PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > 特集 > [InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

News

[InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示

2014-11-27 掲載

ソニーPMW-F55での運用も可能なMoVI M15が登場

注目の新製品はFreeflySystemsのMoVI M15だ。MoVI M10はカメラの許容重量が5.44kgだったが、MoVI M15になって6.8kgになった。また、ロットが長くなって奥行きのあるカメラでも乗せられるようになり、PMW-F55といったクラスのカメラも乗せられるようになった。MoVI M15の登場によってオペレートに合わせたMoVIの選択肢がさらに増えたといった感じだ。

InterBEE2014_RAID_02 PMW-F55にも対応するMoVI M15 InterBEE2014_RAID_03 MoVI M15では奥行きへのロッドが長くなり、PMW-F55などのカメラにも対応できるようになった

NHKエンタープライズ製の4K制作支援システム「NEP infini」

ColorFrontのグレーディングとトランスコードを行うソフトウェア「TransKoder」と、データ管理機能を備えた「NEP infini」(ネップアンフィニ)を組み合わせた4K制作支援システムの実演デモンストレーションも行われていた。今年4月のAfter NABなどでは「MASAMUNE」のような名称で展示されていたが、現在はNEP infiniに改称されて展示されていた。4K素材を高速に2Kに変換して、プライマリグレーディングや4Kフィニッシュまでトータルにマネージメントできるというものだ。

コンセプトは、4Kでも従来のテレビのワークフローの中で制作を行うということだ。ただ、4K制作を従来のワークフローで行うためには容量が大きく数も多いファイルの管理、RAW形式のデータを効果的に使うためのカラー管理など、4K特有の要素を効率的に管理する必要になる。そこで、NEP infiniを導入することによって、収録メディアの管理からカラー管理、各種編集ソフトからの編集データの管理、映像アーカイブのためのデータベースなど、全体の連携をスムーズに行えるようになるというものだ。

NEP infiniのワークフローは、4Kカメラで撮影してきた素材をNEP infiniに入れて、メタ情報を管理する。ファイル単位でカット内容などメタデータを入力することができて、ここでさまざまな情報を載せた状態で書き出す。それをTransKoderで読み込み、TransKoder上でプレグレーディングを行い、4KからHDにダウンコンバートしてオフライン編集を行う。オフライン編集をしたものを再びNEP infiniに戻して、プライマリグレーディングを行い、最後にHDで編集をしたデータをそのまま4Kでも同じものを書き出すことが可能といった流れだ。

また、TransKoderはレンダリングが非常に高速というのも特徴だ。例えば、ドラマの制作などで、「毎日素材がやってきて次の日にはメディアを返さなければいけない。コピーもレンダリングも早くしなければいけない」といった現場にこのシステムは有効だろう。現在のところ、NHKエンタープライズと取引のあるところでの導入が多いというが、今後はそれ以外のところにもアピールしていくという。

InterBEE2014_RAID_04 NEP infiniとTransKoderの4K制作ワークフローの展示。Mac Proとディスプレイ、パナソニックの4Kモニター、ストレージはpromiseのPegasus、コントロールパネルを使ったシステムとなっている InterBEE2014_RAID_05 こちらが4K制作ワークフローの流れのイメージ

オールインワン22インチタッチパネルコントロール方式ビデオアシスト「SmartAssist」

「SmartAssist」は、スペインのレンタル会社「OVIDE」がレンタル用に自分たちで開発した商品だ。22インチのタッチスクリーンモニターに、ビデオアシストソフトの「QTAKE HD」が入っていて、タッチパネルで操作できるようになっている。背面には、SDIコネクタ、USB 3.0コネクタなどハードウェアをシステム化している。今まで、MacBook ProとブラックマジックデザインのHDLink、スイッチャーとミキサーなどをいっぱい抱えて現場に行っていたものが、SmartAssist1台で対応できるようになるのが特徴だ。もちろん、カメラレックをしたものをSmartAssistに保存することもできるし、クリップを選んでイン点とアウト点で選んでもらってインサートといった簡易編集も可能だ。また、クロマキーやマスキングといったことも可能だ。電源はACのほかに、バッテリーで駆動することも可能だ。バッテリーは2基装着が可能で、ホットスワップにも対応する。

InterBEE2014_RAID_06 Smart AssistはQTAKE HDのシステムにコンピューター、キャプチャカード、22モニターが1つになったシステムだ InterBEE2014_RAID_07 こういったクロマキーもSmartAssistで可能だ。また、DaVinci Resolveで作ったLUTを読み込めたり、QTAKE HDで作ったLUTもDaVinci Resolveで読み込むことが可能だ InterBEE2014_RAID_08 バッテリー駆動も可能。2基のバッテリーが装着可能で、ホットスワップで動作できる

SmallHDのフィールドモニターを全機種展示

SmallHDの全ラインナップ6種類が展示されていた。7インチのプロフェッショナル仕様モデルのDPシリーズが3機種で、LUTを作ったりルックを作ることができたり、タッチパネルに対応しているのも特徴だ。DPシリーズには、4.3インチのMoVIにもっとも使用される軽量モニターもある

InterBEE2014_RAID_09 上段がプロフェッショナル仕様モデルのDPシリーズが3機種。下段の右と中央がACシリーズで、左がMoVIにもっとも使用されている軽量モニター

非圧縮リアルタイムワイヤレスモニタリング「Paralinx」

Paralinxのワイヤレスモニタリングが3種類展示されていた。1つが、スティックタイプの「Paralinx Arrow」で、使用可能距離は91メートル。もう1つが、「Paralinx Arrow-X」で、使用可能距離は215メートル。3つ目は一番飛ぶのが特徴の「Paralinx Tomahawk」で使用可能距離は600メートルとなっている。

InterBEE2014_RAID_10 HDMI対応のスティックタイプの「Paralinx Arrow」 InterBEE2014_RAID_11 SDIのHDMIに対応する「Paralinx Arrow-X」 InterBEE2014_RAID_12 こちらもSDIのHDMIに対応して600メートルまで可能な「Paralinx Arrow-X」

HEDENのフォローフォーカスシステム「CARAT Follow Focus」

HEDENは50年近い歴史があるモーターギアメーカーだ。歴史のあるメーカーが作ったフォローフォーカスゆえに、動きがスムーズなのが特徴だ。また、技適が取れていて問題なく使用することができるのもポイントであろう。

InterBEE2014_RAID_14 小型で軽量のワイヤレスリモート「CARAT Follow Focus」

Flowcineのスプリングアームやジンバルを展示

Flowcineは2製品展示されていて、1つが2軸スプリングアームの「SERENE」だ。MoVIと組み合わせて実演が行われており、縦振動を軽減するという形で紹介されていた。もう1つは2軸カメラジンバルの「GRAVITY ONE」だ。ALEXAのような重いカメラもジンバルで制御しながらバランスよく撮ることができるというもの。

InterBEE2014_RAID_13B SERENEは2軸のスプリングアームで、歩行などによる縦軸の振動や誤差を安定化することができる InterBEE2014_RAID_15 GRAVITY ONEは2軸のカメラジンバルで、ALEXAやPMW-F55、RED DRAGONといった機種にも対応できるのが特徴

[ Category : , , ]
[ DATE : 2014-11-27 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する記事一覧

[InterBEE2019]RAIDブース:シネマレンズにAF機能を付加できるFocusbug社のCine RTシステムに注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート RAIDはHELIUM 8K S35センサーを搭載したRED Digital CinemaのデジタルシネカメラRED... 続きを読む

[InterBEE2018]RAIDブース:話題のホログラフィックディスプレイ搭載型スマートフォンHYDROGEN ONEが登場

RAIDブース 360°全天球動画 RICOH THETA Vで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google Chromeブラウザおよ... 続きを読む

[InterBEE2017]RAIDブース:RED WEAPON MONSTRO 8K VVなどの国内初披露となる製品を多数展示

低照度シーンでのノイズ性能も向上したMONSTROセンサー搭載のRED WEAPON MONSTRO 8K VVなどを展示 RED Digital Cinemaのほか、レコー... 続きを読む

[CP+2017]プロ向け動画エリア:デジタルシネマ系カメラやオーディオ製品など、各社ビデオ製品を展示

プロ向け動画エリアに変動アリ デジタル一眼による動画撮影が盛んになった数年前、CP+2013会場では初の試みとして「プロ向け動画エリア」を新設し、DSLRムービーはもちろん、... 続きを読む

[InterBEE2016]RAIDブース:WEAPON 8K S35などのRED新製品に注目

RAIDブース動画 RAIDブースレポート 11月7日 RAIDは新製品のRED Digital Cinema社デジタルシネマカメラWEAPON 8K S35の国内... 続きを読む

[CP+2016]ビデオサービスブース:RED SCARLET-WとRAVENを国内初展示

ビデオサービスブースではRED Digital Cinema社の代理店となったRAIDが一緒に展示を行っていた。ビデオサービスは撮影機材にレンタルを行う会社で、RAIDは販売や輸入... 続きを読む

[InterBEE2015]RAIDブース:WEAPON DRAGONやSmallHDなど、カメラからスタビライザーまで幅広い製品群を一挙展示

株式会社RAID(株式会社小輝日文グループ)は、InterBEE直前の11月12日に国内正規販売代理店契約を締結したRED Digital Cinema社のWEAPONをはじめとし... 続きを読む

[InterBEE2014]オートデスク/ビジュアルグラフィックス/エヌジーシーブース:世界レベルのアーティストによるフィニッシングデモやFlame Premiumの実機デモを実施

Flame Award最優秀賞受賞アーティスト、ビーコ・シャラバニ氏のスペシャルセッションを実施 今年のオートデスクブースは、オートデスクの販売代理店のビジュアルグラフィックスと... 続きを読む

[InterBEE2014]Avidブース:4Kに対応したMedia ComposerやJaprsとの連携をアピール

新メディアコーデックのDNxHRによって編集機は従来のまま4Kに対応可能 ブース最大の注目は、4Kに対応したMedia Composerの新バージョンだ。デモでは、プロジェクト解... 続きを読む

特集記事

Inter BEE 2019 Inter BEE 2019
千葉幕張メッセにて開催される国際放送機器展“Inter BEE“をレポート。
InterBEE 2019の歩き方 InterBEE 2019の歩き方
今年もInterBEEの歩き方をジャンル別にピックアップし、6種類のコースを紹介。
Film Shooting Rhapsody Film Shooting Rhapsody
フィルム撮影の経験をしたい人に向けてフィルム撮影で必要な各種の工程について解説していく。
IBC2019 IBC2019
欧州最大の業務用映像・音響の専門展示会「IBC2019」をレポート。
新世紀シネマレンズ漂流 新世紀シネマレンズ漂流
シネマレンズを中心に一眼やミラーレスデジタルカメラの動画撮影機能と組み合わせて使われる交換レンズの最新動向を紹介する。
BIRTV2019 BIRTV2019
中国・北京の中国国際展覧中心で開催された展示会「BIRTV 2019」をレポート。
SIGGRAPH2019 SIGGRAPH2019
世界最大のコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する学会・展示会SIGGRAPH2019をレポート。
QBEE2019 QBEE2019
九州放送機器展(QBEE)をいつもの会場練り歩き方式でレポート。
4K・8K映像技術展Report 4K・8K映像技術展Report
東京ビッグサイト青海展示棟にて開催された4K・8K映像技術などの最新技術が一堂に出展する「通信・放送Week2019」をレポート。
DSJ2019 DSJ2019
幕張メッセで開催された国内最大のデジタルサイネージの展示会「DSJ2019」をレポート。
Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019 Digital Cinema Bülow VIII~Cine Gear 2019
米国ハリウッドのパラマウントスタジオ内で開催された映画撮影機材の専門展示会「Cine Gear Expo」をレポート。
After Beat NAB SHOW 2019 After Beat NAB SHOW 2019
東京・秋葉原のUDXにて開催されたAfter NAB Show 2019をレポート。
NAB2019 NAB2019
米国ネバダ州ラスベガスにて開催される世界最大の放送機器展覧会「NAB2019」をレポート。
SXSW2019 SXSW2019
テキサス州オースティンで開催されたSXSW2019をレポート。
CP+2019 CP+2019
パシフィコ横浜にて開催されたカメラと写真の総合展示会「CP+2019」をレポート。

トップ > 特集 > [InterBEE2014]RAIDブース:MoVI M15や4K支援システムSmallHDなど、話題の製品を一挙展示