PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

News

[InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示

2014-11-24 掲載

4K収録は ProRes 444やProRes 422に対応、AJA RAWの出力も可能

inter bee-2014-aja-08 CIONについて話を聞かせて頂いたAJA Video SystemsのプロダクトマーケティングマネージャーAndy Bellamy氏

アスクは、1つの敷地内にAJA Video Systems、アスク、GB Labs、ディストームの4つのブースを設けて合同ブースとして出展していた。その広いブースの中でも特に力を入れて展示が行われていたのは、フル4K、Ultra HD、2K、1080 HDの撮影に対応した4Kプロダクションカメラの「CION」だ。ブース前面にステージを設けて4台のCIONの実機を体験できるようになっていた。CIONの特徴は、非常に軽くて人間工学に基づいて作られているところだ。CIONの本体はマグネシウム製で、軽量かつ非常に高い強度を実現している。

inter bee-2014-aja-03 CIONの実機。手軽に肩に背負って、すぐに使えるデザインも特徴だ

撮影現場でのバックアップとモニタリングワークフローというところでもよくできていて、フル4KとHDが同時に出力可能。これは今までのカメラにない仕組みだ。記録メディアはAJA製SSDベースのPakストレージで、容量は256GBと512GBの2種類用意されている。4K 60pに関してはProRes422であれば内蔵SSDに収録可能だ。444の場合は30pまで。2KやHDは当然444 60pまで可能だ。

inter bee-2014-aja-02 ブースにはCIONの実機が4台用意されていて、実際に体験できるようになっていた

CIONはAJAのカメラらしくProResで収録するという概念でできているが、RAWを望んでいるユーザーに関してはAJA RAWを4系統の3G-SDI出力すこともできる。3G SDIを4つ経由で、AJA RAW 120pまで出力が可能だ。AJA RAW 30pまでならばThunderboltコネクタから出力できる。CIONが特に他社のカメラと違うとことは、内蔵処理が12ビット4K 444ですべて行っているところだ。「これは世界唯一の機能。うちしかできない」とアピールをしていた。また、電子グローバルシャッターを搭載していて、フィルターのほうも光学ローパスフィルタ (OLPF) と IRカットフィルタ (混合)が標準でついてくるというのもポイントだろう。

CIONの注文受付を開始。出荷開始は12月末を予定

CIONのユニークなところは、オープンデザインという思想でできているところだ。専用のポートというのは使わないという意味で、すでに市場にある周辺機器やケーブルに対応するようにできている。例えば、チーズプレートのほうも上下どちらも標準でできていて、M6ロゼットのほうも準備されている。BNCのほうは、ミニやマイクロではなく、標準のBNCを搭載している。

inter bee-2014-aja-04 レンズのマウントはPLマウントを採用。デモ機にはZeiss Compact Prime CP.2 35mm/T1.5が装着されていて体験可能だった

レンズマウントに関しては、PLマウントが採用されている。マウントは取り外しが可能になっていて、サードパーティからEFマウントやB4マウント、ニコンのFマウントのマウントが準備されている。

カメラはリモートで制御することができて、Ethernet経由でWebブラウザのほうで、すべての機能を制御したり調整したりすることができる。注目の発売時期だが、Inter BEEの初日の11月19日、AJAはCION注文受付を当日より開始することを発表した。出荷開始は本年12月末を予定しているとのことだ。

inter bee-2014-aja-05 CIONに採用されているオーディオやビデオ接続はすべて業界標準のもの。ビデオ出力は標準のBNCコネクタで、オーディオ入力はXLRコネクタが採用されている

inter bee-2014-aja-06 背面にThunderboltコネクタが搭載されていて、最高30fpsのAJA RAWを出力できる

inter bee-2014-aja-07 CIONのLANポートとMacを接続すれば、すべての機能をMacから操作することが可能だ

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-24 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[NAB2019]AJAブース(動画)

NAB2019のAJAブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2019]AJAプレスカンファレンス(動画)

NAB2019のAJAプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2018]AJA Video Systemsブース:次世代の8Kソリューションを多数展示。ユーザーの要望を叶える製品を作り続けること

txt:山下大輔 構成:編集部 AJA Video Systemsブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視... 続きを読む

[NAB2018:AJA]KONAやKUMOシリーズの新製品、HDRイメージアナライザーを参考展示。日々変化する映像業界の先端を行く製品ラインナップを展開

AJAブース動画 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chro... 続きを読む

[NAB2018]AJAブース(動画)

NAB2018のAJAブース動画です。 ... 続きを読む

[NAB2018]AJAプレスカンファレンス(動画)

NAB2018のAJAプレスカンファレンス動画です。 ... 続きを読む

[InterBEE2017]AJAブース:IP経由の業務用ビデオ&オーディオIOデバイス「Io IP」を発表。ファームウェアをアップデートした「Ki Pro Ultra Plus」や「Io 4K Plus」なども展示

AJAブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよび... 続きを読む

[NAB2017:AJA]4チャンネルHDレコーディングやHDMI 2.0対応のマルチチャンネルレコーダー「Ki Pro Ultra Plus」を発表

AJAプレスカンファレンス動画 360°全天球動画 RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Goog... 続きを読む

特集記事

SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
いまだから知っておきたいフィルムの現状や伝統的な技術などを紹介する。
CES2019 CES2019
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2019をレポート。
PRONEWS AWARD 2018 PRONEWS AWARD 2018
2018年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
10万円以下のジンバル選び 10万円以下のジンバル選び
一層注目が増している小型カメラジンバルをDJIやZHIYUN、FEIYU TECH、FILMPOWERの4社5機種に渡って比較紹介。
Inter BEE 2018 Inter BEE 2018
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2018の歩き方 InterBEE 2018の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]AJAブース:4Kプロダクションカメラ 「CION」が待望の国内初展示