PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]富士フイルムブース:放送用ズームレンズの新製品やIS-mini MANAGER Plusを初公開

News

[InterBEE2014]富士フイルムブース:放送用ズームレンズの新製品やIS-mini MANAGER Plusを初公開

2014-11-24 掲載

4Kカメラ対応のシネマ用レンズと放送用ズームレンズの新製品を展示

レンズ関連での注目は、NABで発表された新製品の25mm〜300mmまでの焦点距離をカバーするシネマ用の35mmPLマウントズームレンズ「ZK12x25」の展示。4K対応で、シネマやテレビ番組などクオリティを求められるところの撮影に最適なレンズとのことだ。

放送用ズームレンズでは、こちらもNABで発表された新製品の広角5.5mmから18倍の高倍率を実現した2/3HDレンズ「HA18x5.5」に注目が集まっていた。特徴は1本でロングレンジをカバーしているところで、従来製品よりも広角化を実現していて、それでいて望遠もテレ側もがんばっているといった感じの製品だ。1本のレンズで2本分のレンジをカバーできるというのが魅力だろう。

inter bee-2014-fuji-02 PLマウントズームレンズ「ZK12x25」。写真には写っていないが、正面右側には専用外付けドライブユニットがあり、既存のズームデマンドフォーカスデマンドとの組合せによるレンズ制御が可能

inter bee-2014-fuji-03 1本でロングレンジをカバーした「HA18x5.5」

デジタルデータを簡単・安全・低価格でアーカイブする新サービス「d:ternity」

inter bee-2014-fuji-04 d:ternityのサービスのイメージ

磁気テープを使用して簡単・安全・低価格でデータをアーカイブするというサービス「d:ternity」の紹介も行われていた。海外から5年前から行われていて、国内では今年の4月からスタートしたサービスだという。所有のメディアを富士フイルムに送れば、富士フイルムにてコピーして、アーカイブエリアの磁気テープで保管してくれて、データが必要になったときは専用のWebサイトでリクエストをすることで希望の媒体で返却が行われるというサービスだ。ターゲットは映像業界から研究所、医療など幅広く、いろいろな業界に提案をしているとのことだ。

IS-mini MANAGERをオプションライセンスで機能拡張する IS-mini MANAGER Plus登場

inter bee-2014-fuji-05 IS-miniのデモ。element-Kbと組み合わせてデモが行われていた

IS-miniは、IS-miniとそれを制御するソフトウェアIS-mini Managerのセットで提供されているが、IS-mini Managerの最新の機能がブースで紹介されていた。注目は、Inter BEEに合わせて初公開されたIS-mini MANAGER Plusだ。IS-mini MANAGER Plusとは、いくつかの重要な機能に関して有償のライセンスを追加することによって実現できる機能とのことだ。リリースは、今月末や来月頭を予定していて、ライセンスの価格はInter BEEの時点ではまだ最終決定していないとのことだ。

inter bee-2014-fuji-06 IS-mini MANAGER Plusでセカンダリカラー調整など拡張機能を搭載した。ベクトルをつまんで設定可能

その注目のPlusの機能だが、もっとも大きな機能はオンセットグレーディング機能の拡張だろう。放送局など今までシステムカメラを使われている方を意識して、セカンダリカラー調整できる機能が新しく追加された。また、トーンカーブの機能は、IS-mini MANAGERにも搭載されているが、画面が小さくてちょっと使いにくい状態だった。しかし、IS-mini MANAGER Plusであれば大きな画面でトーンカーブのエディットがリアルタイムにできるようになる。

inter bee-2014-fuji-07 Plusになって大きな画面でトーンカーブのエディットがリアルタイムにできるようになった

カラーマネジメントワークフローも拡張されて、今までエクスポートできるLUTはBlackmagic Design社 DaVinci Resolve形式の.cubeファイルだけだったが、Plusの機能を追加することによってほぼすべてのLUTに書き出すことができるようになった。読み込みに関しても、今までLUTや各種設定情報を持つ富士フイルム独自のファイル形式ISLutしか読み込めなかったが、Plusのライセンスを購入することで、いろいろなLUTの入力に対応できるようになる予定だ。

そのほかにも、外部コントロールデバイスに、Tangent社のTangent Element TkやTangent Element Kb、Tangent Wave CP-300といったものに対応するようになっている。

inter bee-2014-fuji-08 PlusであればDaVinci Resolve以外に、Truelight、Scratch、ColorfrontなどのLUTで書き出すことも可能だ

会場では最新のカメラを使用してハンズオン


[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019:富士フイルム]シネマカメラ用ズームレンズ「Premista」や125倍を達成した開発中のFUJINON UA125×8を展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 Insta360 ONE Xで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Googl... 続きを読む

富士フイルム、ラージフォーマット対応で小型軽量を実現したシネマカメラ用ズームレンズ「Premista」登場。開発の背景について聞く

富士フイルムは4月3日、ラージフォーマットセンサー対応のシネマカメラ用ズームレンズPremistaを発表。ラスベガスで開催されたNAB2019では、Premista発表のプレスカン... 続きを読む

[NAB2019]Carl Zeissブース(動画)

NAB2019のCarl Zeissブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]富士フイルムブース(動画)

NAB2019の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2019]プロ向け動画エリア:カメラ、レンズ、周辺機器などの動画ソリューションを一気に堪能!

CP+会期中の2月28日と3月1日の2日間、パシフィコ横浜の会議センター3階ではプロ向け動画エリアが設けられ、主に動画撮影に必要なカメラやレンズ、撮影機材などのメーカー14社が出展... 続きを読む

[CP+2019]富士フイルムブース:強力な顔検出や瞳AFを搭載した「X-T3」や上位機種譲りの機能を小型ボディに凝縮した「X-T30」を展示

顔検出と瞳AFが強力な「X-T3」を展示 注目は、GFX/Xシリーズのタッチ&トライだ。Xシステムの最上位モデルである「X-T3」は、2019年4月公開のファームウエアバージ... 続きを読む

[InterBEE2018]富士フイルムブース:8K・4K対応レンズやさまざまな方向に投射できるプロジェクターを国内初出展

富士フイルムブース動画 富士フイルムブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用す... 続きを読む

[NAB2018:富士フイルム]FZマウントやマイクロフォーサーズマウントのMKレンズ、PLマウント専用光学エクステンダーを使ったフジノンPLレンズを展示

富士フイルムブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google C... 続きを読む

[NAB2018]富士フイルムブース(動画)

NAB2018の富士フイルムブース動画です。 ... 続きを読む

特集記事

NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編 新世紀シネマレンズ漂流:もの作りの現場から
「新世紀シネマレンズ漂流:最新単焦点レンズ編」の続編。前回紹介することができなかったシネマレンズメーカーを取材。
Photokina2018 Photokina2018
ドイツ・ケルンメッセで開催されたスチルカメラの祭典 Photokina2018をレポート。
IBC2018 IBC2018
オランダ・アムステルダムで開催された欧州最大の映像・放送の展示会IBC2018をレポート。
映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し 映画「万引き家族」〜撮影部と撮影監督の眼差し
「万引き家族」はいかにして生まれたのか?今回の特集ではその制作側を覗いてみる。
SIGGRAPH2018 SIGGRAPH2018
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2017をレポート。
BIRTV2018 BIRTV2018
中国・北京で開催されたアジア地区ではInterBEEと並ぶ大規模な放送機器展 BIRTVをレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]富士フイルムブース:放送用ズームレンズの新製品やIS-mini MANAGER Plusを初公開