PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示

News

[InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示

2014-11-24 掲載

Steadicam初のモジュラータイプシステムを採用した「Steadicam M1」

inter bee-2014-giniti-03 ステディカム初のモジュラータイプシステムSteadicam M1。22kgまでの搭載重量を想定した大型機

今年のNABで発表された「Steadicam M1」がプロトタイプの状態で展示されていた。国内初展示とのことだ。モジュラータイプであることが特徴で、今までのSteadicamは、ステージ、ポスト、カムのモニタ部分、バッテリー部分がすべて一体になっていたが、Steadicam M1は全部外れるようになった。それによってアップグレードが簡単になったとのことだ。

また、壊れて修理に出すといった場合には、全部一体のために大がかりな発送になってしまったが、モジュラータイプであれば修理部分のみ取り出して送ることができるので、修理の際のコストを抑えられるという。

Steadicamや一脚としても使える「Steadicam Solo」

inter bee-2014-giniti-04 スタビライザーや一脚としても使えるSteadicam Solo

「Steadicam Solo」は、去年のInter BEEでも展示されていたがまた発売されておらず、遅れているという。特徴は去年と同じで、ハンドヘルドステディカムとして使えたり、アームベストを着て使えたり、一脚として使えるという商品だ。年内もしくは年明けぐらいの発売になるのではとのことだ。

エルゴノミックデザインを採用したワイヤレスフォーカスズームコントロールシステム「MagNum」

inter bee-2014-giniti-05 充実した機能に価格が抑えられているのが特徴だ

クロジールのワイヤレスフォーカスズームコントロールシステム「MagNum」も注目の製品だろう。430MHzと2.4GHzの2波から選べるほか、1軸もしくは2軸のコントロールができて、値段も100万円ちょっとという安い値段設定が特徴だ。エルゴノミックデザインを採用しており、左利きの人であれば逆さまにすることで右利きと同じ角度で使うことができるようになっている。

市販のカメラ機材に簡単に装着できるモーションタイムラプスユニット「Genie」

inter bee-2014-giniti-06 シンプルで使いやすいモーションタイムラプス撮影用のカメラコントロールデバイス

こちらはニュージーランドに本社のある「Syrp」のモーションタイムラプスユニット「Genie」だ。特徴は、スライダー、ドリー、ジブアームなど既存の機材に簡単に装着が可能なところだ。ブースのデモでは、平和精機工業のALLEX上で動いていた。また、シャッター制御のコントロールを搭載していて、一眼レフカメラのシャッターまで制御をするこも可能だ。下部のマウントは、パンニングショットとライナーショットをマウントを交換することができるようになっている。


[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]銀一ブース:新製品SteadicamM2を日本初展示

銀一ブース動画 銀一ブースレポート 銀一は新製品のSteadicamM2を日本初展示したほか、今年からディストリビューションを開始したTransvideoの液晶... 続きを読む

[CP+2019]銀一ブース:カメラアクセサリー、バッグ、スタビライザー、マイクなどの取扱いメーカー製品を展示

国内外各社のカメラアクセサリーを数多く扱う銀一は、ブース内をメーカーごとに区切った展示となった。約30社あまりの取扱いメーカーがあることからそのすべてを紹介することはできないが、主... 続きを読む

[InterBEE2018]世界中の映画業界から信頼を得ているDuclos Lensesのマシュー・デュクロス氏に聞く

InterBEE開催に合わせてDuclos Lensesの最高執行責任者蒹プロジェクトマネージャー、マシュー・デュクロス氏が来日。Duclos Lensesはレンズの販売からシネマ... 続きを読む

[InterBEE2018]銀一ブース:撮影に必要なアクセサリーを多数出展。SteadicamのM-1 VoltやAir25などを国内初披露

撮影に必要なアクセサリーを豊富に揃える銀一は、今回デジタル一眼や小型ビデオカメラなどで手軽に移動撮影が行えるモーションコントロールシステムSyrp(シロップ)の新型や、... 続きを読む

[CP+2018]銀一ブース:照明機器、バッグ、スタビライザーなどの幅広い製品を展示

銀一ブース 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよびi... 続きを読む

[InterBEE2017]銀一ブース:RØDE、Steadicam、Really Right Stuffなど、新製品を多数展示

撮影周辺のアクセサリーを豊富に扱っている銀一では、RØDEのマイクロホンやSteadicamのカメラスタビライザー、Chroszielのマットボックス、Tiffen Filterの... 続きを読む

[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとして... 続きを読む

[InterBEE2016]銀一ブース(動画)

InterBEE2016の銀一ブース動画です。 ... 続きを読む

[CP+2016]銀一ブース:ATOMOS製品を含むビデオ関連製品からバッグ・ウェアまで幅広く展示

同社はプロ用写真機材の輸入や販売をおこなっており、今年も写真用品を中心に様々な商品を出展した。扱っている製品はビデオでも使用できるものも多く、デジタル一眼による動画撮影が盛んになる... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]銀一ブース:Steadicamの新製品から話題のタイムラプスユニット「Genie」などを展示