PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示
News

[InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示

2014-11-25 掲載

ヒビノはヒビノプロオーディオセールス Div.や、ヒビノクロマテック Div.などの関連部門およびグループ各社で共同出展しており、マイクやミキサー、アンプ、スピーカーといったオーディオ製品から照明機材、ディスプレーといったコンサートや各種イベントで必要な機材まで出展製品の幅が広い。国内代理店になった海外メーカーの数も多く、1社1機種を出展しただけでも広いブースが埋まってしまうほどだ。

今回ヒビノが出品した主な新製品は、DPAの超小型マイクロホンやJBLのコラム型パワードスピーカー、照明用小型コンソールAVOLITES QUARTZ、AYRTONのLED照明NANDOBEAM S3/S6、Soundcraftのミキサーなどだが、同社のヒビノクロマテック Div.が扱うLEDディスプレーシステムの新製品Chroma Visionによる大型ディスプレーをブース前面に掲げていたのが最も大きく目立つ存在だった。

Chroma Visionは以前から同社が扱っている製品で、すでにいくつかのラインナップがあるが、今回新製品として出品したのはLEDのドットピッチを1.69mmのファインピッチにし、4K対応のプロセッサーと組み合わせることで、3840×2160の4K表示を可能としたものである。

InterBEE2014_HIBINO_0957 LEDディスプレーシステムChroma Vision HCV16。画面寸法6.5×3.65mの293インチと、かなり巨大なディスプレーをブース正面に出展。表示は3840×2160/60p/RGB444で、非常に鮮明かつ綺麗な画像が印象的だった InterBEE2014_HIBINO_0967 DPA小型マイクSCシリーズ。d:screetミニチュアマイクロホン4071のケーブル部を改良して優れた耐久性を獲得したSC4071が新製品として登場。装着が容易なネックレスマイクロホンなどもあり、舞台用や仕込みマイクとしていくつかのキットが用意されている。色はホワイト、ブラック、ベージュの3色 InterBEE2014_HIBINO_0969 DPAヘッドセット。カナル型イヤホンとマイクが一体となったヘッドセットで、装着しているのを忘れるほど。映像的にも目立たないので色々使い道がありそうだ InterBEE2014_HIBINO_0975 コラム型パワードスピーカーJBL Intellivox。ドライバーごとにDSPを搭載し、その1つ1つを独自アルゴリズムで制御することで、正確に垂直方向の指向角を制御してクリアなアナウンスを実現している InterBEE2014_HIBINO_0983 JBL Intellivox設定画面。スピーカーごとの音量や垂直方向の指向角を制御することで、設置場所の音響反射などを避けてクリアな音声を届けることができる InterBEE2014_HIBINO_0986 JBL Intellivoxのコラム型パワードスピーカーには1mほどの物から5mほどのものまで、設置場所に応じたサイズが用意されている。写真はブース内に設置されたスピーカーだが、言われるまで気がつかないほど目立たなかった InterBEE2014_HIBINO_0995 照明用小型コンソールAVOLITES QUARTZ照明コンソール。ラインナップ中最も小型軽量となっており、小ステージ、ライブハウス、イベントなどに最適。16DMX、8912ch、MIDIコントロール、マルチバンドSound-to-Lightなどの機能を持つ InterBEE2014_HIBINO_0961 DiGiCo CDシリーズ用リモートコントロールアプリケーションSD APP。フェーダーコントロールやEQの設定、バスルーティング、マトリックスなどがiPadからコントロールできる

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-25 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2017]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:ChromaVision用HDR対応LEDコントローラーやGEFEN社のIP対応ルーティングスイッチャーなど、多岐にわたる製品を展示

ヒビノはホール1にヒビノインターサウンドプロオーディオ部門とヒビノプロオーディオセールスDiv.のブースを、ホール2にはヒビノライティング映像制作/放送関連機材部門およびヒビノアー... 続きを読む

[InterBEE2016]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:取扱いメーカーのマイクロホンやアンプ、ミキサーなどを一堂に展示

ヒビノグループは同社が扱っているマイクロホンやアンプ、ミキサーなどのオーディオ製品をプロオーディオ部門2箇所と、映像制作/放送関連機材部門1箇所に出展したほか、INTER BEE ... 続きを読む

[InterBEE2015]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:映像・放送関連機材とプロオーディオの部門に分けて出展

ヒビノは今回、映像・放送関連機材の部門とプロオーディオの部門で並んで別々のブースで出展した。映像・放送関連機材部門では、Gefenなどのビデオ切り替え器などを扱うヒビノインターサウ... 続きを読む

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場 注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだ... 続きを読む

[InterBEE2014]ティアックブース:DR-70DなどのDSLR向け新製品を多数展示

PCMレコーダーは民生機を初めとして様々な製品が市場に出回っている。ステレオマイクを搭載したタイプはCDクオリティを超えた収録が行えるのが当たり前となり、すでにデジタル一眼用など特... 続きを読む

[InterBEE2014]オタリテックブース:GENELECのSmart Active Monitorシリーズの新ラインナップを展示

スピーカー、ミキサー、プロセッサーなど様々なオーディオ製品を扱うオタリテックは、新製品としてモニタースピーカーとして定評のあるGENELECのSmart Active Monito... 続きを読む

[InterBEE2014]ヤマハブース:音の入口から出口までをカバーする製品を展示

ヤマハは今年もグループ会社であるSteinbergやNEXOとともに音の入口から出口までをカバーする数々の製品を出展し、ライブサウンドからブロードキャスト、ポストプロダクションに至... 続きを読む

特集記事

	
Shoot with Vlog cam Shoot with Vlog cam
個人の動画ブログ「Vlog」が隆盛するいま、Vlog用カメラを通して映像を撮ることを数回にわたり考える。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part II
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
Camera Preview 2020 Camera Preview 2020 Part I
2019年から2020年春にかけて発表された話題の新製品やカメラシステムを紹介。
AfterCOVID-19 映像業界サバイバル AfterCOVID-19 映像業界サバイバル
社会的危機となっている新型コロナウイルス拡大の状況を分析し、今何が起こり、何が必要で、その後に何が訪れるのかを考えてみる。
Film Shooting Rhapsody 上映編 Film Shooting Rhapsody 上映編
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。今回はフィルム現像から紹介する。
再現:NAB2020 再現:NAB2020
米国ラスベガスにて開催予定だった世界最大の放送機器展覧会 2020 NAB Showでお披露目される予定だった内容を再現していく。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
16mmフィルムトライアルルームの荒木泰晴氏によるフィルム特集第2弾。
再現:CP+2020 再現:CP+2020
開催中止となってしまったCP+2020をPRONEWS誌面上で再現して行く。
CES2020 CES2020
米国ラスベガスで開催された世界最大の国際家電見本市 CES2020をレポート。
PRONEWS AWARD 2019 PRONEWS AWARD 2019
2019年は映像業界にとってどんな年だったのだろうか。PRONEWS AWARDで部門ごとに振り返る。
Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
  1. トップ
  2.  > 
  3. 特集
  4.  > 
  5. [InterBEE2014]ヒビノ/ヒビノインターサウンドブース:マイクやミキサーなどのイベント向け機材を幅広く展示