを解析するアプリケーションMMTアナライザーSP-5800も出展されていた

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2018]アストロデザインブース:「8Kをさまざまな産業分野に広める」をテーマに映像技術を展示

アストロデザインブース動画 アストロデザインブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利... 続きを読む

[NAB2018:アストロデザイン]新たな発想を基にした製品を展開。8K、12G-SDI対応製品をメインとした展示

360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/And... 続きを読む

[InterBEE2017]シャープ/アストロデザインブース:シャープの名を冠した8Kカムコーダーが意味すること

txt:江口靖二 構成:編集部 シャープ / アストロデザインブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機... 続きを読む

[InterBEE2017]アストロデザイン / シャープブース:8K制作の先駆けとなるカメラ、モニターなどを展示

アストロデザイン / シャープブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google C... 続きを読む

[NAB2017:ASTRODESIGN]VA-1845、HR-7518などの新製品を8Kカメラやモニターと組み合わせたデモで紹介

ASTRODESIGNブース360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chrome... 続きを読む

[InterBEE2016]アストロデザインブース:8K制作を見据えた製品を展開

アストロデザインブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラ... 続きを読む

[NAB2016:ASTRODESIGN]業界の流行を先取りした製品を開発・展示

ASTRODESIGNブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chrom... 続きを読む

[InterBEE2015]アストロデザインブース:8K対応カメラや測定機器の新製品、HDR対応波形モニターなどを出展

アストロデザインは今回、8Kを大きく掲げたブースでカメラを始めとした数々の測定機器などを展示。8K関連の新製品としては、フルスペック8K SSDレコーダー「HR-7518」、8Kテ... 続きを読む

[NAB2015:アストロデザイン]4Kの先にある8Kを見据えたカメラやレコーダーなどの製品を展示

8K/4Kで先鞭をつけてきた同社は、今年も8K/4K関連の機材をメインに各種測定機器やモニター、レコーダー、カメラなどを出展した。ブース側面には85インチと55インチの8Kディスプ... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]アストロデザインブース:8KカメラAH-4800など、業界を先駆けた8K製品をメインに展示